最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

野良猫と思われる子猫を保護したいけどどうすれば良い?

      2016/06/07

野良猫と思われる子猫を保護したいけどどうすれば良い?

道端に捨てられている子猫を見つけると、可愛そうなので保護したいと思う人は多いでしょう。

でも、その子猫をそのまま家のなかに連れてきて良いものでしょうか。

今回は、野良猫と思われる子猫を保護するときの注意点を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


まず子猫が野良猫なのか確かめよう

子猫を見つけて保護する前に、飼い猫でないのか、つまり、飼い主がいないか確認しましょう。飼い主に無断で子猫を保護すると、窃盗罪に該当する危険性があります。では、どうやって飼い主を探せば良いのでしょうか?

まず、ポスターを探しましょう。飼い主にとっては愛猫がいなくなったら、一刻も早く見つけたいと思うものです。そのために、電柱などにポスターを貼っている光景を目にすることもあります。近所にそういったポスターが貼られていないかを確認しましょう。もし、ポスターが貼ってあればそこに記載されている連絡先に電話して、その子猫を見てもらいましょう。逆に、猫を保護しているというポスターを家の前等に貼っておくのも良いでしょう。家の前を通りかかった飼い主が連絡してくれるかもしれません。

また、交番に届けている飼い主がいるかもしれません。近所の交番で猫を探している人がいないか訪ねると良いでしょう。

この他にも、動物病院に問い合わせするとか、迷子猫を探している掲示板もあるので、それを利用するのも良いでしょう。

いずれにしても、飼い主がいる子猫を保護することは窃盗罪にもなります。十分注意しましょう。

保護した子猫を家に入れる

飼い主が見つからず野良猫だと判断したら、保護した子猫は家に連れてくることになります。多くの場合、捨てられた子猫はダンボール箱等に入れられているでしょう。その箱ごと連れてきます。

その時に注意しなければいけないことは、野良猫には虫がついているということです。その状態で家の中に入れると、室内で虫が繁殖することもあります。隔離等の対策を講じておきましょう。

部屋の中に連れてきた子猫は警戒して箱のなかから出てこようとはしないでしょう。そんたときは、無理やり連れ出してはいけません。猫が自らの意思で出てくるのを待ちましょう。子猫の前に餌や水を置くのも良いでしょう。そうすれば、しばらくすれば子猫は箱から出てきます。

箱から出てきてた子猫は洗ってあげましょう。ペット用の洗剤があるのでそれを使うと良いでしょう。猫の体全体、そして肉球の間も丹念に洗ってあげましょう。そうすれば、野良猫だったとは思えないほど綺麗になります。

保護した野良猫は動物病院に連れていこう

保護した野良猫は体を洗うだけでは不十分です。次は、動物病院に連れていきましょう。野良猫には体の内側にも外側にも虫がいまず。これをそのままにしておくと、猫だけでなく飼っている人間にも悪影響を及ぼすことがあります。猫についている虫が人間に移ったり、病気に感染したりしたら大変です。

まず、怪我や病気がないかをしっかりと診てもらいましょう。そして、虫下しなどの薬を投与してもらいましょう。これで、体内にいる寄生虫はいなくなるでしょう。そして、最後は予防注射を打ってもらいましょう。これでまずは安心です。

いずれにしても、獣医さんに野良猫だったということを伝えておきましょう。相手も動物のプロです。適切な処置を講じてくれるでしょう。

なお、気になる人は猫エイズや白血病検査を受けると良いでしょう。ただし、これには検査料として1万円ほどかかります。

この検査料を合わせて診察料として2万円ほどを見ておけば良いでしょう。この出費は痛いと思うかもしれませんが、可愛い子猫のためだと割り切りましょう。

子猫を保護できない場合は里親を探そう

子猫を保護したくても家族の反対等で家では飼えないこともあるでしょう。そんなときは、猫の里親を探しましょう。

学生だったら、学校のクラスメイトに聞くのが一番でしょう。まず、人数が圧倒的に多い。それに、生徒同士のネットワークだけでなく、親のネットワークも活用できます。割とすんなりと里親が見つかるかもしれません。

クラスメイトがダメなら、人がよく出入りするスーパーやコンビニに頼んで、里親募集のポスターを貼らせてもらうのが良いでしょう。実際に、スーパーなどの入り口でこういったポスターを目にした人も多いでしょう。

その他に、最近は里親募集の掲示板があります。それを利用するのも良いでしょう。こちらは猫が好きな人が利用しているので、里親が見つかる可能性があります。

なお、里親も見つからなければ動物愛護センターに連れて行こうと考える人が出てくるかもしれません。そこに連れていけば「愛護」してくれると考えているかもしれません。しかし、そこは基本的に殺処分するところです。注意しましょう。

野良猫だった子猫と遊ぼう

野良猫だった子猫も慣れてくれば立派な飼い猫になります。一緒に遊びましょう。

餌を遣る食器はペットショップやホームセンター等で専用の物を売っているので、それを使うのが良いでしょう。この他に、猫と遊ぶときの必需品として、猫じゃらしがあります。これもホームセンター等で売っています。これが一つあれば、猫は遊び相手になってくれるので、しばらくは遊べます。

まとめ

ここまで、野良猫だった子猫を保護する際の注意点を見てきました。確かに、捨てられた子猫を見るのは辛いものです。猫好きなら保護したくなるのも無理はないことです。それに、子猫のうちは愛くるしくて可愛いものです。しかし、大人になるとそうではなくなります。そして、一度飼いはじめたら最後まで面倒を見るというのが飼い主の責任です。途中で飼うのが嫌になったからといって、猫を捨てるようなことは絶対に避けましょう。その猫にとっては2度も捨てられることにもなってしまいます。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - ペット

ページ
上部へ