最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

要因と原因はここが違う! 具体例をあげて説明します

      2016/06/07

要因と原因はここが違う! 具体例をあげて説明します

「要因」と「原因」みなさんは正しく使い分ける事ができていますか?

多くの人は意識せずにこれらの言葉を使っているでしょう。

しかし、両者の意味は違います。

今回は、「要因」と「原因」の使い方を具体例をあげて説明しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


要因と原因の違い

まず、「要因」と「原因」の違いについて見ていくことにしましょう。

切り口として、個数、関係性の違い、時間の違いの3つがあります。

個数の違い

「原因」の場合は1個、「要因」の場合は複数個です。

たとえば、二日酔いの原因といえば、一般的には酒の飲み過ぎを指すでしょう。

一方、二日酔いの要因といえば、それ以外にも仕事のストレスなども考えられます。

関係性の違い

「原因」は、ある事象を起こしたものを指します。

「要因」は、ある事象に影響するものを指します。

たとえば、交通事故の原因としてスピードの出し過ぎなどがあります。

一方、交通事故の要因としては、それ以外にも見通しのよい一直線の道路だったことなどが考えられます。

時間の違い

「原因」は、今回発生させたものを指します。

「要因」は、今回だけでなく今後も発生させる可能性があるものを指します。

たとえば、大雨の原因として発達した低気圧などがあります。

一方、大雨の要因としては、それ以外に地球温暖化なども考えられるでしょう。

風邪をひいた要因の例

ここからは、具体的な例を使って説明することにしましょう。

分かりやすく、風邪をひいたときのことを考えてみましょう。

先に説明したように、要因というのは1つではなく複数あります。

また、風邪をひくという事象に影響するものです。

さらに、今後も風邪をひく可能性があるものを指します。

これらの条件を満たすものとして何が考えられるでしょうか?

まず考えられるのが、体を冷したこと。

これは多くの人が経験しているのではないでしょうか。

次に考えられるは、薄着をしていたこと。

薄着をしていたので体を冷してしまい風邪をひいてしまった、という因果関係が成り立ちます。

この他にも、体力が衰えていたということも考えられます。

また、体力が衰えているのに薄着をして体を冷してしまえば、今後も同じように風邪をひいてしまう可能性があります。

このように、ひと口に「風邪をひいた要因」といっても、それは複数個あり、それぞれが因果関係でつながるものもあり、複雑に入り組んでいるのです。

風邪をひいた原因の例

風邪をひいた要因のところで説明した、体を冷したこと、薄着をしたこと、体力が衰えていたことは、風邪をひいた原因となるのでしょうか。

先に説明したように、原因というのは1つです。

また、今回の風邪を発生させたものです。

例えば体を冷しても同じように風邪をひかなかったらそれは原因ではありません。

薄着や体力の衰えも同じです。

風邪をひくときがある一方でそうでないときがあってはいけないのです。

では、風邪をひいた原因として何がふさわしいのでしょうか。

風邪はほとんどの場合、ウイルスに感染するときに発症します。

逆にいえば、ウイルスに感染していないのに風邪をひく人はいません。

そうです、風邪をひくのはウイルスに感染したからです。

確かに、体を冷したり、薄着をしたり、体力が衰えているとウイルスに感染しやすくなります。

しかし、ウイルスに感染しなければ風邪はひかないのです。

つまり、風邪をひく原因はウイルス感染なのです。

売上が伸びない要因の例

ここからはビジネスの基本である売上を取り上げることにしましょう。

先に説明したように、要因というのは1つではなく複数あります。

また、売上が伸びないという事象に影響するものです。

さらに今後も売上が伸びない可能性があるものを指します。

これらの条件を満たすものとして何が考えられるでしょうか。

まず考えられるのが、その商品やサービス自体に魅力がないということ。

たとえ企業側が自信を持っていたとしても、消費者がその価値を認めないと買ってはくれません。

では、なぜ消費者が価値を認めないのか。

おそらく消費者ニーズをうまく汲み取れなかったからでしょう。

消費者ニーズをうまく汲み取れなかったから消費者が価値を認めなかった、という因果関係が成り立ちます。

この他にも、その商品やサービスの認知度が低かったことも考えられます。

たとえ商品やサービスがどんなに素晴らしかったとしても、それが消費者に伝わらなければ手に取ってもらうことはできません。

また、価格が高すぎたことも考えられます。

これらが改善できなければ、今後も売上増は期待できないでしょう。

売上が伸びない原因の例

原因を考えるときは、さまざまな要因のなかで最も大きく、かつ、直接的な理由を考えるといいでしょう。

では売上が伸びない原因とはなんでしょう。

もしも関連部門の責任者が集まって、売上低迷の原因を話し合うことになればもめることになるでしょう。

自分のところことは棚上げしておいて、他部門を批判することにもなるでしょう。

しかし、売上が伸びなかった原因を一言でいえば、消費者が買ってくれなかった、ということに尽きるでしょう。

これが、直接的な原因です。

責任のなすり合いをしても問題は解決しません。

企業は、この直接的な原因だけではなく、その背後にある複数の要因も分析します。

そして、それらを一ずつ改善することで売上の回復を図ろうとします。

まとめ

これまでみてきたように、原因というのは直接目に見えること指し、要因というのはその背後で複雑に入組んでいるものを指しているといえるでしょう。

そのため、ある事象の原因を分析するのは比較的簡単であっても、その要因を分析するのは難しくなります。

しかし、その分やりがいがあることもまた事実です。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ