最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

筋トレや有酸素運動をしても体重減らないのはどこが悪い?

      2016/06/07

筋トレや有酸素運動をしても体重減らないのはどこが悪い?

筋トレや有酸素運動をしても体重減らないと悩む人は多くいます。

いったいどこが悪いのでしょうか?

また、どうすれば効果的に体重を減らすことができるのでしょうか?

今回は、多くの人が犯す過ちと効果的なダイエット法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


筋トレと有酸素運動は別モノと考える

まず、筋トレと有酸素運動は別モノと考えることの過ちを見ていくことにしましょう。

筋トレと有酸素運動は別モノと考えて、ある日は筋トレだけ、そして別の日は有酸素運動だけにとどめておく人がよくいます。

確かに、両者ともかなりハードなトレーニングだった場合は両者を別々の日に行うのもいいでしょう。

しかし、そうでない場合は、同じ日に筋トレと有酸素運動を行っても十分に効果はあります。

これは、忙しいビジネス・パーソンにとっては朗報ではないでしょうか。

なぜなら、残業の毎日で平日にスポーツジムに通える日はそう多くない。

だからといって、せっかくの休日は家でゆっくり休みたい。

多くの人はそう考えるに違いないからです。

このことを裏付ける、ある調査結果があります。

筋トレの途中でバイクを漕いだ人と、筋トレの前あるいは後にバイクを漕いだ人のエクササイズ後の代謝への影響を調べました。

その結果、前者の方が代謝への影響が大きかったそうです。

有酸素運動だけで体重減らない理由

次に、有酸素運動だけで体重減らない理由を見ていくことにしましょう

早く体重を落としたいため、筋トレは一切行わず有酸素運動だけする人がいます。これでは効果は上がりません。

実は、有酸素運動だけでは消費カロリーは少なくなります。

しかも、それだけでは退屈するでしょう。

筋トレによってついた筋肉は基礎代謝量を増やします。

その結果、脂肪も減ってきます。

つまり、筋肉がつけば痩せやすい体になるのです。

空腹の状態で有酸素運動を行っても、脂肪を効果的に燃焼させることはできません。

なぜなら、空腹の状態で有酸素運動を行うと、筋肉に蓄えられた脂質と糖質の方をエネルギー源として使ってしまうからです。

そのため、体脂肪は燃焼されなくなるのです。

また、この方法は効果がないばかりか逆効果にもなります。

一般に、体脂肪を燃焼させるには40〜50分のエクササイズが必要とされています。

しかし、空腹の状態で有酸素運動をしてもその状態には届きません。

筋トレが先か、有酸素運動が先か、それが問題だ

「卵が先かニワトリが先か?」という問題は、多くの人を悩ませてきました。

同じことは、「筋トレが先か有酸素運動が先か?」でもいえるでしょう。

どちらを先にした方がいいのでしょうか。

たとえば、最初にマシンで強めの有酸素運動を行うとどうなるでしょうか?

おそらくエネルギーは残されていないでしょう。

そのため、このような状態で筋トレを行っても効果は望めません。

したがって、強めの有酸素運動や強めの筋トレを行うのであれば、それぞれ別の日に行った方が一緒の日に行うより運動する過程で消費されるカロリーは増えます。

だたし、先に説明したように、両者とも比較的軽い運動であれば、同じ日に行っても十分効果があります。

多くのビジネスパーソンもそうしているでしょう。

筆者もスポーツクラブに通っていたころはそうしていました。

週に1度しか通えなかったので、最初にバイクで30分軽めに漕いで、筋トレを30分、そして最後にプールでひと泳ぎ、というメニューでした。

有酸素運動で燃焼しても体重減らない理由

有酸素運動で脂肪を燃焼させているつもりでも体重が減らないことはよくあります。

では、いったいどれくらい燃焼させればいいのでしょうか?

一般的に、体重を減らすには有酸素運動で最低500キロカロリーは消費する必要があるといわれています。

多くの人はマシンを使って有酸素運動を行っているでしょう。

そんなときは、運動強度に注目するといいでしょう。

強い運動をしていればたとえ短時間であってもマシンを降りたあとでもカロリーを消費続けます。

有酸素運動をしている間、人の体はエネルギー源として体に蓄積された脂肪を燃焼します。

そして、それはある一定に心拍数に達したときにそうなります。

有酸素運動によるダイエット効果に着目している人には“脂肪燃焼ゾーン”という言葉はお馴染みでしょう。

これが先の心拍数で、最大心拍数の65%です。

しかし、有酸素運動で体重を落とそうとする場合には、この「最大心拍数の65%」という数字にこだわる必要はありません。

有酸素運動しても食べ過ぎるから体重減らない

最後に、多くの人が犯す過ち、それが食べ過ぎです。

有酸素運動をしているからいくら食べても大丈夫というのは間違っています。

多くの人は、カロリーを自分にとって都合のいいように解釈しています。

つまり、消費したカロリーは多めに、食べたカロリーは少なめに計算しています。

体重を減らすには有酸素運動だけではあまり効果的ではありません。

運動と同じようにカロリーの計算も重要です。

体重を減らすためには、健康的な食生活も必要なのです。

まとめ

これまで多くの人が犯す過ちや誤解を見てきました。

筋トレも有酸素運動もそれだけでダイエットができるわけではありません。

体重が増えるのは、消費したカロリー以上のカロリーを摂取するからにほかなりません。

これはこの先も変わることはないでしょう。

したがって、ダイエットのためには筋トレや有酸素運動の他にも健康的な食生活が欠かせません。

健康的な食生活で健康的に痩せ、健康的な体を作って健康的な時間を過ごしましょう。

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ