最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

納豆、ちゃんと食べてる? 食べ方一つで効果が違う

      2016/06/07

納豆、ちゃんと食べてる? 食べ方一つで効果が違う

納豆は健康によい食品であることは周知の事実ですが

乾燥肌、ニキビ等の改善といった美肌効果もあります。

実はその効果を充分に得るための食べ方が存在しました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


納豆の栄養素

納豆の栄養・カロリー

■納豆1パック(約50g)当たり
エネルギー:100kcal
たんぱく質:8g
脂質:5g
炭水化物:6g
食物繊維:3g
カリウム:330mg
カルシウム:45mg
マグネシウム:50mg
鉄分:1.5mg
ビタミンB2:0.28mg
ビタミンE:0.25mg

納豆は高カロリー?

「納豆は高カロリーである!」高カロリー
という指摘はネット上でも結構見られます。

これは脂質を多く含むのが原因なのです。

確かに
“納豆50g当たり100キロカロリー”というのは、
“白米(50g当たり84キロカロリー)”
と比べても高カロリーに思えます。

しかし、本当にそうでしょうか?

主食の炭水化物と違い、1日に何百gも食べるものでもないので、
高カロリー食品と言ってしまうのには違和感があります。

1日1食分(50g程度)なら納豆が太る要因になることはまずないので、
そんなにカロリーは気にしないでいいでしょう。

太るリスクよりも、その納豆で得られる効果(リターン)の方が遥かに大きいです。

引用元-−-ダイエット&健康の最新情報

納豆の基本効果

■キレイと元気を作るのは、納豆!
みなさんご存じの「納豆」。カラダにいいというのはなんとなく分かっている、というママも納豆にはこんなにすごい栄養効果があることをご存じでしたか?
(1)便秘解消
・納豆菌・・・善玉菌の毒になる活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のエサとなる栄養を作り出し、善玉菌をサポート
・大豆オリゴ糖・・・腸内細菌のエサになり、腸内環境を整えてくれる
・食物繊維・・・便のかさを増す不溶性、善玉菌のエサになる水溶性の両方が含まれている
(2)丈夫な骨をつくる
・ビタミンK・・・カルシウムが骨に結合するときに必要なビタミン。骨粗鬆症などが心配な女性には、特にオススメ
(3)美肌
・ポリアミン・・・細胞が増えるために必要なエネルギー源。老化を抑える効果が期待できる
・大豆イソフラボン・・・抗酸化力の強いポリフェノールの一種。老化の原因である活性酸素を取り除いてくれる。また、血液がサラサラになるので、冷え性改善、美肌などの美容効果UPの他、動脈硬化などの病気予防にも。乳がんのリスクも減らす効果がある。

■大豆イソフラボンの効果のもとは「エクオール」
納豆に多く含まれ、美肌効果のあることで注目されている大豆イソフラボンですが、その効果となる元は、大豆イソフラボンが腸内細菌の力でつくられるスーパーイソフラボン「エクオール」と呼ばれるもの。
一日10mgのエクオールで、一定の効果が得られるのですが、それは納豆1パック(50g)の大豆イソフラボンで作り出せる量。
実はこのエクオール、作れる人と作れない人がいるのです。日本人では約50%の人が作れるとされています。自分がエクオールを作れるかどうか調べるキットもあるので、興味がある方は試してみてはいかがでしょう。
まずは毎日納豆1パックを食べることを心がけ、エクオールが作り出せない人も、サプリで補うなどして摂取することをオススメします。

引用元-−-アメーバニュース





もっと手軽に納豆の栄養素を撮る方法はコチラ



食べる時間は断然夜!

納豆は優れた栄養素を含む食べ物です。その栄養素を寝ている間に働かせることによって、今よりもっとキレイになれると言われています。意外と知られていない”納豆の働き”についてお話しましょう。

(1)ナットウキナーゼが寝ている間に大活躍

納豆のネバネバに含まれる”ナットウキナーゼ”という酵素は、納豆特有の成分で血液をサラサラにするとされています。この酵素は食後10〜12時間働くので、寝ている間の血流が滞りやすい時間にバッティングさせるのがコツ。血流がスムーズになると肌に栄養が届くようになるため、美肌効果が期待できるのです。

(2)成長ホルモンの分泌を促進

眠り始めてから2〜3時間経つと、成長ホルモンの分泌が始まり、お肌のゴールデンタイムに突入します。納豆に含まれる”アルギニン”には、成長ホルモンの分泌を促進する効果があるとされ、この時間に合わせるためにも、夜に食べるのがオススメ。

また、納豆には細胞の再生を促すビタミンB2や皮脂分泌をコントロールするビタミンB6、整腸作用がある食物繊維、むくみ解消効果があるカリウムなどが含まれていると言われているので、できることなら毎日摂りたいですよね。

引用元-−-美レンジャー

大豆イソフラボンはニキビにも効果

納豆は美肌・美白効果があるとされ、
さまざまなメディアで取り上げれてきましたが、

実は納豆は

ニキビにも効果的なんです!

ここでは納豆がニキビに効果的な理由と
正しい納豆の食べ方を紹介したいと思います。

実は食べ過ぎると逆にニキビの炎症を引き起こしてしまうのです。

納豆がニキビに良いわけ

リノール酸の効果

リノール酸というのは血液をサラサラにしてくれ、
肌の新陳代謝を活性化するため非常にニキビに効果的なんです。

ビタミンEが豊富に含まれている

ビタミンEもリノール酸同様に血液をサラサラにしてくれます。

また納豆に含まれるビタミンEは強い抗酸化作用を持つため
若々しい肌を保ってくれます。

これが納豆が美肌や美白効果があるといわれる所以なんですね。

イソフラボンで女性のニキビに効果的

ご存知の通り納豆には大豆が原料なため、
大豆イソフラボンが豊富に含まれているんです。

この大豆イソフラボンは女性ホルモンを抑制してくれます。

女性の場合特に生理の周期と関係してニキビが生じてしまいます。
その原因というのは女性ホルモンが分泌されるからなんです。

ですからこの女性ホルモンを適度に抑制する
大豆ホルモンは女性のニキビに効果的だということなんですね。

引用元-−-ニキビ治すぞ!ニキビの治し方、原因を徹底紹介!

ドライアイや乾燥に効果あり!

涙の成分を目にしっかりとどめておくために必要なのは、「ムチン層」を増やしてあげることが必須です。

では「どのようにムチン層を増やすの?」と思われた方。

現在、“ジクアス”や“ムコスタ”といった「ムチン」の分泌や産生を上げてドライアイを予防してくれるお薬が出ています。

冬場になり、処方も多くなってきています。「ムチン」の分泌や産生を上げて目薬を使うのも、とっても効果的です。加えて、身体の中から改善するために、「ムチン」を含む食べ物をこの冬に取り入れてみませんか?

「ムチン」は糖質とタンパク質でできていて、口や腸などを覆う粘液にも含まれています。イメージとしては“ネバネバ”したもの。そして“ネバネバ”した食べ物と言えば、納豆、おくら、モロヘイヤ、蓮根、里芋、山芋などが挙げられます。

また、「ムチン」にはお腹のお掃除をしてくれる食物繊維も含むため、ダイエットにもなり一石二鳥! そして、目だけではなくお肌の保湿もしてくれるのです!!

特に女性は「納豆」をとるとイソフラボンも摂取できるので、女性ホルモンのバランスを整えるのにもGOOD。月経前のPMS対策にもいいですよ。

ただし「ムチン」を含むものは加熱しすぎると、身体のなかに「ムチン」がうまく取り入れれなかったり、流れ出てしまうので、生で食べるか、煮物やスープにしてお汁ごといただきましょう!

引用元-−-Peachy

食べ合わせで効果アップ

納豆だけを夜食べるのも、もちろん美肌や健康に効果的ですが、別な食材と組み合わせることで、より効果を引き出すことができます。そこで、効果別に組み合わせるとおすすめな食材をまとめておきたいと思います。

①美肌をつくりたいとき「+アボガド」
納豆にアボガドを加えたり、納豆とマグロをあえると、美肌効果がアップします。つくるのも簡単です。

②お腹の調子を整えたいとき「+オクラ」
納豆にキムチ、あるいは納豆にオクラを合わせると、より腸内をキレイにしてくれます。

③疲労を回復したいとき「+ネギ」
定番の納豆とネギの組み合わせは、実は疲労回復に効果があります。また、納豆に梅干し、納豆に生姜の組み合わせも同様です。

④白髪を改善したいとき「+ごま」
納豆に黒すりごまを加え、オリーブオイルをたすと、白髪の改善に一役買ってくれます。

合わせやすいのでフル活用しよう!

納豆は、何にでも合わせやすい食材の一つです。

前章で組み合わせをいくつか紹介しましたが、卵や肉類、野菜と合わせてもおいしく食べられます。ごはんにも、パスタにも、そばやうどんにも合うので、自分が食べやすい方法で、夕食メニューに取り入れてみましょう。ただし、ナットキナーゼは熱に弱いという性質を持っています。強火で調理するのは止めて、70度以下の中火あるいは弱火で調理しましょう。

肌トラブルに悩んでいるひといとって、安くて手軽にできる夜納豆は、おすすめです。毎日1パック食べるだけでも、腸内環境が整い、美肌効果を発揮し、アンチエイジングにつながるはずです。

夜納豆でターンオーバーを整えて、美肌と健康を手に入れましょう!

引用元-−-BeautyLog

簡単なのに美肌になる、納豆アボカド丼レシピ

納豆アボカド丼の美肌効果

アボカドに含まれる栄養素

アボカドは世界一栄養価の高いフルーツとして、ギネスブックに掲載されているほどです!
アボカドに含まれる栄養素は、

コエンザイムQ10
ビタミンE
ビタミンB6
オレイン酸
など、若返り・アンチエイジングに効果的な栄養素が含まれています。
他にも、ビタミンAやC、食物繊維も豊富で、美肌や便秘にもいいんです!
アボカドは1個287kカロリーと高カロリーですが、その脂質のほとんどがオリーブオイルと同じくからだに良い「不飽和脂肪酸」なのでコレステロールの心配がいりません☆
腹持ちもよいので、食べ過ぎに注意すればダイエットにも効果的です。

納豆と玉ねぎの栄養素

納豆は必須アミノ酸がバランスよく含まれており、玉ねぎは血液をサラサラにする効果があります。
また、納豆はイソフラボンも含まれており、どちらも美容に効果的です!

納豆アボカド丼のレシピ

材料(1人分)

玉ねぎ4分の1個
アボカド半分
納豆1パック
醤油小さじ1
わさび適量
きざみのり適量
作り方

玉ねぎをスライスして、水にさらしておきます。
アボカドは食べやすい大きさに適当に切りましょう。
アボカドに味付けをします。わさび醤油か納豆についてる出汁などお好みでどうぞ!
ご飯を盛りつけ、水切りした玉ねぎ、アボカド、混ぜた納豆、きざみのりをかけて出来上がり☆

引用元-−-美肌マニア





もっと手軽に納豆の栄養素を撮る方法はコチラ



食べ過ぎによる副作用には注意!適量は1パック程度

納豆は、たんぱく質、植物性脂肪、カリウム、カルシウム、鉄分、ビタミンB群、ビタミンEなどいろいろな栄養素や豆類に豊富な食物繊維を含む優れた食品です。
しかし、納豆の原料の大豆に含まれる大豆イソフラボンに関しては、女性ホルモンのバランスを崩し、子宮内膜増殖症など健康を損なうリスクが指摘されております。ただし、食品安全委員会が発表した上限の目安70〜75mgに対して、通常の納豆に含まれる大豆イソフラボン(100gに73.5mg)を大き目の1パック40gでも29.4mgでと2パック食べても上限を超えません。

もし、1パックの大きさが大きい場合には3パック食べると上限を超えますが、、上限値自体もかなり安全性を見て低く設定され、健康を損なうリスクは長期間摂取し続けた場合なので過剰に心配する必要はありませんが、毎日3食食べるのは避けましょう。

納豆だけではなく、一つの食品にこだわり過ぎると
・ 他の食品が食卓に上らなくなる
・ 食べ過ぎはエネルギーオーバーにもつながる(納豆は100gで200kcal)
が問題になります。

体の中は一つの食品だけで動く、働くのではなく、様々な食品をとることで美しさや健康が保たれます。
血中のコレステロールを下げると言われている食品は、納豆だけではありません。 野菜や海藻、きのこ類に多く含まれる食物繊維も効果があります。 納豆だけではなく、青菜のお浸しや、煮物、酢の物、みそ汁に豆腐やわかめを入れて召し上がってみてはいかがでしょうか。

引用元-−-CLUB Panasonic

くるみに納豆? こんな食材がメタボ予防に!?

おいしい手作り納豆を10分で作る和彦父さん・・・

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 食・グルメ

ページ
上部へ