最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

職場の飲み会に不参加でも仕事が影響がでない方法

   

職場の飲み会に不参加でも仕事が影響がでない方法

日本人は元々親愛を表す態度というのが苦手です。

欧米人であれば、握手やハグ、キスなどで親愛を表しますが、ボディタッチは日本人の文化には合いません。

その代わり、飲み会や温泉、一緒に食事を取ることを重要視します。

いわゆる「飲みにケーション」「裸と付き合い」「同じ釜の飯を食う」という事です。

つまりこれらは日本人特有のコミュニケーションツールなのです。

しかし飲み会が苦手な人にとって苦痛でしかない「飲みにケーション」。

不参加でも、職場でレッテルを張られない方法をご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


職場の飲み会に不参加でも失礼にはならない

平成の時代になって、やっと「職場の飲み会」=仕事の延長という考えから徐々に解放されています。飲み会=希望者の集まりという考え方が定着しつつありますので、不参加でも決して失礼ではないのです。

それは当然ですよね。だって、勤務時間外に上司の話しを聞かされて、あちこち気を使ってお酒を飲むのは決して楽しいことではありません。 仕事は仕事、プライベートはプライベートというライフスタイルが確立してきたからでしょう。

ただし注意が必要な飲み会があります。
まずは歓送迎会、そして何らかの理由で会社がお金を負担している飲み会(例えば打ち上げ等)、については参加した方がいいかもしれません。

仮にあなたの歓送迎会でなくても、職場の誰かの歓送迎会であれば、参加者が少ないととても侘しいものになってしまいます。その主役になった人はとても悲しいと感じるかもしれません。また会社がお金を負担した飲み会というのは、社員の慰労という面があるので、やはりそれなにり人数がいないと恰好がつきません。この場合は参加した方が無難です。

職場の飲み会に不参加で仕事に影響が出るかは上司次第

確かに最近は、公私は区別するライフスタイルが当たり前になっていますが、それでも上司によっては「飲みにケ―ション」信者の人がいます。

その人にとって「飲みにケ―ション」は部下と関係を構築するための必要なツールなのです。そしてその構築をはじめから拒否する人間は、上司のとっては「職場の輪を乱す」「協調性のない」人間と感じられるのです。

そういった上司にとって上司から誘われた飲み会は余程のことが無い限り、断ってはいけなくて、断るにも明確な理由を欲します。そして、その理由が上司のとって重要と思わなければ、あなたが自分を軽視していると感じるようになります。

あなたに対してネガティブな感情を抱いていれば、仕事に影響が出るのは当然です。上司にとって、あなたは他人行儀で、何を考えているか判らない、つまり信用できない人物になってしまうのです。

「飲みにケ―ション」信者の上司の場合、仕事のミスは時として致命的になります。あなたも信者になるか、ミスをしないように日々注意する事が必要です。

出世できないのは職場の飲み会に不参加だからではない

例え「飲みにケ―ション」信者の上司であって、あなたがいつも飲み会に不参加だったっとしても、仕事が出来ていれば、普通に評価はしてくれます。

もし仕事の評価が低いのであれば、本当に仕事が出来ないと思われているか、協調性がないかと思われているかです。

飲み会の出席率=協調性の高さと考えている上司はさすがにいないでしょう。ただ、飲み会に参加しなくても、協調性をアピールする方法はたくさんあります。それを怠った場合は、飲み会の不参加も効いて、「協調性がない」と判断されるケースはあるでしょう。

職場で協調性がないと感じさせる一番の理由は「人の話しを聞かない」場合です。仮にあなたの方が仕事に詳しくても、人の話に被せるように話したり、遮ったりするととても自分勝手な印象となります。

また部署内や他部署との人とのトラブルが絶えないというのはやはり「協調性の欠如」と思われても仕方ありません。

仕事はできるのに、中々昇進できない場合は一度職場での自分の態度を振り返ってみた方がいいでしょう。

職場の飲み会に不参加でも付き合いが悪いと思われない方法

それは日頃、どう職場の人とコミュニケーションを取っているかによります。普段キチンとコミュニケーションが取れている人の場合は、飲み会に不参加でも、付き合いが悪いとは思われません。

ではどういったコミュニケーションが必要なのでしょうか?

まずは挨拶です。たとえ人と話すのが苦手な人も、挨拶は笑顔で元気よくしていれば、そらだけでカンジよく見られます。中々人の輪に入るのが苦手という人は、話の輪の中で、とりあえず他の人の話しに相槌を打つ事を心がけましょう。その時ちょっと大げさなくらいリアクションをすると、自分が話さなくても「あなたの話しを聞いているアピール」が出来ますので、話している人も気分がいいものです。

世の中には自ら進んで話したがる人はたくさんいいますが、以外にも人の話しを聞いていくれる人というのは少ないのです。いい話の利き手というのは貴重な存在です。

もしあなたが人と話すのが苦手というのであれば、人の話しを聞く事で、コミュニケーションを取るという方法がオススメです。

そういった積み重ねが、たとえ飲み会不参加でも職場で浮かないコツになります。

職場の飲み会を上手に断る方法

自分に置き換えて考えるのが一番です。

もしあなたが誰かを誘って断われるとしたら、どんな理由で断られたら納得しますか?
普通、誰かを誘って断られれば、やはり傷つくものです。しかしその理由が、やむを得ない理由であれば、納得して心の傷を癒す事が出来るのです。

逆に頭に来るのは、大した用事がない時です。「いや、今日見たいドラマがあるので…」「ちょっと買い物に行きたいので…」と言われれば、ドラマや買い物の方が、自分より重要なのか?とムッとしますよね。真実がいつも正しいとは限らないのです。

例えば家庭のある人でしたら、「子供が待っているので」「妻(夫)が帰りが遅いと怒るので」なんて断り方でしたら、仕方ないと感じる人も多いでしょう。だっていくらなんても家族より自分を優先しろとは言えないですから。

また独身の人は何か習い事をしているので無理というのも一つの手です。何せ習い事ならすでにお金を払っているから、そのお金を無駄にしろとは言い出しにくいものです。

ただし習い事もしていないのに、していると嘘をつくと後が苦しくなるので、理由にする場合は習い事はをした方がいいかもしれません。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ