最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

秋・冬はRSウィルスに注意!こんな症状が子供にでたら検査を

      2016/06/07

秋・冬はRSウィルスに注意!こんな症状が子供にでたら検査を

秋・冬と空気が乾燥する季節になると子供が感染しやすいRSウィルス

もちろん大人にも感染しますが、特に免疫力の低い子供の感染に注意しましょう。

2歳までにはほぼ全ての子供が感染すると言われているので

必要以上に怖がることはありませんが

RSウィルスに感染する原因や感染した時の症状、治療法などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


RSウィルス感染症の原因は?


RSウイルスの感染でおこります。

このウイルスは冬から春にかけて流行し、乳幼児気道感染症の重要なウイルスです。RSウイルスのRはRespiratoryの略で「呼吸の」という意味だということからもわかるように呼吸器系に感染するのウイルスです。

RSウイルスの感染力は非常に強く、2歳頃までにほぼ100%の子どもがかかります。一度かかっても免疫が十分にできないので何度もかかりますが、くり返し感染しながら徐々に免疫ができ、症状は軽くなります。

飛沫感染と接触感染の2経路があります。飛沫感染では、感染した人の咳やくしゃみで飛散したウイルスを直接吸い込むことによって感染し、鼻や咽頭の粘膜で増殖します。また、接触感染も多く、鼻汁や痰に含まれるRSウイルスが皮膚や衣服、玩具、またそれに触れた手指についても、4〜7時間のあいだは感染する可能性があり、それが眼瞼や鼻咽頭の粘膜と接触することでうつります。

潜伏期は2〜8日で、症状が現れる前でも感染することがあるうえ、症状が消えてからも1〜3週間は感染する力があると言われています。

引用元-http://www.kitakyu-ped.jp

 

RSウィルス感染症の症状の現れ方

感染後4〜5日の潜伏期ののち、鼻汁、咳(せき)、発熱などの上気道症状が現れます。

3割程度の人はこのあと炎症が下気道まで波及して、気管支炎や細気管支炎(さいきかんしえん)を発症し、咳の増強、呼気性の喘鳴(ぜんめい)(ぜいぜいする)、多呼吸などが現れてきます。

すべての患者さんの1〜3%が重症化し、入院治療を受けます。心肺に基礎疾患がある小児は重症化しやすいとされます。通常は数日〜1週間で軽快します。

新生児も感染して発症し、がんこな無呼吸を起こすことがあるので注意が必要です。また、細気管支炎にかかったあとは、長期にわたって喘鳴を繰り返しやすいといわれています。

引用元-gooヘルスケア

 

初感染と再感染の違い

RSウイルス感染症の臨床症状は初感染と再感染で異なりますが、入院するような重症例は主として乳児の重症下気道炎です。

発熱で始まりますが,乳児の場合は38℃台が多く,39℃以上の高熱はむしろまれです。39℃以上の高熱は幼児に多い。

咳はほとんど必発の症状ですが,乳児の初感染は細気管支炎による喘鳴が特徴的です。

喘鳴を伴う呼吸困難を呈するのが特徴でよく喘息と間違われます。中耳炎の合併も多いです。

再感染は何度も繰り返しますが,再感染のたびに症状は軽くなります。

幼児期は気管支炎が半数近く認められますが,年長になるにしたがって上気道炎だけに限局されるようになり,成人は鼻かぜ程度ですみます。

乳児感染の40%は重篤な下気道炎(気管支炎、肺炎、細気管支炎)になりますので、入院治療が必要なことも少なくありません。小中学校では症状が軽くあまりこの病気は問題となりません。

引用元-庄司こども医院

 

RSウィルス感染症の予防方法

RSウイルスは非常に感染力が強く、ウイルスがおもちゃなどに付着してから4〜7時間は感染力を持っているといいます。

日ごろから外出の後や調理・食事の前、鼻をかんだ後などは石鹸でよく手を洗いましょう。

RSウイルスが流行する冬の季節には、赤ちゃんを人ごみに連れて行かない配慮も必要です。

RSウイルスは目や鼻、口の粘膜から感染します。

赤ちゃんは手近においてあるものを何でも口に入れたがりますから、家庭内にかぜをひいている人がいるときは、アルコールティッシュなどで赤ちゃんの周りのものをこまめに消毒しましょう。

また、かぜをひいている大人は、マスクをつけて唾液や鼻水が飛び散らないように気をつけることも大切です。

引用元-スモールベイビー.com

 

RSウィルス感染症の治療方法

対症療法が主体になります。

発熱に対しては冷却とともに、アセトアミノフェン(カロナール)などの解熱薬を用います。

喘鳴を伴う呼吸器症状に対しては鎮咳去痰(ちんがいきょたん)薬や気管支拡張薬などを用います。

脱水気味になると、喀痰(かくたん)が粘って吐き出すのが困難になるので、水分の補給に努めます。

細菌感染の合併が疑われる場合は抗生剤を使用します。

引用元-千葉県医師会

 

ひどい場合には入院も

引用元-子育て振り返り〜RSウィルスで入院編

引用元-RS ウィルス細気管支炎・肺炎で入院…

引用元-【生後1ヵ月】RSウイルス肺炎で入院しました…。

 

RSウィルスに関するTwitterのつぶやき

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ