最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

空腹の吐き気や痛み…実は食べ物の摂り方に問題が!

      2016/06/07

空腹の吐き気や痛み…実は食べ物の摂り方に問題が!

空腹時のみに吐き気や腹痛を感じる。

こうした症状を経験したことがある人は、数えきれないほどいることでしょう。

ただ、これはれっきとした胃腸が出すSOSのサインです。

もし、空腹時に吐き気を感じるのであれば、普段の食べ物の摂り方から見直す必要があります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

スポンサーリンク


空腹時に感じる吐き気や痛み… 無頓着になっていませんか?

食べ物を食べることは、人間の三大欲求の一つです。

人は外から栄養を得なければ、生命活動を行えませんし、何よりも、食べるという行為は、そこでしか得られない幸福感を与えてくれるものです。

ただ、それを支える胃腸の出すサインに、人はあまりにも無頓着になっている傾向があります。

胃腸のトラブルの中でもよく耳にするのが、空腹時に吐き気や痛みを感じる、というもの。そして、一旦食事を取ると、感じていた不調は消えている――。こうした症状を、ほとんどの人が経験したことがあるでしょう。また、市販されている胃腸薬の中には、こうした症状に焦点を合わせたものが沢山存在します。それだけ、身近な不調と言えるでしょう。

ただ、よくあることだと思っていると、大きな病気だったり、また別の病気を引き起こすこともあるため、絶対に軽視すべきではありません。

では、この”空腹時に吐き気や腹痛を感じる”症状を感じている場合、どんな病気の可能性があるのでしょうか?

空腹時に吐き気を感じる時、一番疑われるのは胃のトラブル

まず、空腹時に吐き気、腹痛を感じるのであれば、胃に何らかの異変が起こっていることが考えられます。

特にその中でも多いのが、”胃酸過多”と”急性胃炎”です。

ご存知の通り、胃という器官は、摂取した食べ物を吸収しやすくするために、強い酸性を持った胃酸を分泌します。

本来であれば、胃酸は食べたものの量に合わせて分泌されるのですが、何かが原因となり、必要以上に胃酸が分泌されることがあります。これが胃酸過多です。

多すぎる胃酸は、胃が自身を消化しないために張り巡らせている粘液をも溶かし、”自己消化”を起こしてしまいます。

急性胃炎も、日常の中で起こりやすく、なじみのあるものですね。

暴飲暴食、お酒やカフェインや刺激物の過剰摂取、ストレス、服用した薬などが原因となって、胃が炎症を起こしている状態です。

これら2つの疾患の時は、胃に消化する食物があれば吐き気や痛みを感じませんが、胃に何もない空腹時には、直に患部が胃酸に晒されていることになるので、吐き気や痛みを感じるのです。

その吐き気、本当に胃の症状? 他に疑われる病気とは

空腹時に吐き気や痛みを感じるのは、胃以外に問題がある場合もあります。
特に”十二指腸潰瘍”は、空腹時に加え、深夜から朝方に症状が強く出るのです。

十二指腸は、胃の次にある器官です。胃から出てきた食物に、他の器官から分泌された膵液や胆汁を混ぜ、より消化吸収しやすくする機能を持っています。つまり、胃酸の影響を胃の次に受けやすい器官と言えるのです。

本来、十二指腸も胃酸から自身を守るために、粘膜を張っているのですが、胃酸過多の時や、この粘膜の働きが弱ってしまった時に、胃酸によって傷つき、潰瘍(ただれ)を起こすのです。

ただ、こうした消化器官以外に、肺や心臓、膵臓や肝臓といった場所に異変がある場合も、吐き気や胃痛を感じることもありますから、決して独断で判断せず、専門医にかかることも、しっかり視野に入れておきましょう。

また女性の場合は、病気ではなくつわりやPMS(月経前症候群)、生理痛といった可能性もあります。

もし、こちらの原因が考えられるのであれば、一度婦人科での診察をうけるようにしましょう。

食べ物の食べ方を見直し、胃腸の不調を回避しよう

胃腸に不調が起きがちな人は、ストレスの発散の他、普段の食生活を見直す必要があります。

第一に、食事の時間を毎日決まった時間に取るように心がけましょう。

体というものは、普段の生活時間に則って機能しています。眠気然り、食欲然り、です。

ですから、忙しいからと食事の時間がバラバラになったり、一食抜いてしまうことを繰り返すと、体内の消化スケジュールが狂い、結果として胃腸が弱まります。

忙しくても、出来るだけ同じ時間に食事をとりましょう。

第二に、食事はしっかりと噛むことです。

食べ物をあまり噛まずに飲み込むと、それだけ胃での消化に時間がかかります。唾液にも消化酵素が含まれており、しっかりと咀嚼して混ぜ合わせることで、胃の負担は格段に減ります。
また、食べ過ぎを抑止する効果もありますから、普段から早食いの人は、噛む習慣を身に付けましょう。

第三に、食後の時間の使い方です。

食後は胃に血液が集中し、消化に専念しようとする働きがあります。この時、体を動かしてしまうと、消化に使うべきエネルギーが不足し、消化不良を起こします。
少なくとも30分は、ゆっくり落ち着く時間を持ちましょう。

胃腸が弱っている時に摂るべき食べ物とは?

そして最後に、食べ物にも気を配りたいものです。

そもそも、日本人の胃腸は、現在の欧米化した食生活には適していないことが分かっています。それらを全て辞める、というのは現実的にも、気持ち的にも無理な話です。ですが、せめて胃腸が弱っている時には、好みよりも体調を優先した食事内容にすべきです。

空腹時に吐き気や痛みを感じる時は特に、脂っこいものや刺激物は勿論NGです。香辛料の効いたものや、カフェインなどは控えめにして、刺激の少ないものを摂るようにしましょう。

ここで進んで摂りたいのが、緑黄色野菜を始めとした野菜。中でも、食物繊維の柔らかいものを、消化しやすくした形で摂るのがいいでしょう。というのも、ビタミンA、Cは胃腸の修復力を増幅する効果があるからです。

ただし、同じ野菜でも、固いもの(ごぼうやタケノコ)や香りが強いもの(ニラ、ニンニク)は弱った胃腸には刺激が強すぎますから注意しましょう。

生きていく上で、食べ物を食べるという行為は、生命の維持のためだけでなく、大きな喜びを感じることです。

その幸せな時間をより楽しむためにも、自分の胃が出すサインに敏感に反応し、守る努力もまた必要です。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/eyeye311/status/648345188927057921


https://twitter.com/pikkapikkanisit/status/637889286637944832

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ