話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

肩甲骨のマッサージ!痛みの原因と正しいほぐし方

2015.12.18

肩甲骨周りが痛いと感じたことがある人は多いと思いますが、その原因は様々だという事を知っていましたか?

場合によっては病院で検査を受けないといけない危険性もあるので注意が必要です。

今回は肩甲骨周りに痛みを感じる原因と正しいマッサージの方法を紹介したいと思います。

肩甲骨に痛みを感じる原因

肩甲骨が痛いと感じる原因はいくつか考えられます。

まず考えられることは、普段の姿勢が悪いことが原因で肩甲骨に痛みが出ている可能性です。

肩甲骨は姿勢が悪くなると負担がかかりやすい場所です。その為、猫背などの悪い姿勢は肩甲骨全体に痛みが出る原因となります。

また、姿勢の悪さは内臓を圧迫してしまい、内臓がダメージを受けた事で肩甲骨に痛みが出る事もあります。

さらに、意外なことかもしれませんが、肩甲骨の痛みの原因が肩甲骨以外の部位にあるということも考えられます。

身体の神経はつながっているため、腰や肩、手などが痛みの原因だったのにもかかわらず、その痛みが肩甲骨に出てくることもあるのです。

このように、肩甲骨が痛いからと言ってただ闇雲にマッサージやストレッチをすれば解消されるわけではありません。

肩甲骨の痛みの原因が何なのかをきちんと理解して、正しい対処法ができるようにしなくてはいけません。

まずは痛みの原因を知るためにも整体や接骨院の積極的な利用をしてみるのもいいと思いますよ。

肩甲骨のコリに効果的なマッサージ

肩甲骨がガチガチにコリ固まっていて痛いという時に効果的なマッサージだと言われているものの一つに、肩甲骨はがしというものがあります。

肩甲骨はがしというネーミングから、どうしても痛そうだとか怖いイメージを持ってしまう人もいるかと思いますが、実際は肩甲骨を動かすストレッチの事なので、心配しなくても大丈夫です。

一番簡単な方法は床に足を伸ばして座り、後方に肘を伸ばして両手をつき、腕に体重を乗せるようにします。この時に、肩の力は抜いて方が押し出されて上がるようにすると、肩甲骨が動いてくれるのでストレッチになります。

また、四つん這いになり、息をゆっくり吐きながらお尻を後方へ引いていきます。この時に手は最初についていた位置からずらさないように前に伸ばしたままにしておき、腕の間に頭をしまいこむようにして背中を伸ばします。ちょうど猫が前脚を前に伸ばしてストレッチしている姿をイメージするといいでしょう。

この肩甲骨はがしは、肩甲骨周りのコリはもちろんですが、それ以外にも猫背やバストアップにも効果があるので覚えておくといいと思います。

肩甲骨以外にも痛みを感じる場合

肩甲骨が痛いと感じる原因で注意してほしいのは、内臓疾患によるものです。

胆のう内に結石ができてしまう胆石症や胆のう炎などの疾患の場合、右側の肩甲骨周りに痛みが出てくる可能性があります。

また、内臓疾患以外にも神経の病気が原因で痛みが出る事もあります。

いつまで経っても痛みが取れず、肩甲骨だけでなく肩や背中全体にまで痛みが出ているようでしたら、ただのコリではなくて病気が原因だということも考えられますので、一度病院で検査を受けることをオススメします。

そして、右側の肩甲骨が痛む場合ですが、これもただのコリならいいのですが、注意しなければいけない場合があります。

それは変形性頸椎症という、椎間板などが変形したりして脊髄を圧迫してしまい、それが痛みの原因となっているケースです。

これは姿勢の悪さによる身体の歪みがきっかけだということも考えられますが、老化が原因でも起こります。

この場合は肩甲骨周りだけでなく左側の腰や背中といった場所も痛くなる可能性があります。

普段から姿勢が左寄りに傾いている人は注意が必要です。

また、ストレスが原因でも左側の肩甲骨に痛みが出る事もありますので、どちらにしても日常の生活を見直してみる必要があるでしょう。

肩甲骨の内側に痛みを感じる原因

肩甲骨周りが痛いというだけではなく、肩甲骨の内側が痛むという人もいますが、そんな人達はどれだけマッサージをしてみても一向に良くなる気配がない事に悩んでることも多いと思います。

肩甲骨の内側にまで痛みが出ているという事は、相当コリ固まってしまっていてガチガチになっていることによって筋肉が炎症を起こしている状態だと考えられます。

そうなってしまうともう肩甲骨を少し動かしたくらいでは痛みが解消されることはありません。

まずはこれ以上余計な事をして筋肉に刺激を与えないように気を付ける必要があります。

そして、そこまでの状態になってしまうと、素人が簡単にどうこうできる状態ではありませんので、できればなるべく早めに整体に行って、専門家に診てもらうとよいでしょう。

しかし、仕事などで毎日忙しく、なかなか整体に行く時間がないためにどうしようもないと頭を悩ませている人もいると思いますので、自宅でタオルを使ってできるマッサージ方法を紹介したいと思います。

タオルを使ったマッサージで肩甲骨の内側をほぐす

慢性的に肩甲骨の内側が痛いという人は、肩甲骨を支えている菱形筋という筋肉が損傷をしていることが考えられます。

この菱形筋は、肩甲骨を動かすうえで重要な役割を持っており、重い荷物を持ち上げたり運搬するような作業で損傷しやすいのが特徴です。

肩甲骨を支える重要な筋肉の為、菱形筋が損傷をしてしまうと肩こりや背中周りのコリの原因となり、肩甲骨の内側が慢性的に痛みを感じるようになります。

この痛みを解消するには整体に行って専門家に診てもらうのが一番ですが、どうしても自宅で何とかしたいのでしたら、タオルを使ったマッサージがおすすめです。

タオルを縦長に折りたたんで結び目を作ったら、それを床に置いてその上に仰向けで寝転がります。

そして両腕を交差させるようにして肩甲骨を開き、丁度結び目の位置が肩甲骨の奥の方に当たるようにすると良いでしょう。

準備ができたらゆっくりと深呼吸をしながら数秒間圧迫し、その後数秒間の休憩をするサイクルを何度か繰り返します。

痛みがある側は多めに圧迫した方が効果的ですが、何事もほどほどが一番ですので過度の圧迫はしないように気を付けましょう。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/propeller2020/status/726328897814458368

 - 健康・病気