最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

逆転の発想!?食感はまるでお肉 氷こんにゃくがブーム

      2016/06/07

逆転の発想!?食感はまるでお肉 氷こんにゃくがブーム

凍らせてはいけない食品、と言われているものの中にこんにゃくがありました。

凍ってしまうとまるでスポンジのようになってしまい、本来の美味しさがなくなるからです。

……でも、上手に凍らせることで素晴らしいダイエット食になるんです。

今回は氷こんにゃくについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


冷凍NGは誤解?実は氷こんにゃくは伝統食

豆腐やこんにゃくを、冷蔵庫でうっかり凍らせてしまったことはありませんか? そんなとき、もう食べられないと捨ててしまわないで。

どちらも冷凍保存できないとされていますが、何度も凍らせては戻し水分を抜いて乾物となったものは「高野豆腐(凍み豆腐)」「凍みこんにゃく」と呼ばれる伝統的な保存食品。スポンジ状なのでだしを良く吸い煮物に最適です。こんにゃくのほうは、洗顔用のスポンジとしても売られていますね。

豆腐もこんにゃくもパックの水分を抜いて冷凍庫で凍らせ、煮物などにするといつもと違う味わいが楽しめます。特にこんにゃくは、肉のような歯ごたえある食感に! ぜひ試してみてくださいね。

引用元-−-調理力で健康!プロジェクト

水府地区に伝わる「凍みこんにゃく」の由来は、江戸時代に探検家・木村謙次が丹波国よりその生産技術を導入したこととされています。
昭和59(1984)年から凍みこんにゃくづくりに着手した、天下野町にある中嶋商店は、現在では常陸太田市で唯一の凍みこんにゃくの生産者。生産時期は12月中旬から2月いっぱいで、作業は30㎝から50㎝の高さに敷いた藁の上にこんにゃくを並べ、水をかけることから始まります。水分を含んだこんにゃくは夜の寒さで一気に凍り付きます。翌日、自然解凍されたこんにゃくに再び水をかけて凍らせます。この作業をおよそ20日間に渡って行い、最後に仕上げの乾燥を1週間行います。乾燥して水分が無くなったこんにゃくは、風に吹かれると飛んでいってしまうほどに軽くなるといいます。ちなみに、地面に敷いた藁には、水はけや水持ちが良くなるほか、こんにゃくの水分を保つといった効果があります。凍みこんにゃくは、湿気を避ければ50年以上も保存が可能。通常のこんにゃくとは異なり、フライや天ぷらなど、工夫次第でさまざまな味わい方が楽しめます。

引用元-−-ひたちおおた観光・物産ガイド

氷こんにゃくの作り方は凍らせるだけでOK

念のため作り方をのせておきます。
いろいろな方法はあるみたいですが、
まあ・・・、郷に入れば郷に従えということですので、
参考にしてみてくださいね。

コンニャクを好きな大きさにカット

タッパーなどの保存容器に入れる。
24時間冷凍する。

凍ったコンニャクに湯をかけて解凍。

キッチンペーパーなどで水分をしっかりと絞る。

まとめると、
カットして冷凍して解答して水をきる
まとめると、これが大事ということです。

引用元-−-にらめっこ選抜トピック

切り方で食感を変えて

一口大ぶつ切りサイズ
ぶつ切りは、歯ごたえがあってとってもジューシー。牛、豚、鶏などのぶつ切り肉を使用するような料理に合います。

ベーコン切りサイズ
食べやすい厚さと、適度な歯ごたえがポイント。味付け次第でどんな料理にも使えるので、ベーコンの代わりとしてだけでなく、牛、豚のロース肉やもも肉を使うような料理ならどんなものにも合います。

ダイス切りサイズ
1.5cm角くらいのダイス状に切った氷コンニャクは、大きめのそぼろ感覚でとても使いやすいようです。氷コンニャクと肉を半々にして使うと、氷コンニャクが肉の旨味を逃さず吸い取ってくれる上に、カロリージャは肉を使用したさいの半分ですみます。そぼろ肉を使うようなレシピで使うと、相性バッチリですよ。

引用元-−-クックパッド

氷こんにゃくはダイエットに最適!

こんにゃく100グラムのカロリーは、なんとわずか5kcalなんです!

そんな低カロリーな「こんにゃく」ですが、食物繊維も豊富なのでダイエット効果も期待できます。
さらに、お肌の保湿にも効果バツグンなんですよ!

それでは早速、「こんにゃく」の健康効果についてご紹介いたします♪

食物繊維で便秘解消とお肌ツルツル効果

「こんにゃく」に含まれる食物繊維は、100グラム中2.2グラム。
(食物繊維が豊富といわれているさつまいもは、100グラム中3.5グラム)

「こんにゃく」の食物繊維は胃腸の中で消化されず、腸を大掃除してくれます。
また、そのままの形で排泄されるため便のかさが増し、腸が刺激されることで、便通の改善効果も。
お通じがよくなって、下腹ポッコリも解消してくれるんですね♪

便秘が解消すれば、吹き出物やくすみも解消するのです!

また、「こんにゃく」に含まれる「セラミド」は、肌の保湿効果を高めてくれます。
セラミドは肌の角質層にある保湿成分で、食事として摂取しても効果があります。

これはもう、「こんにゃく」を食べるしかありませんよね♪

よく噛むことでダイエット効果も!

「こんにゃく」から作る「氷こんにゃく」。
通常の「こんにゃく」と違い、しっかりとした噛みごたえがあります。

噛む回数が増えることで、肥満の原因である早食いを避けることが出来ます。
また、噛む回数が増えると、食事にかける時間が長くなるので満足感・満腹感が得られるのです!

「氷こんにゃく」の食感は肉に似ていますので、肉料理の代用品として使ってみてくださいね♪

引用元-−-薬剤師ネット公式ブログ

氷こんにゃくで唐揚げ「コンから」

材料
氷こんにゃく
(一口大に切ったもの) 250g
砂糖 小さじ1/2
塩 小さじ1/4
ニンニク 適量
ショウガ 適量
酒 大さじ1/2
醤油 大さじ1/2
片栗粉 適量
揚げ油 適量
つくり方
氷こんにゃくから醤油までの材料すべてを混ぜ合わせて10分置く。
1に片栗粉をまぶして、170度に温めた油でキツネ色になるまで揚げる。
同番組で試食をした方によると「コンから」は、プリっとした食感があり本当にお肉みたいだそうです。「こんにゃくとは分からない」とコメントされていました。

「コンから」は、氷こんにゃくと同量の鶏もも肉でつくった場合とくらべると、およそ487kcalもヘルシーだそうです。

引用元-−-やまでら くみこ のレシピ

独特の食感になるので注意

こんにゃくを冷凍してしまうと、解凍したときに中の水分が
抜け出てしまい、スポンジ状になってしまいます。
この状態になると、こんにゃくの食感はなくなりますし、
水に浸けても元には戻りません。

食感は、ゴムのような牛筋のような感じになります。
あえて、この食感を楽しむ人もいますが、
こんにゃくの食感を楽しみたいのであれば、
冷凍しない方が良いでしょう。

引用元-−-保存方法.com

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ