最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

蕁麻疹の原因は疲れ?蕁麻疹と疲れの関係まとめ

      2016/06/07

蕁麻疹の原因は疲れ?蕁麻疹と疲れの関係まとめ

突然発症する原因不明の蕁麻疹。

それってもしかしたら疲れやストレスが原因かも!?

今回は蕁麻疹と疲れの関係をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


そもそも蕁麻疹って?

蕁麻疹とは、蚊に刺された様な膨疹(皮膚の表面がぷっくりと盛り上がって痒みがある)が出来て
徐々拡大して中心部からに平になります。
たくさんの膨疹ができますが、1個1個の膨疹はだいたい2時間位で消えます。
遅れて出来た膨疹は、残ります。
蕁麻疹は、皮疹が無い状態でも専門家は分かります。
蕁麻疹の出来やすい人は、花粉症にもなりやすく
買い物かごやハンドバックで簡単に赤くなったりはれ上がったりします。
この体質があると普通、単独では「かゆみ」のない「毛嚢炎」・「ニキビ(尋常性ざ瘡)」でも
「かゆみ」を伴うことがあります。
蕁麻疹は、膨疹が特徴です。
つまり真皮(皮膚の上から2層目の層)の中の
マスト細胞(ヒスタミンなどのたくさんの顆粒を蓄えている細胞)から
主にヒスタミンその他、ロイコトルエン、SRSなどを放出して痒みを起こしたり、
血管から体液をしみださせ皮膚を膨らませたり、神経を刺激して痒みを出します。

引用元-−-web 皮膚科 top page

蕁麻疹と湿疹の違い

『湿疹(しっしん)』はかゆみと赤いブツブツが体の一部に出来、数日間から1週間ほどの 比較的長いスパン体に残ります。

原因は 金属アクセサリーなどが刺激になったり、普段服用する内服薬の副作用によっても起こります。

『蕁麻疹(じんましん)』も同じように赤くかゆみがでますが「膨らむ」のと、数時間程度で”消える”という点が異なります。

引用元-−-ストレスが引き金の肌荒れの対策法

蕁麻疹の原因を特定するのは難しい

皮膚の下に存在する「肥満細胞」から何らかの刺激で「ヒスタミン」という物質が出ると、毛細血管から血液成分の一部がもれ出て地図状に盛り上がり、かゆみを引きおこす。これは食品や薬品(抗生物質、解熱鎮痛剤など)によるアレルギー、摩擦、急な温度変化などの物理的刺激が原因となることが多い。

「食品では、人間に近い豚肉や牛肉などを食べてもじんましんはあまり起きません。鶏や魚類、甲殻類と、だんだん豚・牛肉から離れるにしたがってじんましんは起きやすくなります。人体が異物と認識してアレルギー反応が起きやすいからでしょう」。

ただ、実際に原因を特定するのは非常に難しく、血液検査などのアレルギー検査をしても多くは「わからない」と言われるという。

「スギ花粉やハウスダストによるアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎は『I型アレルギー』が原因です。じんましんの場合はI型でないことが多いため、血液検査ではあまり陽性になりません。しかし陽性にならなくても、鶏卵を食べると決まってじんましんが出る人は鶏卵が原因ですから、当分の間は鶏卵を避けた方がよいでしょう。原因と思われるものをすべて断(た)っても、じんましんの症状がおさまらない場合は、ストレスや疲労が原因である可能性もあります」。

引用元-−-マイナビニュース

疲れが原因で蕁麻疹が出る

OZPA_948820141025151610500-thumb-1200x800-5870

じんましんは食べ物や薬、環境などが関係して起こることが多いとされていますが、最近ではストレスや疲れが関係し、じんましんを引き起こすことが多くなっているようです。じんましんが出るメカニズムは、血液中のリンパ球が影響を受け、それが産生するアレルギー抗体が一過性に増え、その抗体が肥満細胞に付着し、肥満細胞のヒスタミンなどのかゆみ因子を全身に皮膚に巻きちらす、というもの。疲れが関係してじんましんが出る場合は、疲れで免疫力が低下し、内臓が弱まりことが原因でじんましんが起こる、また、神経とも密接に関係している免疫状態が原因で、リンパ球が強い刺激を受けることがじんましんを引き起こすことに関係しているのではないか、とも言われています。

ストレスとじんましんの関係

ストレス
現代では避けることもできないとも言われているストレスは、さまざまなことが関係してたまるもの。ストレスがたまると疲れもたまり、疲れもさらにストレスをためてしまう、という悪循環を引き起こします。ストレスが原因でじんましんを起こすことも。決まった時間になるとじんましんが出てくる、といった症状はストレス性のじんましんかもしれません。そうなるとなかなか自分では改善できないものです。専門医に相談しましょう。疲れていると感じるのは、心や体がSOSを出しているのです。それを無視して無理をすると、今度はじんましんとなってサインを出すのです。自分でできる改善策としては、ストレスをためないこと。バランスのとれた食事、十分な睡眠を心がけ、心にも体にも疲れをためないようにしましょう。

疲れているとじんましんを起こしやすい?

食べ物
じんましんなど出たことがない、という人でも疲れやストレス、体調不良や消化不良などが関係して突然じんましんを引き起こすことがあります。特に疲れは内臓などの疲れにも関係し、免疫力も低下させ、あらゆる病気を引き起こす原因となります。また、じんましんを起こしやすい食べ物には注意を。魚介類、エビ、カニ、カキ、卵類、蕎麦粉、ピーナッツ、タケノコ、栗、さらにアルコールもじんましんを起こす原因と関係しています。疲れているときは特に、このような食べ物には注意しましょう。

引用元-−-疲れやすい原因と疲れを取る効果的方法

蕁麻疹が出た時の対処法

氷で患部を冷やしましょう!

蕁麻疹の1つ目の対処法は、「患部を冷やす」と言う事です。蕁麻疹が出ると、我慢しがたいかゆみが襲ってくることが多いです。しかし、掻いてしまうと益々症状が悪化してしまいます。ですから、氷やシャワーなどで、患部を冷やしてください。

冷やすことで、かゆみが治まる事が多いです。ただ、ごくまれにかゆみが強くなってしまう人もいらっしゃいます。こういった場合は、冷やすことを中止してください。

アルコール類の飲酒を控えましょう!

蕁麻疹の2つ目の対処法は、アルコール類の飲酒を控える事です。アルコール類を飲むと、じんましんによるかゆみが強くなります。疲れていると、ついついお酒を飲みたくなったりしますが、蕁麻疹が出ている時には飲まないように気を付けてください。

また、コーヒーや紅茶などもアルコール同様で刺激が強い飲み物となります。その為、蕁麻疹を悪化させる可能性が高いですから、蕁麻疹が出た時には飲まないようにしましょう。

しっかり体を休めましょう!

蕁麻疹の3つ目の対処法は、しっかり体を休める事です。蕁麻疹の原因はたくさんあり、特定がとても難しいです。しかし、ストレスや疲れなども、じんましんの大きな要因となっています。ですから、蕁麻疹が出た時には、あまり体を動かさずに、ゆっくりと休んでください。

強いストレスが原因でおこった蕁麻疹の場合、約30分〜1時間程度で症状が治まる事が多いです。そのため、蕁麻疹が出た時には、無理をせずにゆったりと過ごすことが大切になります。

病院で治療を受けましょう!

蕁麻疹の4つ目の対処法は、病院で治療を受ける事です。蕁麻疹が治まらない時には、病院に行った方が良いです。「仕事が忙しくて、病院に行けない」と言う人がいらっしゃるかもしれませんが、放っておくと慢性蕁麻疹になる事があります。

慢性化してしまうと、数か月にもわたって、蕁麻疹に悩まされることもあります。ですから、蕁麻疹は早めに治療を受けた方が良いのですよ。でも、蕁麻疹の治療は、どのような事が行われるのでしょうか?

病院では、投薬治療が主になります。最もよく処方されるのは、抗ヒスタミン薬です。蕁麻疹の場合、塗り薬はあまり効果がないため、内服薬の処方が中心となります。ただ、アナフィラキシーショックを受けており、重症化した患者さんの場合は、入院治療となる事もあります。

蕁麻疹は、病院で適切な治療を受ける事で、完治します。ですから、忙しい方も時間を見つけて病院で治療を受けましょう。アレルギー科、内科、皮膚科などで治療を受ける事がお勧めです!

引用元-−-健康生活

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ