最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

見逃さないで、肝臓からのSOS!ガンマ-GTPについての情報まとめ

      2016/06/07

見逃さないで、肝臓からのSOS!ガンマ-GTPについての情報まとめ

お酒を飲む機会が増えるこの時期。

でも、肝臓は悲鳴を上げているのかも…。

肝障害等の指標となるのガンマ-GTP(γ-GTP)についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


ガンマ-GTP(γ-GTP)とは?

γ-GTP(γグルタミルトランスペプチダーゼ)は、肝臓の解毒作用に関係している酵素です。

肝臓や胆管の細胞がこわれると血液中にγ-GTPが血液の中に流れ出てくることから、「逸脱酵素」といわれます。

そのため、γ-GTPは肝臓や胆管の細胞がこわれたことの指標として利用されています。

γ-GTPが血液中に多くなっても、それ自体が何か悪い影響をおよぼすことはありません。

γ-GTPが高くなる疾患には、肝臓の細胞が破壊される肝炎、肝臓に脂肪が蓄積する脂肪肝などがあり、胆石や胆道がんなどで胆道がつまった場合にも高くなります。

健康診断のときに最も重要なのは、脂肪肝です。

とくにアルコールを飲む中年男性の場合、飲みすぎによるアルコール性脂肪肝が問題になります。

そのいちばんの指標として、このγ-GTPが重要になってきます。

医師が「お酒を飲むと上がる数値が高いですよ」という場合は、ほとんどがこのγ-GTPをさしています。

引用元-−-ニュートンドクター

ガンマ-GTPの検査方法

γ-GTPはどのように検査するのか?
血液を採取して調べます。遠心分離器にかけて、血清部分を自動分析器で検出します。

基準値(JSCC勧告法)

男性…50IU/l以下
女性…30IU/l以下
検査結果の判定
基準値を超えている場合には、GOT・GPT(AST・ALT)などの結果と合わせて検討することが大切で、それらも高値を示しているときは、肝臓病や閉塞性黄疸などが考えられます。

γ-GTPだけが高いときには、アルコールが原因の肝障害か膵臓の病気(膵炎や膵臓がん)を考えます。この場合には数日間禁酒した後、再検査をします。それでも数値の低下が認められなければ、肝臓か膵臓が障害されている可能性が高くなります。超音波検査やCT検査など、肝臓と膵臓の精密検査を行ないます。禁酒した後の再検査でγ-GTPが下がっていたら、肝障害の心配はありません。

引用元-−-病院の検査の基礎知識

沈黙の臓器・肝臓

肝臓は悪くなっても滅多に症状が現れない。これは多くの人が知っていることでしょう。それはなぜなのでしょうか。数多くの機能をこなしている肝臓が正常に働かなくなると、私たちは生命を維持していくことができません。肝臓には3000億個以上の肝細胞がありますが、この一部が機能しなくなってもすぐに再生する能力を持っています。
再生するまでは、他の肝細胞が補って働く機能も持っています。仮に、半分以上の肝細胞が死んでしまっても、他の肝細胞がフォローするという機能があるのです。脳や心臓は1本の動脈を頼りにエネルギーを受け取っていますので、その血管が詰まったり壊れたりしてしまうと、血液が送れなくなってしまうので細胞は死んでしまいます。
一方、肝臓には肝臓独自の門脈という血管があるので、酸素不足になることもありません。これらから分かるように、肝臓はダメージを受けても影響が出にくく、症状として表に現れにくいという特徴がるのです。肝機能が低下して黄疸などの症状が表に出てくるときは、肝細胞のほとんどがダメージを受けて壊れてしまっているということで、それまでは滅多に肝臓が悲鳴を上げることはありません。
自覚症状がないままに少しずつ静かに症状が進み、知覚神経もなく、気づいたときには重症化していることも少なくないので、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているのです。

引用元-−-肝臓健康LIFE

肝臓からのSOS

γ-GTPが高いということは肝臓に負担をかけているということです。

アルコール、脂肪、お菓子やフルーツといった毒素を肝臓に送り続けると処理能力を超えてしまい、中性脂肪が肝臓に定着します。これが脂肪肝です。

「脂肪肝なんて食事制限と運動でなんとかなるから、そこまで危険な状態ではない」と医者が言っていた時代もありますが、今は違います。

最近の研究では脂肪肝の状態が続くと肝硬変や肝臓がんになってしまうリスクが爆発的に高くなることが明らかになっています。(ここら辺のことを詳しく知りたければ日本大学医学部消化器科外科教授、高山忠利先生の著書「肝臓病の常識を疑え」を読むことをおすすめします。先生は肝臓の世界的権威であり、著書の中で脂肪肝の危険性について言及されています。)

一度、肝硬変になってしまったらもう治ることはありません。肝臓癌になりやすくなるし、体調が悪くなり生活も制限されます。

肝臓の機能が弱っているので分解しきれなかった毒素が全身を巡回。その結果、肌がぼろぼろになったり一日中だるかったり頭が回らなくなったりします。「元気ならばいろいろなことが出来るのに・・・」と歯がゆい思いだってします。もちろん、お酒やおいしい物だって我慢しなければなりません。

「自分はお酒に強いから大丈夫だ。」と過信しないでください。酔うかどうかは中枢神経の問題であり、肝臓の強さとは無関係です。それに、まったくお酒を飲まなくても脂肪やお菓子、運動不足、ストレスも肝臓を痛めつけます。

引用元-−-γ-GTPを食べ物で下げる方法を知りたい方へ

ガンマ-GTPを下げるには?

それには以下のことをやる必要があります。

・ストレスのない生活を送ること
・適度に運動すること
・外食や食品添加物の多い加工食品をやめて、肝機能を高める食事にすること
・酒やタバコを控えること

引用元-−-γ-GTPを食べ物で下げる方法を知りたい方へ

2単位のお酒(ビールなら中びん2本、日本酒なら2合、焼酎なら1.2合)を肝臓で分解するのに、個人差はありますが、平均6〜7時間前後かかるといわれます。お酒を飲んだ後、就寝している間も肝臓は黙々と働いているのです。この肝臓を毎日連続して酷使すると障害がでてきます。週に2日は肝臓を解放して休める、いわゆる「休肝日」を設けましょう。

なぜ休肝日が必要なのか
休肝日を作る
お酒を飲むと、肝臓には中性脂肪が蓄積されます。胃や腸といった消化管の粘膜も荒れてきます。

これら臓器の修復のために、週に2日程度の休肝日を作ることが必要です。

この際に気をつけたいのが、週5日続けて飲酒して2日連続で休むのではなく、2〜3日飲んで1日休む、という習慣をつくることです。

引用元-−-公益社団法人 アルコール健康医学協会

ガンマーGTPを下げる方法をアルコール摂取量調節だけにすると、
「お酒を急に減らすのはつらい・・・」

そう思う人も多いでしょう。気持は良くわかります。

ですのでここは合わせ技で行きましょう!

摂取カロリーを減らすんです。
なぜなら、アルコール自体も肝臓に負担をかけますが、
アルコールによって肝臓に脂肪がつきやすくなり、
その脂肪もまた、肝臓に負担をかけるからです。

だから、肝臓に脂肪がつかないよう摂取カロリーを減らします。
減らすと言っても、適正量にするだけです。
あまりにも減らしすぎると、それはそれで別の問題が出てきます。

ということで、「お酒の量を極端に減らすだけ」ではなく
「お酒の量をそこそこ減らす」「摂取カロリーもそこそこ減らす」
この合わせ技
というわけです。

引用元-−-新健康生活

肝臓に良い食品で回復!

N612_gomatosuribachi500

肝臓に良いものとしては、例えば以下のようなものがあります。

・ごま
・にんにく
・トマト
・イカ、タコ、カキ
・しじみ、あさり
・ウコン、しょうが
・ブロッコリー
・大豆
・レンコン
・みかん
・チョコレート
・コーヒー−

引用元-−-新健康生活

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ