最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

胃の薬ムコスタってどんな薬?効果効能や副作用などのまとめ

      2016/06/07

胃の薬ムコスタってどんな薬?効果効能や副作用などのまとめ

胃潰瘍や急性胃炎など、胃の病気に用いられるムコスタ錠についての情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


ムコスタの効果効能

胃粘膜に炎症が起こり、潰瘍が出来てしまう病気として胃潰瘍があります。胃潰瘍が起こると胸の当たりに痛みが発生するようになり、様々な障害が表れるようになります。

これら胃潰瘍を治療するために使用される薬としてレバミピド(商品名:ムコスタ)があります。レバミピドは粘液産生・分泌促進薬と呼ばれる種類の薬になります。

引用元-−-役に立つ薬の情報

ムコスタ錠100mgの作用と効果について

胃粘膜プロスタグランジンE2増加作用や胃粘膜保護作用により胃粘膜傷害を抑制し、胃粘液量や胃粘膜
血流量の増加で血行動態の障害を改善し、炎症を抑え、胃粘膜を修復します。
通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。

引用元-−-QLife お薬検索

【効能A】 胃潰瘍

【効能B】 次の疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善//急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

引用元-−-おくすり110番

別名レバミピド

レバミピド(Rebamipide)は、胃の粘膜を丈夫にすることによって胃酸の刺激から胃壁を守り、胃炎や胃潰瘍を治療するための薬で、ムコスタ錠(Mucosta、登録商標第2330326号)の名で大塚製薬から発売されており、後発医薬品も発売されている。

引用元-−-ウィキペディア

慢性胃炎の治療にも使われます

治療は薬物療法が中心になります。薬物療法は胃酸の分泌を抑制される薬や胃の粘膜を守る薬が使われます。胃の痛みや胃のもたれが強いときは、胃酸の分泌を抑制される薬(アシノン、ガスター、パリエット)や胃の粘膜を守る薬(ムコスタ、セルベックス)を内服します。

引用元-−-新宿駅前クリニック

ムコスタの副作用について

主な副作用として、発疹、かゆみ、薬疹様湿疹などの過敏症状、蕁麻疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

冷汗、血圧低下、呼吸困難
[ショック]
眼と口唇のまわりのはれ、蕁麻疹、呼吸困難
[アナフィラキシー様症状]
のどの痛み、発熱、倦怠感
[白血球減少]
鼻血、歯ぐきの出血、四肢などの皮下出血
[血小板減少]
全身倦怠感、食欲不振、皮膚や粘膜などの黄染(黄色くなる)
[肝機能障害、黄疸]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

引用元-−-All About

ムコスタ錠100mgを服用した場合の副作用として、主なものにはかゆみや発疹、薬疹様湿疹などの過敏症状に加えて蕁麻疹などが挙げられます。

また、ショック性の副作用の初期症状が疑われる冷や汗、血圧の低下や呼吸困難、アナフィラキシー様症状の初期段階である目や口唇の腫れなどが現れる場合があります。

また、のどの痛みや発熱による倦怠感、鼻血や歯茎からの出血、四肢などの皮下出血などが症状に現れた場合は白血球が減少している可能性があります。

さらに、食欲不振や皮膚、粘膜が黄色くなる黄染が見られた場合はムコスタ錠100mg服用に伴う肝機能障害や黄疸を疑います。

ムコスタ錠100mgを服用した後に副作用と思われる症状が現れた場合はすぐに服用を停止し、かかりつけの医師や薬剤師に相談する必要があります。

引用元-−-カラダノート

妊婦、産婦、授乳婦等へのムコスタの投与について

(1)妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場
合にのみ投与すること。
[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]

(2)授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。
[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行
することが報告されている。]

引用元-−-大塚製薬株式会社

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ