最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

職場の雰囲気に馴染めない…解決方法は自分から行動すること!

      2016/06/07

職場の雰囲気に馴染めない…解決方法は自分から行動すること!

新しい職場に初めて足を踏み入れる時

その職場の雰囲気に馴染めるかどうか不安になるものですね。

いち早く職場に馴染むための方法等についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


女性は特に職場の雰囲気を重視する

女性の労働力活用が急務となる中、企業の採用力を上げること、円滑な就業環境を提供することは欠かせません。そこで、仕事探しをしている女性に「職場の雰囲気」について意識調査を行いました。
転職活動の際に「職場の雰囲気」を重視しますかという質問に対しては、90%の方が「重視する」と回答。特に20代女性は「非常に重視する」という回答が52%と半数を超え、「職場の雰囲気」への関心度の高さが伺えます。具体的にどのような職場の雰囲気を「良い」と感じるかについては「挨拶がきちんと交わされている」(88%)、「互いに助けあっている」(82%)の2点が、圧倒的支持を集めました。

職場の雰囲気をイメージしやすい情報は「一緒に働く人の様子」が全年代を通して過半数を超えました。またそんな職場の雰囲気を知るための具体的な情報源は、選考中に直に接点を持つ「面接官」や、選考を通じて体感する「企業の対応」が全年代を通して高い結果に。「職場の雰囲気を非常に重視する」と答えた割合の高い20代で顕著だったのは、イメージする情報源として「ネットやリアルで聞く社員の口コミ」を他の年代以上に重視する傾向です。企業がより良い人材を採用するために、正直・詳細な情報開示の姿勢と、現在働く社員の満足度向上が欠かせません。

引用元-−-THE HUFFINGTON POST

いい雰囲気の職場=つまり自分の性格に合っているか否か

社風という言葉は、その会社が持っている風土や雰囲気とでも言い換えられると思いますが、そうした社風や雰囲気に馴染めなくて…という言葉は、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

では、社風とは一体、どうやってできるのでしょうか?

会社の生い立ちや創業社長の影響、地域性などがあると思いますが、その背景にあるのは、そこで働く人たちの人間関係が醸成されて作り上げられているものだと感じています。

例えば、良い社風と言われれば、明るくて、人間関係がスムーズな職場を連想しやすいですし、社風が良くないと言われれば、あまり優しくなさそうな労働環境で人間関係がギクシャクしてそうなことを連想しやすいのではないでしょうか…。

もちろん、社風のいい・悪いが本人にとって、必ずしも人間関係の良し悪しにつながるわけではないと思いますが、本人にとってみれば、自分が働く職場の人間関係がよくなければ、

社風に馴染めない…

(自分にとっては)社風がよくない…

となってしまってもおかしくありません。

筆者はこれまで、国内外の様々な企業を渡り歩いてきましたが、体育会系の社風の企業、ロジカルな理系な社風の企業、まったり文化系の社風の企業など、まさにその社風を作っているのは、そこで働いている人たちが醸成しているもので、そして、自分の性格や価値観とマッチするかどうか、もっと言えば、その職場の人たちとの人間関係がスムーズなものであるかどうかが、とても重要だと感じました。

引用元-−-好かれる人嫌われる人

職場に溶け込むために意識すべきこと

CSS_csdesagyousurujyosei1292500-thumb-808x500-3887

自発的に行動する
新人の状態だと、何かと遠慮してしまって受け身体質になってしまうことが多いです。しかし、それだと仕事が覚えられませんし、言われたことしかできないというレッテルを貼られてしまいます。

なので、自分から仕事を見つけて、どんどんこなしていくクセを付けましょう。自分から質問をして、積極的に仕事を行うようにしてください。そうすれば、同僚からの信頼関係も強くなっていくはずです。

遅刻や早退をしない
入社してすぐは、遅刻や早退をしないのが基本です。急病などのやむを得ない事情があれば別ですが、基本的には定時に出勤をするようにしてください。特に、遅刻が多い人は、信頼関係が崩れてしまいがちです。ですから、絶対に遅刻はしないと心に留めておいてください。

そして、同僚が残業や休日出勤をしているのであれば、自分も出来るかぎり合わせるようにしましょう。出来る仕事が無かったとしても、積極的に手伝う姿勢を見せるということが大切です。

前職でのプライドは捨てる
同じ業種での転職だとしても、会社によって仕事のやり方は違っているものです。なので、前の職場でのやり方を、周りに強制することはやめにしてください。組織の和を乱してしまうことになるので、今の職場のやり方に合わせることが大切です。

また、前職で実績を出していたからといって、それをあからさまに自慢するのも止めた方が良いでしょう。ちゃんと信頼関係ができていないうちは、謙虚な気持ちを忘れないようにするのがポイントです。

その会社の文化を尊重する
どんな会社であっても、昔から受け継がれている文化が存在しています。無駄と思えるような朝礼や会議が、毎日行われていることも不思議ではありません。しかし、それがその会社の文化なのであれば、自分から吸収して溶け込んでいくことも必要です。

そういった慣習を無視すると、職場で浮いた存在となってしまいます。なので、1日でも早く会社に馴染むために、会社の文化を受け入れるようにしましょう。

引用元-−-転職を成功させるためのサイト!〜転職エージェントを使い倒せ〜

まずは自分から挨拶をしてみよう

まずは『あいさつ』です。

あいさつはコミュニケーションの基本ですね。
基本だからこそ、意識して丁寧に行ないましょう。

具体的に言いますと、次のことを意識してあいさつを行うようにしましょう。

・自分から
・相手の目を見て
・笑顔で
・元気に

『目は口ほどに物を言う』という言葉がある通り、目線はコミュニケーションで大きな役割を果たしています。
目線を送るということは、「あなたに興味がある」ということをメッセージとして送ることになります。

そして、自分からあいさつすることで、相手に安心感などを与えることができます。

笑顔も大切です。
なぜなら、あなたの気持ちや雰囲気は伝播するからです。
赤ちゃんの笑顔を見ていると、幸せな気持ちになったり、いつの間にかこちらが微笑んでいることに気付いた経験があると思います。
逆に、目も合わさずぶすっとした顔の人に好感を持つ人はまずいません。

人間のコミュニケーションには言語(バーバル)と非言語(ノンバーバル)のものがあり、非言語で発する、あるいは受け取る情報量は実は全体の80%以上にものぼるという研究データがあるほどです。
目線や笑顔という、言葉以外の要素が、相手との距離を縮めるのに大切な役割を担っているのです。

引用元-−-健康Salad

そして積極的に、自分から動く

転職したらまず、自分から積極的に職場の中に溶け込む努力をしていかないと、時間がたつごとに浮き足立ってしまって、仕事が面白くなってこないんですよね。

どこでもそうですが、仕事をするときは人に言われる前に、自分から積極的に動くことが大切です。

特に転職で、環境がガラリと変わったときなどは、そのことをより意識していかないと、まわりから浮いた存在にもなりかねません。

仕事をはやく覚えるという意味でも、そこで人間関係を作っていくという意味でも、まわりの人を頼って、自分からいろいろと質問していく態度が、重要なのです。

人は、頼りにされると親身になって面倒を見てあげたくなるものです。

ちょっと性格のキツい人でも、人から頼りにされてうれしくないわけがないですから。

いろいろと質問したり、または相談事を聞いてもらったりと、入社後の甘えることが出来る時期にできるだけこうしたコミュニケーションをとっておくと、その後も職場の人も心を開いてくれるはずです。

何か教えてもらったら必ず、笑顔で「ありがとうございました!」とお礼を言えば、さらに好印象!

引用元-−-内定を取るための就活の方法を徹底解説

逆に馴染めない自分を受けいれる

職場に馴染めないと思っている際に大切なことの1つは、自分自身を異端な存在と見なさず、自分を受け入れるということです。ここでは自分を受け入れるための4つの法則をご紹介します。

1、ごちゃごちゃ考えるのを止める
なかなか馴染めないとき、どのように職場に馴染めばいいのかを考えてしまいがちですが、考えすぎはいけません。

2、人は皆同じである
人は皆、同じ活力や愛情を持っています。表紙だけで本の価値を判断できないように、うわべだけでその人は判断することはできないはずです。馴染めないと思っているあなた自身も周囲をうわべだけで判断しないようにしましょう。

3、与えて、与えられる
自分が周囲と違うという理由でネガティブな感情を放っていませんか? こういうときは、反対に自分が周囲と違うという理由でポジティブな感情を発してみるのです。ポジティブな感情は相手に伝わり、ポジティブな感情をあなたに与えてくれます。

4、真の情熱を持つ
情熱を持っている人は、自分にとって重要な物事に集中します。いくら欠点があると言われても、そこには目がいきません。真の情熱を持つことで、1つのことに集中すれば、周囲の視線を考えず自分を出すことができます。

自分自身に対してのプラス思考をいかに生み出すかを考える。これは極めて建設的であるといえます。
周囲の目を気にしすぎて才能が埋もれてしまうのは非常にもったいないことです。
今の職場に馴染めないと思ったときは、気にせず自分をポジティブにとらえてみることからはじめてみてはいかがでしょうか。

引用元-−-新刊JP

ただ、適応障害になることも…

「学校でいじめられて、学校にいけなくなった」

「職場で人間関係がストレスに感じ、仕事に集中できない」

このような状態の人は、適応障害である可能性があります。

適応障害は、外因性(環境要因が大きい)の精神疾患です。

WHO(世界保健機構)の作った診断ガイドラインであるICD-10によると、「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されています。

ですが、ストレスが原因といわれると、なんだか曖昧ですよね。

ある嫌な出来事に対して、受けるストレスは人によって異なると思います。

ある人にはどうということはなくても、ある人にとっては非常に傷つく出来事であったかもしれません。

ある人にはここちの良い環境でも、ある人にはいるだけでも耐え難い環境であったかもしれません。

このように、適応障害とは、一人ひとりのものの感じ方やストレス耐性に大きく左右される障害です。

ですが断っておきたいのは、これは決して、適応障害になった人に原因があるというわけではありません。

だれしも苦手な分野や限界値はあるものです。

それは人それぞれ違うのですから、もし自分が悪いんだと考えている方がいましたら、そんなことはありません。

自分が限界だと感じ、もうどうにもならないと感じたら、自分を律するのではなく、自分を休ませてあげてください。

引用元-−-戦士の休息

万一適応障害になった場合は、適切な相手に相談を

適応障害の治療、克服には、2つの方向があるということになる。1つは、不適応を生じている環境の問題を解決したり、ストレスに対する耐性を高めて、不適応を克服し、その環境で支障なく生活できるようにもっていくという方向である。もう1つは、合わない環境からできるだけ早く離れて、その人に適した環境に移ることで、新たな環境での適応を図るという方向である。

職場や学校で適応障害を起こしたという場合、どちらの方向を方針に据えるかということが重要になる。通常は、まず不適応を克服するという方向で支援し、どうしてもうまくいかないという場合、環境を変えるという方針に切り替える。合わない環境にしがみつこうとして、ダメージが大きくなってしまうというケースがこれまでは多かった。ところが、最近は、見切りが早すぎるというケースも目立つ。確かに、それで病状が深刻化することは防げるが、困難や試練を乗り越える粘りや抵抗力がつかないという難点もある。厭なことがあっても、それを乗り越える努力も、ある程度必要だと言えるだろう。

そのために重要になるのが、次の2つの点である。1つは、生じている問題を解決することであり、もう1つは、ストレスに対する耐性を高めることである。ただ、問題を解決する能力をすぐに高めることは難しい。ことに適応障害を起こして、うつになっているときには、なおさらだ。

ただ、そういう場合にもできることがある。実は、問題を解決する能力を左右する上で重要な要素は、他の人に相談できるかどうかなのである。相談することができれば、問題解決能力は格段に高まる。ところが、問題解決が苦手な人ほど、自分だけで何とかしようとする。自分の弱みを見せて相談するのが苦手な人ほど、適応障害を起こしやすい。

したがって、まず実践したいのは、問題や支障が起きたら、適切な相手に相談するということだ。適応障害を起こしている場合には、このことがとくに重要になる。問題の解決を、第三者に頼らざるを得ないのが普通だからだ。自分でどうにかなっているのなら、そこまで追い詰められてはいない。今こそ、誰かに頼るときなのだ。他の人に問題解決を助けてもらうことを、恥ずかしがったり引け目に思う必要はない。それよりも、自分だけで抱え込んだまま潰れてしまうほうが、ずっと恥ずかしいと思うべきだ。

引用元-−-PHPビジネスオンライン衆知

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ