最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

野球の投手が行うべき筋トレとは

      2016/06/07

野球の投手が行うべき筋トレとは

野球の基本は、打って、投げて、走ることです。

このため、野球では特定の筋肉を使うということはありません。

肩の筋肉、腕の筋肉、下半身の筋肉、そして、インナーマッスル。

今回は、投手が鍛えるべき筋肉と筋トレの方法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


野球の投手の筋トレで注意すること

打つことが商売の野手にとって腕の筋肉を鍛える筋トレは欠かせません。

筋肉がないと力が入らずボールを遠くまで飛ばすことはできないでしょう。

これでは相手に勝てるわけがありません。

また、野手は走るのも商売なので下半身の筋肉を鍛える筋トレも欠かせません。

駿足の野手が打つと内野ゴロでも相手選手にとっては「内野安打になるかもしれない」と思わせプレッシャーをかけます。

その結果としてエラーを誘発します。

さらに、駿足の野手はシングルヒットが二塁打、二塁打が三塁打になる可能性も十分にあります。

しかし、投げるのが商売の投手にとって筋トレは必ずしも重要だということにはなりません。

むしろ、筋トレを行ない過ぎると逆効果になることが多いのです。

では、なぜ投手の場合は筋トレが逆効果になるのでしょうか。

それは、筋トレによって肩の三角筋が発達し過ぎると投球に必要な自由な腕の動きが制限されるからです。

確かに、プロ野球の投手の姿を思い浮かべてみると野手のように筋骨隆々の体型のひとはほとんどいません。

一部の例外を除いてみんなスリムな体型をしています。

野球の投手の筋トレはまず下半身を鍛える

ピッチャーは上半身ではなく、まずは最も大切な下半身を鍛えましょう。

これはテレビの野球解説者などが口を酸っぱくして何度も言っているので耳に焼き付いているひとも多いでしょう。

「ピッチャーは徹底的に走りこんで下半身を鍛えよ」と。

では、どうすれば下半身を効果的に鍛えられるのでしょうか?

筋肉を鍛えるためにはある程度の負荷をかけることが必要になります。

したがって、これはいかにして筋肉に負荷をかけるのが効果的か、と言い換えることもできます。

そのためには、手っ取り早くタダの「重力」を使うといいでしょう。

つまり、坂道や階段をダッシュするのです。

これなら長距離をだらだら走って時間ばかりかかるという非効率なトレーニングを回避することができます。

具体的には、50m程度ほどの坂道や階段を毎日20本から30本を繰り返して走るのです。

ちなみに筆者は野球の投手ではありませんが、高校のすぐ前は海だったので、体育の授業で砂浜ダッシュをさせられたことがあります。

確かにこれは効きましたね。

野球の投手の筋トレは次に上半身を鍛える

最も重要とされている下半身を鍛えたら、次は投球で使う胸、肩、背中の筋肉を鍛えます。

投球動作はこれらすべての筋肉を使います。

投手の筋トレを考えているのなら、当然球速アップを考えているはずです。

基本的に、速い球を投げる投手は肩の周りの筋肉が発達しており筋力があります。

その筋力で腕を振るから球にスピードが出るのです。

しかし、だからといって腕の筋肉だけを使って球を投げようとしてはいけません。

それは野手の投げ方で投手の投げ方ではありません。

投手は先に説明したように、胸、肩、背中の全ての筋肉を使います。

したがって、すべての筋肉がバランスよく鍛えられるように筋トレをする必要があります。最初はベンチプレスなどで上半身全体の筋肉を鍛える必要があります。

ただし、筋力増強を図るのであればこれらの筋トレはオフシーズンに取り組むべきでしょう。

そして、シーズンに入ったら筋力を維持する程度の筋トレに留めておくことも大切です。

野球の投手のコントロールを良くするトレーニングとは

いくら球速がアップしてもコントロールがなければ試合に勝つことはできません。

時速160kmの球を投げてもストライクが入らなければアウトを取ることができず四球の連続ということになり、押し出しで敵に得点を与えることになります。

では、コントロールをよくするためにはどのようなトレーニングを行なえばいいのでしょか?

それにはポイントを3つに絞ることができます。

1点目は、正規の距離で投球練習をすること。

具体的には、投球練習を行うときには野球のルールで決められた正規の距離を守って投球することが大切です。

この練習を毎日続けていればコントロールが良くなってきます。

2点目は、正しい投球フォームを身につけること。

確かに、投げる度にフォームが違っていればコントロールがつくはずもありません。

同じフォームで投げるから同じ球を投げられるのです。

そうすれば自然とコントロールは良くなります。

3点目は、投球時の軸足を安定させること。

確かに、投げるときに軸足がぶれるようであれば安定したコントロールは期待できないでしょう。

具体的には、軸足だけでジャンプして着地後にふらつかなくなるまで鍛えます。

野球の投手にセンスは必要か

最後に、野球の投手にセンスは必要なのかについて考えてみましょう。

一流の投手にはセンスがあるとよく言われます。

では、センスがないと一流にはなれないのでしょか。

投手にとってセンスは重要ということではありません。

もちろん、センスはあった方がいいでしょう。

しかし、投手にはそれ以外にも重要なことが数多くあります。

では、投手が身につけなくてはいけないこととは何でしょう。

投手は投球するとき腕を振る十分な速さが必要です。

それだけでなく、俊敏な踏み込みも重要になってきます。

また、全体的な柔軟性も必要とされてきます。

これらの基本が身に付いていない投手はセンスがいくらあっても、それを十分に生かすことはできません。

もちろん、これらは簡単に身に付くものではありません。

また、どれ一つ欠いても良い投球はできないので、日々の練習で身に付けるしか方法はないでしょう。

その時は、自分が目標としている投手の投球フォームをイメージするのもいいでしょうし、胴上げ投手になっている自分をイメージするのもいいでしょう。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ