最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

美容院でカラーリングしてもらった髪の色を長持ちさせる方法

      2016/06/07

美容院でカラーリングしてもらった髪の色を長持ちさせる方法

髪の色が変わっただけで、受ける印象は大きく変わってきます。

また、女性の髪型や髪の色は時代ともに変わってきます。

そのため、頻繁にカラーリングしてもらう女性も多いでしょう。

今回は美容院でカラーリングしてもらう際のポイントを紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

バイト先の社員が怖い!楽しくバイトを続けるための方法

バイトをする時に社員との確執があることもありますが、社員が怖...

2人目を妊娠中! ブログは子育てママ達の強い味方となる

2人目を妊娠中で、出産までの過程をブログにあげている子育て中...

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

スポンサーリンク


美容院で行うカラーリングの種類

髪を染めるにはいくつかの方法があります。そのメリットやデメリットを事前に理解しておけば、髪色の仕上がりもある程度予想できるでしょう。

カラースプレー

一時的に髪の表面に色をつけるものです。この他にも、ヘアマスカラなどがあります。これは、髪を染めるのではなく、表面に色をつけるだけなので、髪を洗えば色は落ちてしまいます。カラースプレーは、あくまでも一時的なものです。

ヘアマニキュア

これはカラースプレーとは違い、髪の表面だけでなく、髪の中も染めます。そのため、髪を洗っても落ちません。ただし、何度も髪を洗っていると徐々に色は落ちてきます。

ヘアカラー

これは染料の化学反応を利用して髪の中まで染めます。また、先の方法と違って発色もよくなります。髪の中まで染まるので髪を洗っても落ちません。色はだいたい2〜3ヶ月はもつとされています。ヘアカラーは広く普及しており、カラーリングの世界標準のようなものです。

ブリーチ

これは髪を染めるのではなく、逆に髪の色素を脱色します。多くの女性はこの方法を愛用しているのではないでしょうか。髪を染めるのではないので、髪を洗っても色は落ちません。ただし、新しい髪が生えてきたら元の髪色になってしまいます。

美容院で行うカラーリングしてもらう頻度

美容院で行うカラーリングしてもらう頻度に、もちろんルールなどは存在しません。個人の自由です。ただし、頻繁にカラーリングすれば当然、髪はダメージを受けてしまいます。だからといって、カラーリングしないで放置しておけば、染めた髪のなかで新しく生えてきた黒髪が目立ってしまいます。要は、両者のバランスをいかにとるかということがポイントとなってきます。

多少の個人差はあるでしょうが、人間の髪は1ヵ月で約1cmほど伸びるとされています。つまり、1ヵ月すればカラーリングした髪の根元は約1cmほど黒くなってしまうということです。それが気になるようになれば、ほとんどの女性はカラーリングすることになるでしょう。

ここで注意点があります。髪の中まで染めるヘアカラーなどは、髪にダメージを与えてしまいます。そのため、髪全体を染めるのではなく、髪の根元だけを染めることをおすすめします。そうすれば、髪に与えるダメージを最小限にとどめることができます。

いずれにしても、行きつけの美容師に相談すると良いでしょう。

カラーリングが色落ちした場合

せっかくカラーリングしたのに、しばらくしたら髪の色が落ちてきた。また、イメージしたのと髪の色の仕上がりが違う。こういうことは珍しくありません。こういうときは、すぐにでも染め直したくなるものです。しかし、先に説明したように、ヘアカラーなどは髪にダメージを与えてしまいます。髪はダメージを受けると切れ毛などの原因ともなります。そうなれば、髪型もきれいに決まりません。染め直しする場合でも、最低1週間は間を空けたいものです。

どうしても髪の色が気に入らない場合、すぐにでも染め直ししたくなるでしょう。髪の色一つで受ける印象は大きく変わってきます。しかも、自分のイメージと違う場合はなお更でしょう。そんなときは担当した美容師に相談してみましょう。相手も客商売です。そういったトラブルを避けるために、保証期間を設けている美容室もあります。そうなれば無料、あるいは追加料金で染め直ししてくれる場合も少なくありません。

美容院では美容師との髪型や髪色の共有が重要

スーパーなどの小売業はモノを売っています。それを買う消費者は事前に目でみて商品を選ぶことができます。

しかし、美容院はサービス業です。目で見ることのできない、形のないサービスを売っているのです。そのため、それを買う消費者は事前に目で見てサービスという商品を選ぶことができません。このことが、ヘアカラーを巡るトラブルの原因ともなっています。

こういったトラブルを避けるには、髪型や髪色について美容師と共有しておくことがなによりも重要となってきます。たとえば、髪色を指定する場合、「ちょっと明るめにして」といわれてもお客と美容師の解釈はどうしても違ってきます。具体的な色を指定する場合も同じです。美容師が目で見て確認できないと、髪型や髪色は共有できないのです。

そういときは、写真を持って行くのが良いでしょう。自分がなりたい髪型や髪色の写真です。それは、雑誌を切り抜いたものでも良いでしょう。あるいは、携帯等で撮った写真でもいでしょう。そういったものがあれば、自分のイメージに近い仕上がりになるでしょう。

カラーリングの色を長持ちさせる方法

美容師のスキルによって、髪の色がもつ長さは大きく変わってきます。特に染料を使う量や髪を乾かす時間などは、その日の天候や客の髪質によっても変わってくるでしょう。それをいかに見極められるかにかかっているのです。

では、美容師まかせで客はなにもできないのでしょうか。そんなことはありません。カラーリングの色を長持ちさせるには、その後のケアも重要になってきます。担当してくれている美容師に自分の髪質に合った髪の手入れ方法を教えてもらうと良いでしょう。

まとめ

カラーリングするのにもいくつかの方法があります。まず、それらのメリットとデメリットを理解しましょう。そして、美容師に頼むときは写真などを使って具体的な指定をして美容師とイメージを共有しましょう。そうすれば、自分のイメージに近い仕上がりになるでしょう。また、髪の色を長持ちさせるのは、その後のケアも重要になってきます。

これらができれば、あとはカラーリングを思う存分楽しむことができるでしょう。たまには大胆にイメチェンして彼氏や周りを驚かせてみませんか。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ