話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

結核は初期症状が現れた時の対処が肝心!、結核は治る病気です

2014.12.15

結核にかかった時の症状の中でもその初期症状を見過ごすと大変なことになります!

しかし早期治療でしっかり把握して治る病気です。

結核の初期症状や予防法などをまとめました。

結核の初期症状を見逃さないためにまずはセルフチェック!

1.せき、たんが2週間以上続いていますか
2.たんに血液が混じっていますか
3.微熱が2週間以上続いていますか
4.寝ているときに、暑くはないのに寝汗をかきますか
5.食欲が落ちたり、体重が減少してきましたか
6.からだがだるいですか
7.周囲に結核患者がいますか
8.胸部X線検査で肺に影があると言われたことがありますか
9.過去に結核にかかったことがありますか

引用元-−-メディカルiタウン

初期の結核と風邪の症状は見極めが難しい?

発熱、咳(せき)、痰、易(い)疲労感(疲れやすい)、食欲不振、寝汗などの症状が知らぬ間に現れます。これらの症状は冬季に流行する感冒(かんぼう)(かぜ)とまったく同じですが、感冒とは違い、症状が長期間続きます。病院や診療所で感冒薬を処方してもらい、内服しても2週間以上症状が続けば、気管支喘息(ぜんそく)か肺結核症が疑われます。
 放置すると、血痰、息切れ、体重の減少も加わります。肺結核症の一型である喉頭・気管支結核では、早期にがんこな咳と血痰(けったん)が認められます。

引用元-−-gooヘルスケア

結核の原因と発症から掘り下げてみると…

結核の原因は、飛沫感染・空気感染する力を持つ「結核菌」。感染者の咳・くしゃみなどの飛沫や、空気中に漂う菌を吸い込むことで、呼吸器から感染します。

感染する部位は主に肺なので、一般的に「結核」というと、ほとんどが「肺結核」を指します。脊椎カリエスや結核性腹膜炎などの病気を発症することもありますが、ごく稀です。
結核の発症は、栄養状態、睡眠、ストレスなどが深く関わっています。特に「栄養状態」が悪いと発症のリスクが高くなるため、無理な自己流のダイエットで発症するケースも少なくありません。

加齢によって免疫は低下しますが、年を取ったからといって全員が発症するわけではありません。別の病気になって免疫系を落とす治療方法をした場合、結核の発症率が高まることもあります。免疫系の異常を伴う慢性疾患に対し、免疫系を落とす治療を行う時は特に注意が必要です。最近使用が開始された一部の薬剤では、数ヶ月の使用で結核症を発生リスクを増加させてしまうものもあります。

また、AIDSに感染していた場合も結核の感染・発症リスクが高くなります。特に結核や結核の仲間の菌による病気はAIDS患者の死因となることがあり危険。可能な範囲でワクチン予防をするなど注意が必要です。

引用元-−-オールアバウト

肺結核と診断されたら早く治療にかかりたい!

前置きとして、肺結核は決して治らない病気ではなく正しく治療すれば治る病気です。
結核の治療はほとんどの場合、抗結核剤の投薬による化学療法が取られます。抗結核剤には種類があり、以下の5種類を併用して処方されます。
①イソニアジド(INH)
②リファンピシン(RFP)
③ピラジナミド(PZA)
④ストレプトマイシン(SM)
⑤エタンブトール(EB)
これらを複数組み合わせて併用し、およそ半年から1年は継続して服用します。著しく排菌が認められる場合は入院治療が必要となりますが、発病しても排菌が認められない場合は通院での治療となります。
肺結核の治療で注意が必要なのは、医師の指示通り薬の服用を必ず継続することです。もし途中で症状が軽いからといって、自分の判断で薬の服用を中断してしまうと、結核菌が薬に対する耐性を付けてしまう為、今度は薬の効き目が無くなって治療が困難になってくるからです。このように結核菌に耐性が出来た状態を薬剤耐性結核と言います。こうなると、副作用のさらに強いより強力な薬剤を選択しないといけない上に、治療期間も大幅に長くなってしまいます。
独断で薬の服用を止めたり、間違った方法で服用しないように注意しましょう。

引用元-−-結核.com

初期症状というより、結核の予防に力を入れることが重要です!

BCG接種とは、結核菌の感染を受けていない人に結核菌の仲間で毒力のごくごく弱い菌をあらかじめ刺して、結核に対する抵抗力(免疫)をつけるワクチンです。日本では生後1歳になるまでに受けることになっています(実際には5〜7カ月に受けるのがお勧めです)。スタンプ式の方法で接種しますが、接種後6カ月くらいしますとその部位に18個の小さな針痕が残ります。
これを行うとたとえ感染を受けても発病の危険性は何もしないときの1/5くらいになります。ちいさな赤ちゃんでは感染を受けるとかなりの確率で髄膜炎のような重症の病気を起こすことがありますが、BCG接種はその予防に有効です。
接種の効果は10〜15年持続すると考えられています。
最近結核の感染を受けた人は、その後1〜2年のうちに結核を発病するおそれがかなりあります。またそれ以前に感染を受けた人でもいろいろな原因から結核発病のリスクが高まることがあります(「結核に感染するとどうなるの」参照)。とくにいろいろな病気の治療のために免疫が抑える薬を使うときなどにそのような問題があります。このような状態を「潜在性結核感染症」とよび、体内に潜んでいる結核菌が発病準備状態にあると考えられています。そのような人にはあらかじめ結核の治療薬を飲んでもらい、結核菌をやっつけることがおこなわれます。この予防的な治療を以前は「化学予防」とか「予防内服」と呼びましたが、このような治療をすると発病のリスクは半分〜5分の1くらいに下げられるといわれています。
潜在性結核感染症の診断は赤ちゃんではツベルクリン反応検査、それ以上の年齢では血液検査(クォンティフェロンあるいはTスポット)で行います。
治療にはイソニアジドを6〜9ヶ月飲むのが普通です。
だれかが結核を発病し、とくに結核菌を出している場合(「感染性結核」)には、その周囲の人に結核をうつしている(感染している)おそれがあります。また発病した人が子どもや若者の場合には最近だれかから感染したのかも知れません。このように、結核患者さんの発生に際して、感染を受けた人や感染源になった人を見つけることが必要になります。このための調査や検査を「接触者健診」といい、保健所が行う重要な結核対策の仕事です。これが きちんと行われないと、集団発生にまで発展したり、乳幼児の重大な病気が発生するおそれもあります。

引用元-−-大塚製薬

twitterの反応


https://twitter.com/yuki19950823/status/542292063992045569

 - 健康・病気