最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

胃の薬ムコスタってどんな薬?効果効能や副作用などのまとめ

      2016/06/07

胃の薬ムコスタってどんな薬?効果効能や副作用などのまとめ

胃潰瘍や急性胃炎など、胃の病気に用いられるムコスタ錠についての情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


ムコスタの効果効能

胃粘膜に炎症が起こり、潰瘍が出来てしまう病気として胃潰瘍があります。胃潰瘍が起こると胸の当たりに痛みが発生するようになり、様々な障害が表れるようになります。

これら胃潰瘍を治療するために使用される薬としてレバミピド(商品名:ムコスタ)があります。レバミピドは粘液産生・分泌促進薬と呼ばれる種類の薬になります。

引用元-−-役に立つ薬の情報

ムコスタ錠100mgの作用と効果について

胃粘膜プロスタグランジンE2増加作用や胃粘膜保護作用により胃粘膜傷害を抑制し、胃粘液量や胃粘膜
血流量の増加で血行動態の障害を改善し、炎症を抑え、胃粘膜を修復します。
通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。

引用元-−-QLife お薬検索

【効能A】 胃潰瘍

【効能B】 次の疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善//急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

引用元-−-おくすり110番

別名レバミピド

レバミピド(Rebamipide)は、胃の粘膜を丈夫にすることによって胃酸の刺激から胃壁を守り、胃炎や胃潰瘍を治療するための薬で、ムコスタ錠(Mucosta、登録商標第2330326号)の名で大塚製薬から発売されており、後発医薬品も発売されている。

引用元-−-ウィキペディア

慢性胃炎の治療にも使われます

治療は薬物療法が中心になります。薬物療法は胃酸の分泌を抑制される薬や胃の粘膜を守る薬が使われます。胃の痛みや胃のもたれが強いときは、胃酸の分泌を抑制される薬(アシノン、ガスター、パリエット)や胃の粘膜を守る薬(ムコスタ、セルベックス)を内服します。

引用元-−-新宿駅前クリニック

ムコスタの副作用について

主な副作用として、発疹、かゆみ、薬疹様湿疹などの過敏症状、蕁麻疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

冷汗、血圧低下、呼吸困難
[ショック]
眼と口唇のまわりのはれ、蕁麻疹、呼吸困難
[アナフィラキシー様症状]
のどの痛み、発熱、倦怠感
[白血球減少]
鼻血、歯ぐきの出血、四肢などの皮下出血
[血小板減少]
全身倦怠感、食欲不振、皮膚や粘膜などの黄染(黄色くなる)
[肝機能障害、黄疸]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

引用元-−-All About

ムコスタ錠100mgを服用した場合の副作用として、主なものにはかゆみや発疹、薬疹様湿疹などの過敏症状に加えて蕁麻疹などが挙げられます。

また、ショック性の副作用の初期症状が疑われる冷や汗、血圧の低下や呼吸困難、アナフィラキシー様症状の初期段階である目や口唇の腫れなどが現れる場合があります。

また、のどの痛みや発熱による倦怠感、鼻血や歯茎からの出血、四肢などの皮下出血などが症状に現れた場合は白血球が減少している可能性があります。

さらに、食欲不振や皮膚、粘膜が黄色くなる黄染が見られた場合はムコスタ錠100mg服用に伴う肝機能障害や黄疸を疑います。

ムコスタ錠100mgを服用した後に副作用と思われる症状が現れた場合はすぐに服用を停止し、かかりつけの医師や薬剤師に相談する必要があります。

引用元-−-カラダノート

妊婦、産婦、授乳婦等へのムコスタの投与について

(1)妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場
合にのみ投与すること。
[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]

(2)授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。
[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行
することが報告されている。]

引用元-−-大塚製薬株式会社

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ