最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

車庫の屋根に雪が積もっても壊れないようにしておこう

      2016/06/07

車庫の屋根に雪が積もっても壊れないようにしておこう

温暖な地域に住む人にとって、車庫の屋根に雪が積もるなどということは想像もできないことでしょう。

しかし、雪国に住む人にとっては切実な問題です。

場合によっては、雪の重みで車庫が壊れることもあります。

今回は、車庫の雪対策について紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


一般的な車庫の屋根に積もる雪対策

冬になると雪国の人たちは家の屋根に積もった雪を落とします。ゆわゆる「雪下ろし」です。それは、屋根に積もった雪の重みで家が壊れないようにするためです。そのことは、車庫についてもいえるでしょう。

車庫の雪対策の基本も雪下ろしです。車庫の屋根に積もった雪を定期的にチェックして、必要以上に雪を溜めておかないことです。そうでないと、屋根の一部が変形したり、最悪の場合は倒壊する危険性もあります。また、大雪が予想される場合は、積もった雪の重みで変形したり倒壊しないよう、事前に屋根を補強しておくことも必要となってくるでしょう。

これから新しく車庫を建てようとするのなら、その地域の最大積雪量を調べて、それに耐えられる設計にしておくのもいいでしょう。また、雪下ろしのために屋根の上にあがることも度々あるでしょう。屋根に登りやすいようにはしごなどを設置しておくのもいいでしょう。いずれにしても、備えあれば憂いなしといいます。

雪対策からみた車庫の種類【建て方】

車庫には大きく分けて、ガレージとカーポートがあります。ガレージは、その周りに壁やシャッターがあります。車を入れる倉庫のようなものです。このガレージは、田園調布などの高級住宅街に行くとよく目にします。

一方、カーポートには壁やシャッターはありません。柱と屋根だけでできています。これは、一般的な家庭に多くみられるので、目にしたことがない人はまずいないでしょう。

では、雪対策の観点からすれば、どちらが優れているのでしょう。ガレージの屋根は壁で支えられています。そのため、屋根に積もった雪の重みにもある程度は耐えられるでしょう。

その点、柱だけで屋根を支えているカーポートはそうはいきません。大雪が降って車庫が壊れたというニュースの多くはこのカーポートが壊れているのです。では、カーポートは大雪に対して無力なのでしょうか?

そんなことはありません、予想される積雪量に応じてさまざまなタイプのカーポートが売られています。これからカーポートを建てようする人は、自分の住む地域の積雪量に合わせて選ぶといいでしょう。

雪対策からみた車庫の種類【実用性】

周りを壁やシャッターで囲まれるガレージは、屋根の雪対策だけでなく、愛車を雪から守ってくれます。そのため、外に雪が積もっていたとしても、愛車の洗車やメンテナンスをすることができます。また、本来の用途である車の収納だけでなく趣味などで使うことができます。

一方、柱と屋根だけでできたカーポートはそうはいきません。屋根の雪対策が不十分なだけでなく、周りに囲むものがない分、横からふってきた雪の中に愛車が埋もれてしまうことにもなります。また、雪の中に埋もれてしまった車は塗装が傷つくだけでなくエンジンや電気系統などが故障するかもしれません。

こうして見ると、雪対策としては柱と屋根でできているカーポートより、周りを壁やシャッターで囲まれているガレージの方が優れているといえるでしょう。ただし、豪雪地帯は別として、比較的積雪量が少ない場所でならカーポートでも十分でしょう。しかも、ガレージを建てるより安価ですみます。

雪対策からみた車庫の種類【税金】

雪対策の実用性からみれば、カーポートよりもガレージの方が優れているといえるでしょう。しかし、コスト、特に税金の面からみればそうではありません。

建物には固定資産税がかかります。では、車庫にも固定資産税がかかるのでしょうか?

まず、周りを壁やシャッターで囲まれているガレージは建物とみなされます。どうみても建物には見えなくても、法律上はそうなっています。そのため、ガレージには固定資産税がかかるのです。政府は取れるところならどこからでも金を取ろうとしています。

一方、柱と屋根で出来ているカーポートは建物とはみなされません。これが建物と見なされたら大騒ぎになるでしょう。したがって、カーポートには固定資産税はかかりません。

こうして見ると、大雪が降る豪雪地域ならともかく、愛車を雨や雪から守る目的だけなら、初期費用が安くてすみ、なおかつ、固定資産税もかからない手軽なカーポートの方が優れているといえるでしょう。

雪による車庫の屋根の被害は火災保険の対象となります

知らない人もいるかもしれませんが、実は雪による車庫の屋根の被害は火災保険の対象となるのです。

過去に保険料の未払いが問題になったように、基本的に保険会社の方から「保険料を請求できますよ」とは教えてくれません。こちらから保険料を請求しなければいけません。そのためには、火災保険に対する知識が必要です。保険の外交員は勧誘には熱心な一方、アフターフォローが疎かになりがちです。自分で勉強するしかないのです。

火災保険は、雪災を対象としています。この雪災というのは、大雪による被害のことをいいます。したがって、大雪で車庫の屋根が壊れれば当然それは火災保険の対象となるのです。

まとめ

基本的な車庫の雪対策は、屋根に雪を溜めないことです。

それが難しいのであれば、後になって大雪の被害に遭わないためにも、その地域の最大積雪量にあったガレージやカーポートを建てることが必要となってきます。

そのときは、ここで紹介したそれぞれのメリットやデメリットをぜひ参考にしてみてください。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ