最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

血管年齢のチェックは健康には欠かせない!

      2016/06/07

血管年齢のチェックは健康には欠かせない!

血管年齢、みなさんは気にしていますか?

若々しく長寿を保つ為には血管年齢はとても重要だと知り

血管年齢に関する色々を調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


血管年齢とは?

「血管年齢とは、ひとことでいえば血管の硬さを示す数字」というのは、血管年齢の提唱者として知られる東京医科大学八王子医療センター循環器内科の高沢謙二教授だ。

人の血管は、年齢とともにその内壁にコレステロールなどがたまって硬く厚くなる。これがいわゆる動脈硬化で、年をとれば誰にでも起こる。

ただ、高カロリー、高脂肪の欧米型の食事を続けていたり、運動不足だったりする人では、血液中の血糖値や脂肪の量が増え、若いうちから急速に動脈硬化が進む。

放置すると、血管内部が狭くなり、狭心症、心筋梗塞、脳卒中など命にかかわる病気を発症することになる。

そうした危険性がどの程度高まっているかを数字で示すのが血管年齢だ。

測定法はいくつかあるが、簡便な方法のひとつが「加速度脈波検査」だ。

加速度脈波とは心臓が血液を送り出すときの「ドキン」という拍動の波の形で表したもので検査装置に指先を入れるだけで調べることができる。

測定した血管年齢が実年齢より10歳以上高い場合は要注意だ。

「健康診断の結果ではメタボリックシンドロームの要件を満たしていなくても、血管年齢が高い人もいる。そういう人では心筋梗塞などのリスクが高まることが分かってきた」(高沢教授)

引用元-−-オーガニックヘルシーレストラン

血管年齢を調べるのは簡単!

血圧脈波検査装置「CAVI(キャビー)」なら検査時間はわずか5分。血圧を測るのと同じ感覚です。

1. ベットに横になって血圧計などを装着
2. 測定中は安静にして下さい。約5分間の測定後、プリント結果が出ます
3. 測定結果をもとに今後の生活や病気に関するアドバイスを受けます

基本的には、高血圧・高脂血症・糖尿病などの疾患がある方に、閉塞性動脈硬化症予防のため保険適用で行っておりますが、今後の健康管理のために検査してみたいとおっしゃる患者さんが多いため、自費での検査も受け付けております。

動脈硬化測定検査(血管年齢測定検査)をご希望の方は、ベッドを確保し、スムーズに検査が行えるよう、できるだけご予約ください。

引用元-−-五反田ファインクリニック

血管年齢の若さを保つ為に気を付けたいこと

血管の老化を加速させず、年相応の状態を保つには、健康的な生活習慣を取り戻すのが第一。バランスのとれた食生活や適度な運動、十分な睡眠、禁煙などが生活改善の基本です。

そこで、私がおすすめしているのは「ハハハの五か条」です。
「腹八分目」「ハハハと笑い」「早歩き」「早寝早起き」「早めの禁煙」──以上五つの「ハ」を心がけてください。

そして今、大いに注目されているのが機能性成分「年齢ペプチド」です。
図1を見てください。この「年齢ペプチド」8週間連続摂取による血管年齢の低下のグラフは、私たちが行った41〜73歳の血圧が高めの方20名を対象とした試験結果をまとめたものです。この結果からも分かるように、「年齢ペプチド」は血管の内側の細胞に働きかけることで、血管の柔軟性を向上させ、血管年齢を下げる効果があることがわかっています。

「血管年齢」が気になる方に、「年齢ペプチド」の研究成果が貢献してくれることを期待しています。

引用元-−-CALPIS

進行した血管年齢の老化は若返らせることは出来るのか

最近わたしたちのクリニックで治療を行った症例の結果をみてみたいと思います。1番目の方
(多少変えてありますがご了承を)は77歳の女性で糖尿病・高脂血症・高血圧があります。
血糖管理,血圧管理共に不十分でした。そこで血糖降下薬とアンギオテンシン変換酵素阻害
薬という種類の降圧薬を使用しました。薬を飲む前と2週間後の血管年齢を 比較しました。

2番目の患者さんは40歳の男性です。近くの医療機関で血圧の上昇と血糖上昇は指摘されてい
ましたが特に治療はしていませんでした。しかし,方の鍼などの症状が出てきたために来院
されました。血圧は208/135mmHgときわめて重症の高血圧症でした。血糖値も275mg/dlと高く
なっていました。腎臓の機能も若干悪くなっていました。腎臓の悪化も血圧から来ている可
能性が大だったので積極的に血圧を低下させる治療を開始しました。そして,塩分制限をし
っかりとするようにお願いしました。そして治療開始前と3週間目の血管年齢の比較をしまし
た。血管年齢が若返っているのがわかりますね。

引用元-−-おぎもと内科クリニック

血管年齢と動脈硬化の関係

「人は血管とともに老いる」と言われているように血管は年齢とともに硬くなっていき、40代ではほぼ半数の人に、60代ではほとんどの人に動脈硬化がみられます。さらに加齢に糖尿病、高血圧、高脂血症、喫煙、運動不足、ストレスなどが加わりますと動脈硬化がどんどん進行し心筋梗塞や脳血管障害で死亡する確率がぐんと高まります。

最近、血管年齢を簡単に測る機械がいろんな病院で導入されたことから、自分の血管年齢を知ることができるようになりました。血管年齢とは血管の老化度、つまり動脈硬化の進みぐあいを調べて、血管の硬さが何歳に相当するかを算出したものです。ただし、血管年齢は年相応が良いのではなく、望ましい血管年齢は20代です。また、”血管年齢は若返ることができます”。

NHKの”ためしてガッテン”でもやっていましたが、1日30分程度の「軽い運動」(ジョッギング、水泳、自転車こぎなど)で血管年齢が10歳くらい若返るそうです。

では運動によってどうして血管は若返ったのでしょうか。それは運動によって血管若返り成分の『一酸化窒素』が血管で増えたからでした。 そこでわれわれずぼらな人間は運動しなくても血管若返り成分の『一酸化窒素』を増やせば血管は若返るのではないかと考えます。

最近、ノーベル医学賞学者のイグナロ博士(米国)は、アルギニンを飲むと血管で『一酸化窒素』が増えることを、さらにアルギニンに抗酸化剤のビタミンCとビタミンEを併用すると、運動したと同等以上の動脈硬化防止効果があることを報告しました。加えて、運動の際に「アルギニン+ビタミンC+ビタミンE」を飲むとさらに動脈硬化が抑えられることを(約2倍強力に)明らかにしました。これで私たちが動脈硬化の恐怖から解放される日もすぐそこかもしれません!!

引用元-−-アルギスーパー1000

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ