話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

職場の先輩へのLINEで迷惑だと思われてしまうメッセージ

2016.3.20

みなさんは職場の先輩とLINEのメッセージをやりとりしたことはありますか?

自分では何気なくメッセージを送ったつもりでも、もしかしたら先輩に迷惑だと思われているなんて事もあるかもしれません。

そこで今回は職場の先輩へのLINEで迷惑だと思われてしまうメッセージを紹介します。

仕事中の先輩にLINEを送るのは迷惑

メールよりも気軽にメッセージを送れるのがLINEのいいところですが、先輩の都合を考えずにメッセージを送ってしまうと、迷惑だと思われても仕方がありません。

仕事のやりとりをLINEでしているのなら仕方がありませんが、仕事中にプライベートなLINEを送るのは自分の評価を下げる可能性が高くなるということを覚えておきましょう。

会社用の携帯があって、仕事中はプライベートの携帯をロッカーやカバンの中にしまっているのであれば、まだ平気かもしれませんが、自分の携帯を仕事でも使用しているのであれば、仕事関係のメールや電話がくる可能性もあるため、電源をオフにしたりサイレントにするわけにもいきません。

そんな中であなたからの仕事とは全く関係のないLINEが届いたりしたら、就業中にもかかわらず何をやっているんだと幻滅されても仕方ありません。

さらに、頻繁に何度もメッセージを送ったりしたら、仕事に集中することもできずうんざりしてしまう事でしょう。

いくら気軽にメッセージの交換ができるLINEでも、相手の事を考えることができなければ、自分の評価を落としてしまうだけですよ。

先輩は友達じゃない事を忘れるな!

ある程度先輩と打ち解けてきたら、ついついやってしまいがちなのが友達に送るような文面で先輩にLINEのメッセージを送る事です。

絵文字やスタンプなどを送るのも、先輩があなたに使ってくるのだったらかまわないかもしれませんが、そうでなければなるべく使用しない方がいいでしょう。

また、中にはメッセージを一文ずつ細切れにして送る人もいると思いますが、細かく何度も送ってくるくらいならちゃんと文章をまとめて送ってほしいと思う人も多いでしょう。

特に男性の先輩であれば、早く本題に入ってほしいのになかなか要点が分からずイライラしてしまう可能性もあります。

あなたが先輩とお付き合いしているのでしたらかまわないかもしれませんが、ただの職場の先輩後輩の関係で、このようなLINEを送っていたら、めんどくさい奴だと思われていつの間にか嫌われてしまうかもしれません。

先輩へのLINEを送る時は、メールで送る文章の様に、絵文字やスタンプは避け、敬語でまとまった文章を送るのが良いでしょう。

迷惑な時間にLINEを送らない

メールやLINEといったツールは電話と違い、受け取ったその瞬間に確認をしなくても、いつでも自分の好きなタイミングでメッセージを確認することができるのがひとつのメリットです。

だからと言って、職場の先輩にLINEを送るのはいつの時間でもいいかというとそういうわけではありません。

友達とのLINEのやり取りであれば、真夜中などにメッセージを送る事もあるかと思いますが、先輩や目上の人に対しては基本的に深夜や早朝などの相手の迷惑になるであろうと予想される時間は避けるようにする必要があります。

自分が普段から就寝時間にはサイレント機能を使っているから気にならないという人もいるかもしれませんが、それを相手に強要するわけにはいきませんし、そもそも緊急でもないのに真夜中にメッセージを送る必要はありませんよね?

どうしても今すぐ先輩と連絡を取らなくてはいけないような休養があるのであれば、LINEではなく電話をかけるようにした方が確実に用件を伝える事ができるでしょう。

先輩から好感をもたれるLINEのメッセージ

ここまで先輩に迷惑だと思われてしまうLINEのメッセージを紹介してきました。

よくよく考えれば当たり前の事ばかりですが、気軽にやり取りができるLINEだからこそついうっかりとやってしまいがちな事ばかりでしたね。

ここからは、どういったLINEの使い方が先輩から好感をもたれるのかを紹介していきたいと思います。

先輩から最も好感を持たれるのはやはりレスポンスの速さです。

LINEはメールと違い、既読したかどうかが相手に分かってしまいます。

先輩から届いたメッセージを既読して返事を後回しにしてしまうようでは、先輩の印象は悪くなってしまっても仕方がありません。

だからと言っていつLINEを送ってもすぐ返信するようではちゃんと仕事をしているのか疑われてしまう可能性もあります。

自分が取り込み中ですぐに返信ができない時はLINEのメッセージは未読のままにしておき、手が空いたらすぐに内容を確認し、既読後なるべく早くレスポンスすることが好感度アップのポイントになります。

細かな気配りや気遣いも大事

先輩とのLINEのやりとりで好感度があがるのは、何も仕事のやり取りだけとは限りません。

例えば仕事で何かフォローしてもらった時や、飲み会に行った後などに、感謝とお礼のLINEを送れば、あなたに対しての先輩の好感度はアップすること間違いなしでしょう。

また、体調不良などで会社を休んだ先輩に対して体を気遣ったLINEを送ったり、地震などの災害時に先輩の安否を心配するLINEを送るのも、効果は抜群です。

このように、相手に対してどれだけ敬意を払って気配りや気遣いができるのを考えてLINEを使うことが、先輩に気に入ってもらうための近道です。

先輩へのLINEは迷惑にならないように気を付けて、上手に使って自分の評価を上げられるようにしましょう。

普段お世話になっている先輩の誕生日に、「お誕生日おめでとうございます!まだまだ未熟な私の事をいつも気遣いフォローしてくれてありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。」というように、お祝いと感謝の気持ちを込めたメッセージを送ってみるのもいいと思いますよ。

 - 仕事