最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

糖尿病を予防しよう!症状や原因などもまとめ

      2016/06/07

糖尿病を予防しよう!症状や原因などもまとめ

糖尿病は、今や国民病とまで呼ばれています。

糖尿病の正しい知識と予防法を知り、いつまでも健康でいたいものですね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


そもそも糖尿病とは?

糖尿病はインスリン作用の不足に基づく慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。健常者では、空腹時の血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)は110mgdl以下であり、食事をして血糖値が上昇しても、膵臓すいぞうのβベータ細胞からインスリンが分泌され2時間もすると空腹時のレベルに戻ります。インスリン分泌低下あるいはインスリン抵抗性を来すと、食後の血糖値が上昇し、次第に空腹時の血糖値も上昇してきます。

引用元-−-YAHOO!ヘルスケア

糖尿病は、血液の中のブドウ糖(グルコース)の濃度(血糖値)が高い状態(高血糖状態)が続く病気です。放っておくと、さまざまな臓器に合併症が起こる危険性が高くなります。その名前から糖尿病とは、「尿に糖が出る病気」と思われていることがありますが、尿に糖が出ることは血糖値が高いことのひとつの現れであって、本当に問題なのは血糖値が高いことです。尿に糖が出て、体内の糖が失われてしまうのではなく、血糖値が高すぎて尿にまで糖がたくさん出てしまうことが問題です。
私たちは、毎日の食事で、さまざまな栄養素を体の中にとり入れています。このうち、米やパンなどに多く含まれる糖質(炭水化物)は、小腸でブドウ糖に分解されて、血液の中に吸収されます。また、タンパク質や脂肪などの栄養分も分解されて、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)を高めます。

この血糖値は、体の中の「インスリン」というホルモンの作用で、ほぼ一定の値に保たれています)。この血糖を調節する仕組みがうまく働かなくなり、血糖値が高い状態(高血糖状態)が続くようになってしまうのが糖尿病です。
血糖値が高くても、最初のうちは、ほとんど症状を感じることはありません。しかし、血糖の高い状態が続くと、のどの渇き、疲労感、多尿・頻尿などの症状が現れるようになり、次第に全身の血管や神経が傷ついて、全身のさまざまな臓器に影響が起こってきます。
逆に、糖尿病になっても、食事療法や運動療法、薬によって血糖をきちんとコントロールできれば、症状をなくし、合併症を予防できます。

引用元-−-アステラス

糖尿病の原因は?

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことです。放置すると全身にさまざまな影響が出てきます。
糖尿病は、その原因により4つのタイプに分けられます。

1型糖尿病
インスリンを作る膵臓の細胞が何らかの原因でこわされることで、インスリンが作られなくなり、糖尿病になります。子どもや若年者に多くみられます。

2型糖尿病
インスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなるために起こります。おもに中高年以降にみられますが、若年者の発症も増加しています。日本の糖尿病患者さんの約95%が2型糖尿病とされています1)。
日本人は遺伝的にインスリン分泌が弱い人が多いといわれています。遺伝的な体質に過食(特に高脂肪食)、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣や加齢といった要因が加わり、発症するとされています。このため、2型糖尿病は「生活習慣病」ともいわれるのです。
また、肥満がなくても、内臓脂肪が増える「メタボリックシンドローム」と呼ばれる状態になると発症しやすくなります。

引用元-−-糖尿病サポートネット

糖尿病が怖い病気と言われるわけ

糖尿病と診断されても、食事療法、運動療法、薬物療法を行い適切な血糖コントロールを続ければ、健康な人とほとんど変わらない生活を送ることができる。
しかし問題なのは、糖尿病は、初期にはほとんど自覚症状がない病気だということだ。「痛い」「苦しい」などの自覚症状がないことから、食べ過ぎ、運動不足、薬の服用方法を守らないなど、治療を放置した状態が続く。すると適切な血糖コントロールが持続できなくなり、しだいに糖尿病が進行してさまざまな合併症が出現するようになるのだ。
糖尿病で本当に怖いのは、この合併症。多くの場合、10年前後でさまざまな合併症が現れるようになる。なかでも代表的なのが、次に紹介する糖尿病の「3大合併症」だ。

早い場合は5年で合併症が出現!
糖尿病の「3大合併症」と言われるものは、「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」「糖尿病性神経障害」の3つだ。
「糖尿病性網膜症」は眼の網膜にある細い血管に異常が起こり、最悪の場合、失明する危険もある合併症だ。「糖尿病性腎症」は適切な血糖コントロールが持続できないまま5〜10年が経過すると起こってくる合併症で、尿中にタンパク質が認められるようになり、放置すると腎機能が悪化して人工透析が必要となってくる。
「糖尿病性神経障害」は適切な血糖コントロールが持続できないでいると、たった5年ほどで症状が出てくることもあるという。

引用元-−-Healthクリニック

糖尿病の最新治療

糖尿病患者は生活環境や職場環境の変化のためか、一貫して増加傾向にあり、今後もこの傾向は続いていくのではないかと言われています。このため製薬会社からすれば糖尿病は金のなる木であって、各社しのぎを削って新薬の開発を続けています。しかし糖尿病の治療で最も重視されるのは食事療法と運動療法です。このうち食事療法ではこれまで摂取カロリーを抑えるために行われていましたが、近年になってそれは違うのではないかと指摘されるようになって来ました。

これを考慮した食事療法は、従来から見るとかなり衝撃的な最新治療と言うことになります。もちろんカロリーの摂りすぎも良いわけでは有りませんが、新しい食事療法の主眼は糖質の削減を行うものです。つまりこの療法ではおかずは普通に食べることが出来て、炭水化物つまり主食のご飯やパンだけを制限すると言うものです。この療法を支持する研究者の中には従来の食事療法ではほとんど効果はなく、糖質の制限だけで十分な効果を上げられると言う人までいます。

しかし現在でも医師に言われるのはカロリー制限で、糖尿病といえば低カロリー食ということになりますが、実は血中のブドウ糖の割合を増やし、血糖値を押し上げることになるのはカロリーではなく、糖質であるわけです。つまり血糖値により直接的に影響するのは糖質であって、新しい食事療法は素人にも大変分かり易いと言えます。これを踏まえて現在では両方を行うことになりつつありますが、今後様々な事例が増えてくれば、どちらの食事療法が有効であるのか、よく分かってくるはずです。

海外ではすでに糖質重視の食事療法が普通に行われているところもあって、もしこの食事療法のほうが有効だと言う結果が出れば、ご飯は少なくして、その分を他のおかずで補うことで、厳しい食事制限をすることも必要が無いことになり、糖尿病患者としてはかなりの朗報になります。ただし前記のようにカロリーの摂りすぎも良いわけではないので、無制限に食べて良いということにはなりませんので悪しからず。何事も適度と言うことを忘れてはいけません。

また薬剤で注目されているものとしては吸入式インスリンがあります。これはまだ一般に出てくるのは先の話になりますが、現在は一日数回の注射によりインスリンを補給していて、患者の負担が大きくかったのですが、ついに吸入式インスリンの実用化の道が開かれました。これで多くの患者が注射から解放されることになります。現在も様々な新薬が開発中で、今後も驚くような治療法が出てくることを期待したいと思います。

引用元-−-糖尿病はこうやって改善・予防出来る!決定版 [健康ジャーナル]

糖尿病を予防しよう!

a0002_012036

高血糖を防ぐために気をつけたいことの第一は何といっても食事です。食べ過ぎがよくないのは言うまでもないことですが、何を、どのくらい、どのように食べるかによって、血糖値の上がり方は変わってきます。
体作りと生命維持に欠かせない3 大栄養素「糖質」「たんぱく質」「脂質」のうち、食後の血糖値を上げやすいのは糖質です。まずは糖質過多にならないように注意を。

糖質源の選び方にもコツがあります。白米ご飯、白パン、うどんといった体に吸収されやすい「白い糖質」よりも、雑穀ご飯や玄米ご飯、全粒粉のパンやそばといった、食物繊維が多く体にゆっくりと吸収される「茶色の糖質」がおすすめです。
また、糖質を減らした分、脂質が増えてしまうというのは問題です。肉類や乳製品に多い飽和脂肪酸の多い食事は糖尿病の発症や進行に関係する悪玉因子を増やし、揚げものやクッキー類に多いトランス脂肪酸は、動脈硬化を進めて心臓病のリスクを高めてしまいます。一方、魚の油には、インスリンの働きをよくするホルモン「アディポネクチン」を増やす作用や、血液を固まりにくくする作用があります。肉よりも魚をしっかりとり、揚げものは控えめに。

まず、ゆっくりよくかんで食べることで、食べ過ぎを防ぎましょう。よくかむと、インスリンの適切な分泌を促すホルモン「GLP-1」が増えるという報告があります。
食べる順番も重要です。いきなり糖質たっぷりの主食からではなく、野菜や海藻を先に食べる食べ方「ベジタブルファースト」がおすすめ。多く含まれる食物繊維の作用によって、後から食べる主食の糖質がゆっくりと吸収されます。これまで、カロリーばかりを気にして食べていませんでしたか?同じものを食べるにしても、食べる順番によって血糖値の動きは大きく変わるのです。

引用元-−-糖尿病サイト

運動不足は肥満と同様、インスリンの働きを低下させます。運動を習慣化することで、糖尿病予防に欠かせない肥満の防止や体重管理につなげることができます。また、肥満ではない人も、インスリンに対する感受性が良くなるので、血糖コンとロールに役立ちます。大切なのは、運動を継続すること。自分に無理のない運動を毎日続ける習慣をつけましょう。
どんな運動が糖尿病予防に向いている?
インスリンが効率的に働くのは、運動に使われた部分の筋肉なので、全身の筋肉をまんべんなく使える運動が最適。身体に酸素をとり入れながら行う有酸素運動もいいでしょう。
一時的に能力を高めるような運動や、瞬発的で持続時間が短い無酸素運動。たとえば、短距離走やバーベルを使った重量挙げなどは好ましくありません。

運動の強度
多少息は切れるものの、運動をしながら会話ができる程度に。少し汗をかくぐらいが適度です。運動は激しければいいというものではなく、各自の体力や年齢に合わせて行いましょう。運動直後の脈拍が50代で100〜125/分ぐらいが目安です。
激しく息切れして、ほとんど会話ができない運動。また逆に、歌が歌えるようでは弱すぎて、あまり効果が見込めません。

引用元-−-メディマグ.糖尿病

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ