最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

貯金ゼロで結婚したけど彼女が妊娠!さぁ!お金の問題はどうする!?

      2016/06/07

貯金ゼロで結婚したけど彼女が妊娠!さぁ!お金の問題はどうする!?

貯金ゼロで彼女と結婚は出来た!そして彼女が妊娠!

貯金はゼロのまま?いくらかでも貯めた?

妊娠中や出産、出産後に必要なお金の話をまとめてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


貯金ゼロで結婚出来ても、彼女が妊娠することを考えるとやっぱり貯金は必要!女性が考える男の貯金額とは?

お金はあればあるほど安心ですが、上を見てもきりがありません。女性は、結婚相手となる男性の「貯金額」「年収」をどのように考えているのでしょうか。今回は、女性が希望する「旦那候補の貯金額と年収」について調べました。

まずは、旦那候補の男性に希望する「貯金額」です。女性読者266人に、「旦那候補の男性にどのくらいの貯金額を求めますか」という質問をしました。

結果は以下のようになりました。

■旦那候補に求める貯金額は!?

100万円未満……2.3%
100万円以上〜200万円未満……6.4%
200万円以上〜300万円未満……10.5%
300万円以上〜400万円未満……13.2%
400万円以上〜500万円未満……10.5%
500万円以上〜600万円未満……19.6%
600万円以上〜700万円未満……5.3%
700万円以上〜800万円未満……4.5%
800万円以上〜900万円未満……3.4%
900万円以上〜1,000万円未満……3.0%
1,000万円以上〜1,200万円未満……8.7%
1,200万円以上〜1,500万円未満……0.4%
1,500万円以上……4.9%

貯金額は問わない……7.5%

引用元-−-livedoorNEWS

貯金ゼロで結婚、妊娠、出産。でも出産後が大切な貯金の本番という考え方!

子どもが産まれてからが貯金の本番
出産を貯金56万円でむかえるのと、ゼロでむかえるのでは、精神的なゆとり、その後の暮らし方、貯め方が全く違ってきます。

妊娠がわかって出産までにがんばって貯められたら、自分達の貯金力に自信が持てる。

親の自覚が生まれる。

この子の将来のために、これからも貯金できるぞ!という気になれる。

これが大切なんです。

実は、子どもが産まれてからが、貯金の本番。

これから、子どもの将来のために「教育資金」をためて行くことになるのだから。

教育資金については、また別の機会にくわしくお話ししよう。

ただし、こちらも基本を知っておけば恐るるに足りず。

心配いらないから、安心して妊娠、出産に臨んでくださいね。

引用元-−-Conobie

貯金ゼロで結婚してすぐ妊娠したなら、出産費用は少しでも安くしたい!

肝心な出産費用はどうするの!?

一般的に、出産費用は60万円〜100万円前後になります。

普通分娩の人であれば、60万円〜80万円程度。

帝王切開であれば70万円〜100万円程度かかります。

同じ分娩費用でも、金額に差があるのは、投与される薬、入院中の『室料』やサービスの違いによってです。

個人産院で出産する方が、比較的に高額になりやすい傾向があり、総合病院などは安い傾向があります。

個人差院の場合は、個室が多く、室料が1日1万円〜3万円程度かかることも多いので、相部屋が多い総合病院に比べて、入院費用が高くなるのが特徴です。

そのため、出産費用を安くしたいのであれば、相部屋利用が一番です。

個人産院の方が、ヘアカットのサービスがあったり、食事が美味しかったり、何かと贅沢ができますが、それだけ出産費用もお金がかかります。

普通に産んでも、60万円程度かかるので、出産育児一時金の援助・42万円を受けても、最低でも20万円前後が自腹になることが多いので、やはり貯金がない人や、お金に余裕がない場合は、出産費用を出来るだけ安くできる産院を選びましょう。

ただし、いくら費用が安いと言っても、『助産院』の利用はよくよく考えましょう。

助産院は最近でも話題になりましたが、医療行為ができない施設の為、よほど助産院と病院との連携が良く、適切な処置ができないと、出産で命を落とす可能性があります。

特に高齢出産で生む人や、体調的に問題がある人は、絶対に安さだけで産院を選んではいけません。

何かあった時に、助産院では適切な処置をしてもらえませんので、やはり出産をする人の状況を見極めて決めましょう。

最悪の場合、赤ちゃんもお母さんも命を落とす危険性があります。

高齢出産者が現在は多くなっているので、「あの人も平気で生んだんだから自分も大丈夫!」と客観視せずに、しっかりと医師と相談をしてから決めるのが大事です。

余り考えたくないことですが、赤ちゃんが必ずしも元気で生まれてくるとは限らず、もしもの時のために、小児科が併設されている病院で出産をしたほうが、赤ちゃんも安全です。

助産院のように、トラブルに弱い施設で初産の人が出産するのは、かなりリスクが大きいと言えます。

費用の面では大きなメリットがありますが、安全性の面では、デメリットばかりが目立ちますので、やはり助産院を選ぶ場合は、医師に助産院で出産をしても大丈夫か、一度相談をしてみることが大事です。

更に、双子の場合は、助産院でも取り扱いをしていないケースがほとんどなので、双子の場合は産院での出産をお勧めします。

引用元-−-出産費用でお悩み

結婚時は貯金ゼロでも、妊娠・出産までには出来るだけ貯金すべき!?

a0007_001567

出産前は90万円以上の貯蓄額が理想

支払う順番に追っていくと、妊婦健診費が約6万円、分娩・入院費が30万〜70万円、マタニティ用品費が2万円、ベビー用品費が2万円、トータルで60万円程度がベースになります。

これに加算する例としては、妊婦健診で胎児ドックを行うと5万円、クアトロテストなども別途数万円はかかったりします。

分娩費もママが体調を崩したことで入院せざるを得なくなり、総合病院に転院などをすると10万〜20万円はアップします。

切迫流産や早産のトラブルで夜間や休日の受診を1回以上経験する人も少なくなく、急な出費の代表格と言えるでしょう。これも10万〜20万円はプラスでかかる出費です。

何事もなく健康的な妊婦でも、里帰り費用や出産前の思い出旅行などで合計10万円以上は支払う人もいます。

妊娠中に60万円前後をベースにしても、一時的な支払い額は90万円前後には膨らみますので、そのくらいを念頭に貯金をすると安心です。

さらに出産後にはおむつ代が月2,000〜3,000円、ミルク代が月6,000円、母乳グッズや写真撮影に加え、水道光熱費や通信費の支払いも増えたりします。

引用元-−-kodomii

貯金ゼロから結婚したなら、妊娠・出産を視野に入れて家計を見直そう!

1:家計の収支を見直す

貯金をしようにもまずは自分がいくら収入があり、いくら支出があるのかを把握しなければいけません。

特に支出は家計簿などをつけるなどして、1ヶ月の間にどんなものにいくら使っているのかが分かるようにしましょう。

貯金ができない人の多くは、こうした家計の収支を把握せずに節約に取り組んでしまいます。

しかし、家計の収支を見直さずに節約をすると、削るべきものと削ってはいけないものの見分けが分からないまま支出を抑えようとするため、生活にストレスがたまりがちになってしまいます。

そうなると「もう節約なんてやめた!」といって挫折してしまうのです。

節約は大事ですがそれ以上に“どこの支出を抑えるのか?”を明らかにすることが先決なので、まずは家計の収支を見直して、今後貯金をねん出する戦略を立てましょう。

その際、保険料や携帯代など毎月支払う金額が一定のものから節約するよう心掛けること。

なぜなら、契約内容を変更するだけで毎月支払うお金を抑えることができるため、節約に対するストレスもなければ行動も制限されないからです。

こうした節約する支出の項目の優先順位も、家計の支出を見ながら考えていくと、より効率よくお金を貯めていけるはずです。

2:“少しずつ”支出を減らしていく

家計の見直しが終わればいよいよ節約に移ります。

しかし、いきなり最初から無理をすると必ず挫折しますので、最初は“少しずつ”節約する感じで大丈夫です。

例えば今まで1ヶ月の食費が35,000円だったから20,000円に抑えたい・・・と思ったとしましょう。

この時いきなり翌月から20,000でやりくりしようとすると必ずと言っていいほど失敗します。

なぜなら、生活習慣が35,000円の感覚になっているため、買いたいものが買えないストレスが発生するからです。

このストレスが爆発すると、余計にお金を使ってしまうことにもなりかねない。

そのため節約する時は少しずつ予算を減らしていくようなスタイルがいいでしょう。

例えばまずは今まで35,000円かかっていた食費をとりあえず32,000円以内に抑えられるよう行動してみるとか。

特に食費のような自身の買い物の仕方が節約に反映されるようなものは、少しずつ予算内にまとめられるよう習慣化させながら節約していくことがポイント。

そうすれば、節約を節約と思わず“当然”として行動できるようになるため、自然とお金が貯まっていくのです。

3:家計の収入を増やす努力をする

節約生活が習慣化されれば、必要最低限の支出で今までのような生活を送ることができるはず。

しかしどれだけ節約を頑張っても収入が増えない限り毎月貯金に回すお金が増えることはありません。

そこで次に取る行動は「収入を増やす」ためのもの。

とはいっても、サラリーマンが毎月の給料を上げるには並大抵の努力では上がりませんし、上がっても微々たるものかもしれません。

ここで紹介する収入を上げる方法とは“副業”のことです。

つまり本業の収入とは別の収入源を作ることによって、家計の収入を増やし、貯金に回せるお金を増やしていく行動を取ることが大切なのです。

例えば、奥さんがパートに出るようになったり、在宅ワークをするといったものでも構いません。

【自宅にいながら収入を稼ぐことができるおすすめ副業4選】でも紹介しているように、近年自宅にいながらできる副業も多くありますから、こういったものにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

ただし、あくまでも本業に支障をきたさない程度に取り組むようにすること。

副業に夢中になって本業を疎かにしてしまうと、収入を増やすどころか減ってしまう恐れもありますので。

また、勤め先の関係上副業が禁止されている人もいると思います。

副業は「できればやったほうが良い」ものであり、絶対に必要というわけではありませんから、勤め先や生活環境と相談してやるかやらないかを判断してください。

引用元-−-貯金のしおり

貯金ゼロで妊娠・出産するなら見落としてはいけない助成金!

1.「妊婦健診の補助券」

上記の通り、妊娠届を役所へ提出し母子手帳をもらう際に、「妊婦健診の補助券(無料券)」も一緒にもらうことができます。通常14枚をもらえますので、検診時に利用しましょう。

この無料券(補助券)が使えるのは、母子手帳を受けとった時点から出産するまでの間です。券をなくしてしまったり、使い切ってしまった場合は自己負担となりますので注意しましょう。

2.「出産育児一時金」

「出産育児一時金」は、加入している健康保険からもらうことができます。通常、子ども1人につき42万円が支給されます。これを直接病院に支払うこともできますので、その場合はご自身で出産費用を用意する必要はありません。

ただし病院によっては、予約金のようなカタチで費用の一部を前もって支払う必要があるので、事前によく確認しておきましょう。

3.「医療費控除」

「医療費控除」は直接お金をもらえるというよりも、税金をかける対象となる所得額が減額されることにより、すでに支払った税金の中から、その差額のお金が戻ってくるという流れです。

1月〜12月までの1年間に支払った家族全員の医療費の合計が、10万円(もしくは年間所得が200万円以下の方は、所得の5%)以上あれば、 税務署への還付申告を翌年3月に行うことで、お金が戻ってきます。
医療費には、病院までの交通費なども含めることが可能ですので、レシートなど記録となるものは大切に保管しておきましょう。

4.「児童手当(旧:子ども手当)」

「児童手当」とは、子育て世帯への支援を目的として給付される助成金です。
0歳〜3歳まで・・・15,000円/月
3歳〜中学生まで・・・10,000円/月

以上の金額を4か月ごとにまとめて受け取れます。また、第3子は3歳以降も15,000円/月です。給付には所得制限がありますのでご注意ください。給付の手続きはいま住んでいる市区町村の役所にて行います。

引用元-−-60歳までに貯蓄3000万円 節約・貯金・家計管理まとめ

5.「乳幼児の医療費助成」

乳幼児・子どもの「医療費助成」とは、例え親の収入が少なくとも安心して子どもに医療を受けさせることができる制度です。医療費の自己負担分を軽減、もしくは自己負担が0円になる大変ありがたい制度です。

子どもが●歳になるまでとか、中学卒業までといったように、お住まいの自治体によって条件・助成される金額・子どもの年齢上限などが違います。詳しくはホームページなどでご確認し、市区町村の役所で手続きを行ってください。

6.「出産祝金」

ご自身や旦那さんが勤めている職場に「出産祝金」の制度があれば、会社に申請することで受けとることができます。夫婦それぞれが受けとることができますが、会社によって制度が違う場合がありますので、休職・復職の条件なども含めてご自身でよくご確認ください。

7.「育児休業給付金」

「育児休業給付金」は産休・育休を取る場合に、その間の収入の一部を会社から支給してもらえる制度です。前述の出産祝金も含めて、制度の条件・詳細については会社の就業規則に書かれていると思いますので、事前にしっかり目を通しておきましょう。

引用元-−-60歳までに貯蓄3000万円 節約・貯金・家計管理まとめ

関連記事はこちら

 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ