最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

職場の飲み会に不参加でも仕事が影響がでない方法

   

職場の飲み会に不参加でも仕事が影響がでない方法

日本人は元々親愛を表す態度というのが苦手です。

欧米人であれば、握手やハグ、キスなどで親愛を表しますが、ボディタッチは日本人の文化には合いません。

その代わり、飲み会や温泉、一緒に食事を取ることを重要視します。

いわゆる「飲みにケーション」「裸と付き合い」「同じ釜の飯を食う」という事です。

つまりこれらは日本人特有のコミュニケーションツールなのです。

しかし飲み会が苦手な人にとって苦痛でしかない「飲みにケーション」。

不参加でも、職場でレッテルを張られない方法をご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

彼氏に質問やLINEを無視される。そんな時の男性心理とは

彼氏に質問やLINEを頻繁に無視されてしまう。

スポンサーリンク


職場の飲み会に不参加でも失礼にはならない

平成の時代になって、やっと「職場の飲み会」=仕事の延長という考えから徐々に解放されています。飲み会=希望者の集まりという考え方が定着しつつありますので、不参加でも決して失礼ではないのです。

それは当然ですよね。だって、勤務時間外に上司の話しを聞かされて、あちこち気を使ってお酒を飲むのは決して楽しいことではありません。 仕事は仕事、プライベートはプライベートというライフスタイルが確立してきたからでしょう。

ただし注意が必要な飲み会があります。
まずは歓送迎会、そして何らかの理由で会社がお金を負担している飲み会(例えば打ち上げ等)、については参加した方がいいかもしれません。

仮にあなたの歓送迎会でなくても、職場の誰かの歓送迎会であれば、参加者が少ないととても侘しいものになってしまいます。その主役になった人はとても悲しいと感じるかもしれません。また会社がお金を負担した飲み会というのは、社員の慰労という面があるので、やはりそれなにり人数がいないと恰好がつきません。この場合は参加した方が無難です。

職場の飲み会に不参加で仕事に影響が出るかは上司次第

確かに最近は、公私は区別するライフスタイルが当たり前になっていますが、それでも上司によっては「飲みにケ―ション」信者の人がいます。

その人にとって「飲みにケ―ション」は部下と関係を構築するための必要なツールなのです。そしてその構築をはじめから拒否する人間は、上司のとっては「職場の輪を乱す」「協調性のない」人間と感じられるのです。

そういった上司にとって上司から誘われた飲み会は余程のことが無い限り、断ってはいけなくて、断るにも明確な理由を欲します。そして、その理由が上司のとって重要と思わなければ、あなたが自分を軽視していると感じるようになります。

あなたに対してネガティブな感情を抱いていれば、仕事に影響が出るのは当然です。上司にとって、あなたは他人行儀で、何を考えているか判らない、つまり信用できない人物になってしまうのです。

「飲みにケ―ション」信者の上司の場合、仕事のミスは時として致命的になります。あなたも信者になるか、ミスをしないように日々注意する事が必要です。

出世できないのは職場の飲み会に不参加だからではない

例え「飲みにケ―ション」信者の上司であって、あなたがいつも飲み会に不参加だったっとしても、仕事が出来ていれば、普通に評価はしてくれます。

もし仕事の評価が低いのであれば、本当に仕事が出来ないと思われているか、協調性がないかと思われているかです。

飲み会の出席率=協調性の高さと考えている上司はさすがにいないでしょう。ただ、飲み会に参加しなくても、協調性をアピールする方法はたくさんあります。それを怠った場合は、飲み会の不参加も効いて、「協調性がない」と判断されるケースはあるでしょう。

職場で協調性がないと感じさせる一番の理由は「人の話しを聞かない」場合です。仮にあなたの方が仕事に詳しくても、人の話に被せるように話したり、遮ったりするととても自分勝手な印象となります。

また部署内や他部署との人とのトラブルが絶えないというのはやはり「協調性の欠如」と思われても仕方ありません。

仕事はできるのに、中々昇進できない場合は一度職場での自分の態度を振り返ってみた方がいいでしょう。

職場の飲み会に不参加でも付き合いが悪いと思われない方法

それは日頃、どう職場の人とコミュニケーションを取っているかによります。普段キチンとコミュニケーションが取れている人の場合は、飲み会に不参加でも、付き合いが悪いとは思われません。

ではどういったコミュニケーションが必要なのでしょうか?

まずは挨拶です。たとえ人と話すのが苦手な人も、挨拶は笑顔で元気よくしていれば、そらだけでカンジよく見られます。中々人の輪に入るのが苦手という人は、話の輪の中で、とりあえず他の人の話しに相槌を打つ事を心がけましょう。その時ちょっと大げさなくらいリアクションをすると、自分が話さなくても「あなたの話しを聞いているアピール」が出来ますので、話している人も気分がいいものです。

世の中には自ら進んで話したがる人はたくさんいいますが、以外にも人の話しを聞いていくれる人というのは少ないのです。いい話の利き手というのは貴重な存在です。

もしあなたが人と話すのが苦手というのであれば、人の話しを聞く事で、コミュニケーションを取るという方法がオススメです。

そういった積み重ねが、たとえ飲み会不参加でも職場で浮かないコツになります。

職場の飲み会を上手に断る方法

自分に置き換えて考えるのが一番です。

もしあなたが誰かを誘って断われるとしたら、どんな理由で断られたら納得しますか?
普通、誰かを誘って断られれば、やはり傷つくものです。しかしその理由が、やむを得ない理由であれば、納得して心の傷を癒す事が出来るのです。

逆に頭に来るのは、大した用事がない時です。「いや、今日見たいドラマがあるので…」「ちょっと買い物に行きたいので…」と言われれば、ドラマや買い物の方が、自分より重要なのか?とムッとしますよね。真実がいつも正しいとは限らないのです。

例えば家庭のある人でしたら、「子供が待っているので」「妻(夫)が帰りが遅いと怒るので」なんて断り方でしたら、仕方ないと感じる人も多いでしょう。だっていくらなんても家族より自分を優先しろとは言えないですから。

また独身の人は何か習い事をしているので無理というのも一つの手です。何せ習い事ならすでにお金を払っているから、そのお金を無駄にしろとは言い出しにくいものです。

ただし習い事もしていないのに、していると嘘をつくと後が苦しくなるので、理由にする場合は習い事はをした方がいいかもしれません。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ