最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

精神機能障害に関する診断書が美容師の申請に必要な理由

      2016/06/07

精神機能障害に関する診断書が美容師の申請に必要な理由

美容師になるには「精神の機能の障害に関する医師の診断書」が必要とされています。

それはなぜなのでしょうか?

そして、それはいつ、どこで書いてもらっていくらかかるのでしょうか?

今回は、そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


美容師の精神に関する診断書が必要とされる理由

まず、美容師申請する際に「精神の機能の障害に関する医師の診断書」が必要とされる理由を見て行きましょう。

一般の人はもちろん、美容師申請をするまでそんな書類が必要とされていたことを知らなかった人も多いでしょう。

そして、美容師を申請するときになって慌てている人も多いでしょう。

たしかに、流行のスタイルを追求する美容師と精神機能の障害は不釣合いな感じがします。

では、なぜそんな診断書が必要なのでしょか。

それは、美容師法に定められているからです。

美容師法では、美容師試験の受験要件や美容師免許が与えられる条件等がこまかく規定されています。

医師の診断書は美容師免許を申請してきた人がこれらの条件を満たしていることを証明するための書類なのです。

つまり、美容師申請する際に求められる診断書は、美容師の業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができることを証明するためのものだといえます。

美容師の精神に関する診断書はいつ書いてもらえばいいのか

美容師免許は必要とされる学科・実習を修了した後、美容師試験に合格した者に与えられます。そして、合格した後に美容師の申請をするときに必要書類の一つとして「精神の機能の障害に関する医師の診断書」の提出が求められるのです。

つまり、美容師試験に合格して美容師の申請をする前に診断書を書いてもらえば充分に間にあいます。

慌てる必要はありません。

まだ美容師試験に合格してもいないうちに診断書を書いてもらっても、肝心の美容師試験に合格しなければその費用は無駄になっていまいます。

もっとも、自分自身にプレッシャーをかける意味であえて実費を払って美容師試験に合格する前に診断書を書いてもらおうと考える人がいるかもしれません。

そして、その診断書を眺めながら合格した自分をイメージして受験の勉強をする。

それはそれで、良い考えだと思います。

しかし、さすがに必要とされる学科・実習を修了もしていないのに、そういう考えをする人はいないでしょう。

美容師の精神に関する診断書はどこで書いてくれるのか

では、その診断書はどこで書いてくれるのでしょうか?

精神に関する診断書なので、精神科でなければいけないのでしょうか?

診断書は、患者の病状、怪我や障害に関する状況、治療のために要した入院や手術などの手段を証明するために書面として作成されます。

そして、その書面の作成は医師、歯科医師および獣医師のみに認められたものです。

だから、一般の人、あるいは薬剤師、看護師などの医療従事者が診断書を作成すると罰せられることになります。

つまり、一般の人が診断書を作成すれば罰せられますが、医師免許があれば精神科でなくてもどこで診断書を書いてもらっても問題は無いということです。

内科や外科に関係なく医師が診断書を書けるというもの意外ですが、獣医師が動物ではなく人間の診断書を書けるというは驚きです。

もし、近くにかかりつけの医者がいれば、たとえそれが自分のペットを診てもらっている獣医さんであったとしても、その場ですぐ書いてもらえるでしょう。

美容師の精神に関する診断書はいくらかかるのか

次に気になるのが診断書作成にかかる費用でしょう。

いったいいくらかかるのでしょうか?

病院によって診断書作成の値段を自由に決めることができるため、病院によってその値段は違ってきます。

ただし、それにも相場というものがあります。

一般的に、3千円から5千円の範囲内と思っていいでしょう。

ただし、多くの病院では入院関係で必要となる保険会社の書式に従った証明では7千円程度としています。

結構な値段ですね。

これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれでしょう。

まさか悪徳医師がいるとは思いたくないのですが、病院によって自由に値段を決めることができるというのも少しひっかかります。

少なくとも、診断書作成にいくらかかるかを問い合わせても教えてくれないような不親切なところには頼まないほうがいいかもしれません。

なお、今回の美容師申請に必要とされる診断書は保険会社に提出するものではないので、それにかかる費用として5千円もあれば十分でしょう。

美容師の精神に関する診断書に必要な情報

最後に、診断書に必要な情報を見て行きましょう。

一般的に、診断書を書くには病名が必要です。

例えば、盲腸の手術などで入院した場合には、そのために必要となる入院期間や今後安静が必要となる期間の目安が書かれます。

つまり、病名が必要ということはその診断がつかない場合は診断書を書けないということになります。

では、美容師の申請に必要となる診断書にはどのような病名を書くのでしょうか?

精神の機能の障害に関することなので心配になる人がいるかもしれません。

でも、心配は無用です。

免許などの申請の際に必要となる診断書の場合には記載内容や書式があらかじめ決められているものが多いのです。

つまり、美容師の申請のための診断書は記載内容、書式が決められているということです。

医師に診断書を書いてもらう際に「これは美容師の申請に使う診断書です」と伝えればいいのです。

相手の医師はその道のプロです。

その情報だけで対応してくれるでしょう。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/_____icchan/status/721132981193039873

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ