最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

空腹の吐き気や痛み…実は食べ物の摂り方に問題が!

      2016/06/07

空腹の吐き気や痛み…実は食べ物の摂り方に問題が!

空腹時のみに吐き気や腹痛を感じる。

こうした症状を経験したことがある人は、数えきれないほどいることでしょう。

ただ、これはれっきとした胃腸が出すSOSのサインです。

もし、空腹時に吐き気を感じるのであれば、普段の食べ物の摂り方から見直す必要があります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


空腹時に感じる吐き気や痛み… 無頓着になっていませんか?

食べ物を食べることは、人間の三大欲求の一つです。

人は外から栄養を得なければ、生命活動を行えませんし、何よりも、食べるという行為は、そこでしか得られない幸福感を与えてくれるものです。

ただ、それを支える胃腸の出すサインに、人はあまりにも無頓着になっている傾向があります。

胃腸のトラブルの中でもよく耳にするのが、空腹時に吐き気や痛みを感じる、というもの。そして、一旦食事を取ると、感じていた不調は消えている――。こうした症状を、ほとんどの人が経験したことがあるでしょう。また、市販されている胃腸薬の中には、こうした症状に焦点を合わせたものが沢山存在します。それだけ、身近な不調と言えるでしょう。

ただ、よくあることだと思っていると、大きな病気だったり、また別の病気を引き起こすこともあるため、絶対に軽視すべきではありません。

では、この”空腹時に吐き気や腹痛を感じる”症状を感じている場合、どんな病気の可能性があるのでしょうか?

空腹時に吐き気を感じる時、一番疑われるのは胃のトラブル

まず、空腹時に吐き気、腹痛を感じるのであれば、胃に何らかの異変が起こっていることが考えられます。

特にその中でも多いのが、”胃酸過多”と”急性胃炎”です。

ご存知の通り、胃という器官は、摂取した食べ物を吸収しやすくするために、強い酸性を持った胃酸を分泌します。

本来であれば、胃酸は食べたものの量に合わせて分泌されるのですが、何かが原因となり、必要以上に胃酸が分泌されることがあります。これが胃酸過多です。

多すぎる胃酸は、胃が自身を消化しないために張り巡らせている粘液をも溶かし、”自己消化”を起こしてしまいます。

急性胃炎も、日常の中で起こりやすく、なじみのあるものですね。

暴飲暴食、お酒やカフェインや刺激物の過剰摂取、ストレス、服用した薬などが原因となって、胃が炎症を起こしている状態です。

これら2つの疾患の時は、胃に消化する食物があれば吐き気や痛みを感じませんが、胃に何もない空腹時には、直に患部が胃酸に晒されていることになるので、吐き気や痛みを感じるのです。

その吐き気、本当に胃の症状? 他に疑われる病気とは

空腹時に吐き気や痛みを感じるのは、胃以外に問題がある場合もあります。
特に”十二指腸潰瘍”は、空腹時に加え、深夜から朝方に症状が強く出るのです。

十二指腸は、胃の次にある器官です。胃から出てきた食物に、他の器官から分泌された膵液や胆汁を混ぜ、より消化吸収しやすくする機能を持っています。つまり、胃酸の影響を胃の次に受けやすい器官と言えるのです。

本来、十二指腸も胃酸から自身を守るために、粘膜を張っているのですが、胃酸過多の時や、この粘膜の働きが弱ってしまった時に、胃酸によって傷つき、潰瘍(ただれ)を起こすのです。

ただ、こうした消化器官以外に、肺や心臓、膵臓や肝臓といった場所に異変がある場合も、吐き気や胃痛を感じることもありますから、決して独断で判断せず、専門医にかかることも、しっかり視野に入れておきましょう。

また女性の場合は、病気ではなくつわりやPMS(月経前症候群)、生理痛といった可能性もあります。

もし、こちらの原因が考えられるのであれば、一度婦人科での診察をうけるようにしましょう。

食べ物の食べ方を見直し、胃腸の不調を回避しよう

胃腸に不調が起きがちな人は、ストレスの発散の他、普段の食生活を見直す必要があります。

第一に、食事の時間を毎日決まった時間に取るように心がけましょう。

体というものは、普段の生活時間に則って機能しています。眠気然り、食欲然り、です。

ですから、忙しいからと食事の時間がバラバラになったり、一食抜いてしまうことを繰り返すと、体内の消化スケジュールが狂い、結果として胃腸が弱まります。

忙しくても、出来るだけ同じ時間に食事をとりましょう。

第二に、食事はしっかりと噛むことです。

食べ物をあまり噛まずに飲み込むと、それだけ胃での消化に時間がかかります。唾液にも消化酵素が含まれており、しっかりと咀嚼して混ぜ合わせることで、胃の負担は格段に減ります。
また、食べ過ぎを抑止する効果もありますから、普段から早食いの人は、噛む習慣を身に付けましょう。

第三に、食後の時間の使い方です。

食後は胃に血液が集中し、消化に専念しようとする働きがあります。この時、体を動かしてしまうと、消化に使うべきエネルギーが不足し、消化不良を起こします。
少なくとも30分は、ゆっくり落ち着く時間を持ちましょう。

胃腸が弱っている時に摂るべき食べ物とは?

そして最後に、食べ物にも気を配りたいものです。

そもそも、日本人の胃腸は、現在の欧米化した食生活には適していないことが分かっています。それらを全て辞める、というのは現実的にも、気持ち的にも無理な話です。ですが、せめて胃腸が弱っている時には、好みよりも体調を優先した食事内容にすべきです。

空腹時に吐き気や痛みを感じる時は特に、脂っこいものや刺激物は勿論NGです。香辛料の効いたものや、カフェインなどは控えめにして、刺激の少ないものを摂るようにしましょう。

ここで進んで摂りたいのが、緑黄色野菜を始めとした野菜。中でも、食物繊維の柔らかいものを、消化しやすくした形で摂るのがいいでしょう。というのも、ビタミンA、Cは胃腸の修復力を増幅する効果があるからです。

ただし、同じ野菜でも、固いもの(ごぼうやタケノコ)や香りが強いもの(ニラ、ニンニク)は弱った胃腸には刺激が強すぎますから注意しましょう。

生きていく上で、食べ物を食べるという行為は、生命の維持のためだけでなく、大きな喜びを感じることです。

その幸せな時間をより楽しむためにも、自分の胃が出すサインに敏感に反応し、守る努力もまた必要です。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/eyeye311/status/648345188927057921


https://twitter.com/pikkapikkanisit/status/637889286637944832

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ