最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

自分の性格を面接で聞かれたら?どう回答するのがベスト?

      2016/06/07

自分の性格を面接で聞かれたら?どう回答するのがベスト?

自分の性格について質問される。面接では定番ですが、以外にこれが難しい。

「明るい」「責任感がある」「意志が強い」でも、この回答では印象には残りにくいですよね。

かといって、奇抜な回答は賭けみたいなものです。

どうすれば自分をアピールできるかを考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


自分の性格を面接で聞かれる理由

「あなたの性格をあなた自身はどう思いますか?」

自分の性格に関する質問は、面接の定番です。企業側も、あなたが面接の質問として想定していると考えています。

そのため、質問の回答は、簡潔でかつ明瞭でなくてはいけません。ここでだらだら話しているようでは、それだけでマイナスです。

企業はあなたに何を求めて質問しているのかを考えましょう。

あなたの性格がどうであれ、性格の良し悪し企業はあなたを採用するかを決めるわけではありません。

企業が知りたいのは、あなたの「自己分析」「客観視」「プレゼン能力」です。

自分の性格を説明するのに、当然自己分析が必要となります。

面接の印象とあまりにかけ離れた性格を言い出した場合、それ自体の真贋はともかく、奇異な印象が残ります。

逆を言えば、「正しく自己分析が出来てないのでは?」と疑われる元にもなります。

面接前に自分の印象と他の人の印象が一致しているか、親や友人などに確認しておくべきです。

自分の性格をどう説明する?

前項で「自己分析」について説明いたしました。

「客観視」というのは文字通り、自分を他の人の目線から見た場合です。

つまり、「自分はこう思っているけど、人から見ると自分ってこう見えるだろうな。」ということです。

これは性格を説明する上で、「自己分析」ときっても切り離せない概念です。

あなたが自分の性格はこうであるということを企業側の担当者に説明する上で、その根拠となる部分です。

あなたが「自己分析」と「客観視」を正しくしていれば、たとえ数分の面接でも企業側の担当者が感じていたあなたの印象とそう乖離しないはずです。

あまりそういったことを考えてこなかった人はこれを機会に少し、自分は他人からどのように見られているか気にしてみましょう。

物事を客観的に見るというのは、何をするにも役に立つ考え方です。

特に社会人となるといままでの交友関係にはない人たちと大勢接することになります。

中には相当価値観の違う人もいます。

そういった人と関係を築いていく上で、大切になっていきます。

面接で見られている点は?

質疑応答の内容はもちろんですが、それ以上に見られているのはあなたの態度です。

そこで重要になってくるのは「プレゼン能力」です。

といってもトップセールスマンのような「プレゼン能力」を期待しているわけではありません。

ただ回答の内容のほとんどが、しどろもどろで自分が何を言っているか判らない様では、仕方ありません。

最低限相手に内容が伝わるレベルには達しましょう。

特に、頭で考えた内容を実際口にするのはかなり違います。

「あなたの性格」「志望動機」等、定番の想定質問は事前に自分で口に出してみましょう。

携帯やスマホで自分が話している内容を動画でとって確認するのも有効な手段です。

あなたが企業側の担当者からどう見られるかよくわかりますし、自分の脳内イメージとの違いにびっくりするでしょう。

自分ではすらすら説明しているつもりでも、結構しどろもどろに見えたりします。

また特定の口癖や、意味のない前置きなどにも気づくことができます。

言葉だけでなく、エピソードを追加

「私は責任感があると思います。」
「自分では明るい性格だなと感じています。」
「真面目です。」

これだけでは企業側の担当者の印象に残りません。

エントリーシートや、履歴書に一言として書くならありですが、口頭で説明するのに10秒で終わる内容ではいただけません。

どうして自分がそういう性格と考えたのかという思考のプロセスや、具体的なエピソードを追加するとグっと内容が魅力的になります。

企業側の担当者も当たり前ですが、人間です。

1日何人も面接していれば当然飽きますし、同じような話ばかり聞いては印象も薄くなります。

だからといってあまり奇抜な話をすることをする必要はありませんが、何か少しおもしろい自分の性格にまつわるエピソードなど加えるといいです。

例えば

「私は小さい頃から好奇心旺盛で、色々見たり体験したりするのが大好きです。」

ということなら

「好奇心旺盛すぎて、母と出かけてもいつの間にか私がいなくなり、何度も迷子になってしまいました。」
「でもその経験が生きて、海外旅行でも道に迷わなくなりました」

という感じに、あなたの経験に基づいたエピソードを追加すると、あなたは就活中の学生の一人から、あなたという個人に格上げされます。

自分のネガティブな性格を説明するとき、

長所や短所を聞かれた場合や、ネガティブな部分を説明するときは、必ず自分なりの解決方法を話に織り込みましょう。

例えば「自分は忘れっぽい」という場合、「忘れっぽいので、昔からずっと手帳を愛用しています。とりあえず必ず大切なことはすべて手帳に記入し、朝起きたら必ず手帳を見て、内容を確認します。」

人間だれでも長所と短所があります。

自分の欠点を理解して、それを自分でカバーする方法を持っている人間というのは、無自覚な人よりもずっとしっかりしています。

欠点というのは「自己分析」と「客観視」がないと自分で把握することができませんので、もし自分の性格でポジティブな内容がどうしても出ないなら、無理やりこじつけるよりも、自分の欠点を晒したうえで、自分はそれを理解して、対処しているということをアピールするのも一つの手だと思います。

企業が求めているのは、性格のいい人間ではありません。

仕事のできる人間です。

仕事が出来る人は「自己分析」と「客観視」が出来ている人です。

アピールするのはその部分ということを忘れずに、面接を受けてください。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ