最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

結婚のタイミングが合わない時、どうしますか?

      2016/06/07

結婚のタイミングが合わない時、どうしますか?

お互い結婚したいのに仕事の事情やお金、実家の事情なんかで

なかなかタイミングが合わないこと、ありますよね?

そんな時はどう対処すればタイミングを合わせやすくなるんでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


目次

男性と女性では結婚したいと思うタイミングが違うって本当?

男性と女性とで希望の結婚のタイミングが違う?
男性と女性とでは結婚のタイミングが違うのは当たり前です。

女性にとっては結婚適齢期までに結婚したいと考えるので「今の彼と結婚したい」と思った時が結婚したいタイミングになる事がほとんどです。

ですが、男性の場合には自分の仕事の状況を考えて結婚を考える事が多いようです。

つまりほとんどの場合は「女性はできるだけ早く結婚したい」と思う場合が多く、男性は仕事や職場の都合を優先して結婚を先送りにする傾向があります。

引用元-−-沖縄の父

結婚のベストなタイミング3つ!

結婚適齢期の年齢がタイミング

「結婚適齢期」という言葉があるように、一般的に結婚に踏み切る決意を一番強く後押しするのは年齢です。
大学を卒業して就職した場合、20代後半くらいから30代に入った頃、周りからもある程度「一人前」と見なされ、そろそろ親から「孫の顔が見たい」等とプレッシャーが出てくる頃でもあります。

特に女性の場合出産年齢に上限があるため、結婚して子どもを産むとなればこのくらいの年齢までには…と先が見えてくるものです。

彼女の「結婚したい」という気持ちに背中を押される男性も多いかもしれません。

また、本人同士の年齢だけでなく、親や祖父母の年齢によって結婚を考えることもあるでしょう。

親が元気なうちに孫を抱かせたい、祖父母に花嫁(花婿)姿を見せたい等といった理由が現実的に結婚を考える一歩になることも多いでしょう。

お金や転職などの経済的な安定

二人で家庭を築くにあたって、心配なのは収入のことではないでしょうか。

結婚したいと思っても、特に男性は自分が家族を養えるだけの経済力があるか、その判断が結婚に踏み出すかどうかの重要な要素となります。

今は非正規労働者の割合が多いことが晩婚化の要因の一つでもありますが、二人とも働く共働き家庭が増えているとはいえ、女性は子どもが生まれれば仕事を辞めざるを得なくなるケースもあります。

なので、男性側が家計を支えられる自信が無い場合、結婚に踏み切れないことも多いでしょう。

つまり、ある程度仕事が落ち着き、経済的な安定を感じられるようになった時が、結婚のタイミングと言えます。

周りで結婚する人が増えた時

実は「結婚したい」と思う気持ちを一番煽るのがこれです。

例え「まだ結婚は早いかな」と思っていたとしても、友達の結婚式に出て幸せそうな姿を見たり、良く遊んでいる友達が一人、また一人と結婚していったり、そういう周りの状況に影響を受け、自分も結婚を考えるようになる人は多いのです。

女性は周りの友達が結婚ラッシュを迎えると「取り残されている」という焦りを感じます。

男性はどちらかと言うと「まだ先のこと」とぼんやりしていた結婚というものが、現実的なものとして意識されるきっかけになることが多いようです。

結婚ラッシュだけでなく、その後に続く出産ラッシュもまた結婚への意識を高めるもの。

学生時代のようなノリを引きずっていた仲間の「親の顔」を見ることで、自分のこれからを考えるようになるのでしょう。

いつまでも結婚を言い出さない彼氏であれば、その友人関係の中で結婚ラッシュが来るのを待つのも一つの手かもしれません。

引用元-−-こいぴた

結婚のタイミングを合わせたいなら男性の結婚適齢期を彼女に知ってもらおう!

こんな男性が結婚適齢期!

こんな男性は結婚を考えているかも! 男性の「結婚しようかな」を見分けるポイントをご紹介します。

●趣味、洋服の好みが変わったひと

流行の洋服やアクセサリーを身につけていたのにあまりこだわらなくなるなど、自己主張の現れであるファッションが変わった男性は結婚に向けて、一歩堅実になったと言えそうです。
将来のこと、体調のことを考えてゴルフやジョギング、ウォーキングを始めたなんて男性もオススメです。

●食べ物の好みが変わったひと

お肉や脂っこいものを好んでいたのにあっさりした食べ物を好むようになったり、コンビニ弁当ばかりだったのが和食好みになったり、ファーストフードよりもゆったりと食事を楽しめるお店を選ぶようになったなど、食の好みの変化は精神性の変化につながります。
そろそろゆったり自分と同じ速度で人生を歩いてくれる女性はいないかな? と思っているはず。

●現実的なひと

いつまでも少年の心を持ち、夢を追う男性は魅力的ですが、家庭を顧みない可能性も考えられるため、結婚には不向き。
実現可能な目標をもつ男性は結婚が視野に入っており、地に足がついた堅実な生活を望んでいるといえます。

●金遣いが変わったひと

結婚を考えているひととそうでないひとの大きな違いは、金銭感覚。
結婚を考える男性ならば、将来の子育て資金やマイホームローンを考え、豪遊せず堅実に貯蓄をし始めるものです。
そんな彼にはさらに結婚へと意識を加速させるため、お弁当を作ってあげたり手料理を振る舞えば、結婚へ大きく前進することでしょう

引用元-−-Gow!magazine

結婚だけじゃない!?恋愛には全てタイミングというものがある!

a0006_001907

タイミングによって「価値」は変化する
なぜ、タイミングがそれほど重要なのか。

私たちが感じている「価値」は、自分で思っているよりも一定ではなく、「タイミング」によって様々に変動しています。

例えば、長時間、ご飯も食べられないような外作業をしているとき、温かいお味噌汁とおにぎりを出してもらったときの美味しさは格別。

身体の底まで染み渡るような感覚を得るものですね。

ですが、毎朝いつもの食卓で出されるお味噌汁に、そこまでの感動はなく、出されても、「今日はいらない」と断ったりすることもあります。

他にも、お財布事情がピンチのときには、安いランチを奢ってもらっただけで、普段より強く感謝を覚えたり。

もてる男性が好きだったのに、結婚を意識し始めた途端、まじめな男性が魅力的に見え始めたり……等々。

人の知覚は一定しているように見えて、その時々の『内的欲求』により変化しています。

基本的な好みや価値観は人それぞれにあるのですが、その時々の自分や周囲の状況によって、感じる価値の大小は、かなり変わっているのですね。

引用元-−-LAURIER

遠距離恋愛で男が結婚を考えるタイミング3つ!

1.精神的に支えてほしいと思ったとき

遠距離恋愛から比較的スムーズに結婚するタイミングの一つに、男性が「精神的な支えがほしい」と強く感じたときが挙げられます。

離れていてさみしいと感じるのは何も女性だけではありません。男性だって同じなのです。仕事に邁進している男性であれば、大きなミスをしてしまい落ち込む日だってあるでしょう。何だか心細くなって、「彼女がいてくれたら」と恋しく思う男性は多いようです。

また、体調を崩してすっかり弱ってしまったとき。男性は「一人ぼっち」であることの心もとなさを実感します。家族というぬくもりがほしい。奥さんに優しく温かく看病してほしい。遠距離恋愛のもどかしさを歯がゆく感じ、結婚を強く意識するタイミングとなるのです。

2.彼女の家庭的な面を見た時

これまで遠距離恋愛だったのに、男性がふと「結婚したいな」と感じるタイミング。それは、「彼女に惚れ直したタイミング」であることと同義と考えてよいでしょう。久しぶりに会った彼女が料理の腕を上げていた。掃除や整理整頓をテキパキこなせるようになっていた。

もちろん、家事だけに限ったことではありません。疲れて帰ってきた自分を笑顔で出迎えてくれた。優しく愚痴を聞いてくれた。男性にとって思いがけず彼女が精神面で頼れる存在になっていたときもこれに当てはまります。

男性が「いい奥さんになれそうだ」「このまま遠距離恋愛ではもったいない」と感じれば、このタイミングで結婚に踏み出すこともあるでしょう。

3.経済的な目途が立ったとき

男性がなかなか結婚に踏み出さない理由の一つに「経済的に不安定」というものがあります。自分の稼ぎで妻子を養っていく自信がない。貯金が少なくまだ結婚は考えられない。「愛があればお金なんて」と感じる女性に対し、金銭的な問題は男性を結婚に消極的にさせます。

ましてコミュニケーション不足になりがちな遠距離恋愛において、男性はなかなかそれを彼女に伝えるタイミングがない。しかも「お金がない」なんてストレートに口にするのは男の沽券にもかかわる。その結果、女性は「結婚を考えてるのかな?」と不安になってしまうのです。

ただし、昇進や栄転などのタイミングで経済的に安定すれば男性はたちまち自信をつけます。また、お金がないことを告白しても「結婚後は共働きで頑張ろう」と彼女に提案されれば心も楽に。ここらで遠距離恋愛を卒業して身を固めるか!と俄然乗り気にもなるでしょう。

引用元-−-恋愛up

男が彼女との結婚のタイミングが合わない理由5つ!

●第5位 両親が好きになれないから

本人の問題ではなく、両親とうまが合わないという理由。

これは、身近でありながら、どうしようもない部分も大きい。

ただ、本的に本人同士の雰囲気など感覚が合っているなら、

その親も同じように合うことが多いので、実際は少数派のはず。

もしこれが、結婚しない理由だったら、結構難しい問題かも。。。

●第4位 自由でいたい

これが結構多いように思います。

結婚って家庭に縛られるイメージがあるようですね。

まぁ、ただの決断力のなさだろ!!って

言いたいですが。

自由でいて何がしたいの?

と色々相手のことを聞いていくのがいいと思います。

●第3位 相手とタイミングが合わない

自分のやりたい仕事を目指していたり

遠距離で付き合っている場合はわかる気もしますが、

大抵の場合は、言い訳に聞こえちゃいますよね。

ベストのタイミングなんて待っていたら、

いつまでたっても、結婚なんてできないよねぇ。

●第2位 経済的に難しい

まぁ、状況によってはわかります。

結婚することで、今より生活が苦しくなるなら

まだ結婚しない方がいいでしょうし、

結婚式のお金を貯めてからというのもわかる気がします。

そこは2人で話し合うのがいいですね。

●第1位 結婚に魅力を感じない

最近はこの回答が一番多いみたいですね。

「なんで結婚するの?」

「付き合っているのと一緒じゃない?」

という質問を逆にされるみたいです。

はぁ、女心を分かってないなぁと、

落胆せずに、こんな楽しいことがあるよとか

色々じっくり話して行くことが必要そうですね。

友達の結婚式に出席すると結婚したくなるという人が

多いみたいなので、

そんなタイミングで言ってみるのも良いかもしれません。

●ランキング外

こんな、解答もあったようです。

・ご両親が好きになれないから
・食の好みが合わないから
・他も見てみたいから

まぁ、最後の回答は最悪ですね。

引用元-−-こっそり女子力上げたいな

結婚のタイミングが合わないのは男に原因がある!?その原因トップ3!

【1】「子供は欲しくない。」と宣言したとき

子供を産みたがっている女性にとっては、ショックを受ける一言です。自分の価値を一方的に押し付けるのではなく、彼女の意思も確認した上で、話し合う必要があるでしょう。

【2】「そろそろ結婚・・・。」と言いつつ、実現させないとき

付き合って、数年経ち、「そろそろ結婚・・・。」と言いつつも、口先ばかりで、実際に行動を起こさないパターンです。口に出したことはシッカリと実現する男らしさが必要でしょう。特に周囲の友人が結婚することで、自分の結婚について考えるタイミングとなります。友達が結婚したタイミングで、結婚観やスケジュールなどについて話し合う機会を設けても良いかもしれません。

【3】何度も転職を繰り返したとき

結婚生活で重要な経済力に不安を感じさせてしまうパターンです。何度も転職を繰り返した場合には、「将来的に家族を養える経済力があるのかな?」と不安になり、結婚する相手として見なくなる可能性があります。恋愛と同じように、仕事も精一杯やった方が良いでしょう。

引用元-−-スゴレン

関連記事はこちら

 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ