話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

長引く咳は肺気胸かも?症状や原因、治療法などのまとめ

2014.10.27

咳の出ることが長引いてはいませんか?

風邪が治らないなぁ〜なんて呑気に考えている長引く咳が、実は肺気胸かもしれません。

イケメン病とも呼ばれる肺気胸についての情報をまとめました。

肺気胸ってどんな病気?

肺気胸とは、なんらかの原因で胸の膜に穴があき、肺が縮んでしまった状態の事をいいます。

もう少し詳しく説明すると、肺を覆う肺胸膜(内側の胸膜)と壁側胸膜(外側の胸膜)の間には胸膜腔があります。

この胸膜腔の圧力作用により肺は膨らむことができるわけです。

その圧力作用が働くなくなること、胸膜に穴が開いた状態になることにより肺気胸となります。

肺気胸のなかでも多いのが、胸にできたのう胞(空気の袋)が破裂して胸膜に穴が開く特発性の気胸です。

肺気胸は痩せ型の青年男子に多い病気ですが、のう胞ができやすいからのようです。ただ、なぜのう胞が出来やすいのか原因は分かっていません。

特殊な気胸に緊張性気胸があります。空気が一方的に胸膜腔に入り込み圧力を高め、肺を押しつぶし肺が著しく縮みます。
これは、命にかかわりますので、早期診断、早期治療が望まれます。

引用元-肺気胸(自然気胸)とは

気胸の症状

突然、発症することが多いです。

・呼吸困難(呼吸ができない、息が吸えない、動けない)
・チアノーゼ(顔色が悪い、唇の色が悪い)
・頻脈・動悸(心臓が拍動が早い、ドキドキする)
・咳
・違和感(特に肩や鎖骨の辺りに感じる)
・胸痛
・空気飢餓感(空気が吸えないように感じる)

などの症状があります。
特に緊張性気胸は、片肺が機能しないので、ショックになったりしますので、一刻も早い処置を必要とします。

引用元-All About

長引く咳が風だと思ったら肺気胸だった方も

内科の先生に「風邪で咳が止まらないんでちょっと診てらえます」てな感じで診てもらい、その場は心配いらないでしょみたいな感じの雰囲気であったが、最後に「レントゲン撮っときます?」って聞いてきたので、まあ肺炎にでもなってたから嫌だと思って一応撮ってみたら、「ああー、気胸ですね」と言われた。

引用元-気胸の歩み

肺気胸の原因は何か?

肺胸膜直下に存在するブレブの破裂によって起こります。

ブレブとは、直径1cm程度の異常気腔で、正常肺と異なり破裂しやすく、自然気胸の原因になります。

ブレブの破裂は、運動、怒責(どせき)、咳(せき)などで肺胞(はいほう)内圧が上昇した場合や、飛行機搭乗、ダイビングなどで大気圧が低下した場合に起こりますが、大半は安静時に発症します。

発生率は、人口10万比40〜50人といわれています。好発年齢は10〜20代であり、性別では圧倒的に男性に多く、背が高く、やせた人に多く発症し、患者さんの約70%は喫煙者であることが特徴です。

引用元-gooヘルスケア

 

以上のような特徴の人が発症しやすい原因は特定されていませんが、

・成長期などに肺の成長が間に合わず引き伸ばされてしまった
・ストレスや過労により肺の組織が弱っていた
・季節の変動によるもの

などが考えられています。しかし、いずれも確定的なものではありません。

また、自然気胸は上記以外の特徴以外の人にも発症しますし、それほど稀なことではありません。
年配の人が気胸になった場合、それ以外の結核や肺がんなどの疾患がある場合が多いです。
女性が気胸になった場合は、子宮内膜症の症状のひとつとして発症する場合があります。

引用元-カラダノート

女性特有の生理による気胸

生理による気胸生理の前後に発症する珍しい気胸があり、月経随伴性気胸といいます。
これは子宮内膜の成分が肺や横隔膜にでき、生理のときに子宮内膜成分が剥がれ横隔膜に穴が開く、あるいは肺に穴が開くことが原因と考えられています。

気胸は女性には比較的少ないので、女性が気胸を起こしたときは、月経随伴性気胸の可能性も考えます。治療は外科療法かホルモン療法を行います。

引用元-大阪医科大学 外科学講座 胸部外科学教室

気胸の予防法は無いようです

気胸は突然起こる病気で、原因がはっきりしていないため、残念ながら予防する方法はありません。

しかし、喫煙については、40歳代から70歳代くらいにかけて多く起こる肺気腫に関係が深いと言えます。

肺気腫とは、肺胞壁が壊れていく病気で、呼吸が困難になり非常に苦しい病気です。肺に弱い部分が出てくるので、結果的に気胸も起こりやすくなります。
ですから喫煙は、極力控えるべきだと思います。

引用元-四谷メディカルキューブ

気胸の治療方法

自然気胸の治療を中心にお話します。
気胸の程度が軽症で症状がなければ、外来でどきどき胸部エックス線検査を行って経過観察を行ってかまいません。このときは安静にして穴のふさがるのを待つのです。

針で胸の空気を抜く方法もあります。もれた空気を抜くと肺は膨らみますが、それにより肺がしぼんで閉じていた穴が再開通する可能性があるので、軽症なら放置していたほうがよいでしょう。

気胸の程度が中等症や重度のときは、入院して胸に管を入れて、管の反対側を箱に取り付けます。
この管を胸腔ドレーン、箱をドレン・バックと呼びます。
この箱は、あふれ出た空気を外に排出しますが、外から空気が逆流しない仕組みになっています。管を入れたままにしておき、空気があふれなくなったら管を抜きます。

以上の治療法は保存的治療と呼び、気胸の原因であるブラに対する治療は行っていません。

引用元-東京慈恵会医科大学付属 柏病院

症状が軽い場合は日帰り手術もできるようです

気胸の手術は全身麻酔をして胸に5mmの切開を3ヶ所開けて行ないます(ブラが3cm以上と大きい場合、 3つの傷のうちの1つが約2cmとなる場合があります) 。

手術時間は約30分で、肺の一部にあるブラを切除、あるいは縫い縮めます。

術後は手術して2〜3時間で歩行可能で食事もとれます。

手術当日、ないしは翌朝に胸のチューブを抜き退院です。

退院後は1週間後に抜糸に来ていただくだけですので、重労働でなければ退院直後より仕事にも復帰できます。

引用元-多根総合病院

肺気胸に関するTwitterでのつぶやき

https://twitter.com/poison_mimi/status/496508226662178818

https://twitter.com/ttmtks/status/483939133480370177

https://twitter.com/jackie_san8716/status/482479313514541057

https://twitter.com/rink603/status/479269981814009856

 - 健康・病気