最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

防音効果の高い部屋の作り方を教えます

      2016/06/07

防音効果の高い部屋の作り方を教えます

自宅でカラオケの練習したい、発声練習したい、楽器の練習をしたいなど、やりたいけれども隣近所に騒音が出てしまい苦情がきて何もできなくなった。

そんな悩みに自分でできる部屋作りと防音効果のある作り方を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

胃腸炎で病院へ行く、行かないの判断はこれ!

ノロウイルスや細菌が原因となる急性胃腸炎は下痢、嘔吐、吐き気...

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

スポンサーリンク


防音を目的とした部屋の作り方

自宅に居ながら大音響で映画を観たり大声で歌の練習をしたりできたらその分野に趣味をおく人にとったらどんなにすばらしいことでしょう。

しかしながら狭い日本においてそんなことを実現できる人間は限られていますよね。

ここで、少し防音の基本的なことを簡単に考えてみましょう。

音の伝わり方として、部屋に居て聞こえてくる物を叩く音や階段を降りる足音など、物体を介して伝わる音と、人の話し声や走る車の音だったり、空間を介して伝わる音の2つがあります。

防音効果のある部屋の作り方として、音を止める遮音と音を吸収する吸音があります。

遮断に効果があるのが、比重の重いコンクリートやか鉛など、吸音に効果のあるのが柔らかい素材で空気室の多いスポンジやグラスウールなど、これらの材料を組み合わせて音の漏れにくい部屋の作り方をしていくということになります。

音は空気を振動させながらまっすぐ進むので多孔質な素材を使えばそのぶん伝わる距離を相当稼げます。

ということは吸音ということになりますね。

防音効果のある部屋作りのポイント

自力で自分の部屋を防音対策するというのは労力も要りますし、ましてや高コストでやるのならなにも自分で作らなくても業者さんにオーダーすればいいことですよね。

しかしながら、お金をあまりかけないで自分の部屋を自分で好きなように防音対策していきたいという方もたくさんいらっしゃると思います。

部屋の作り方と言っても作るというより対策を施すという言い方のほうが合ってる感じですが、いざやるとなればそれなりの労力も使いますしある程度のコストも考えながら作業を進めていく必要がありますね。

まず、床は遮音、回りの壁もできる限り遮音、窓とか空気が通るところは吸音という考え方でいいと思います。

材料については通販でもいいのですが自分の目で確認できるホームセンター等で購入するのがベターかと思いますね。

店員の方に直接聞いたり相談したりできますので一石二鳥みたいな感じでいいと思います。

車を持ってる人であればそのまま積んでこれますし、積めなければ代車を貸してくれるところもありますのでとても便利です。

また車を持ってない人でも頼めば配送してくれるところがほとんどです。

防音効果の高い材料の選び方

防音に関係する材料や品物は多種多様になりますので自分の目的にあったものを効率よく選ぶためにある程度のリサーチは必要になってくると思われます。

せっかく買っても役にたたなかった・・ではショックも大きいですし、さらには返品もできなかったなどとなれば泣きっ面にハチです。

ネットサーフィンや実際にお店を回ったりしてそこそこの情報を吸収してからのほうがぜったいにうまくできると思いますので、そこはめんどうがらずにしっかりと実行しましょう。

防音専門のお店はあると思いますが、ホームセンターなどで購入する場合だとやはり店員に聞くのが手っ取り早いのですが、あまり詳しくない人に聞いてもしょうがありません。

なので数店舗でリサーチする必要があるのです。

では、どのようなものがいいのでしょうか。

たとえば部屋が賃貸の場合で床の防音をしたいのであれば、防音マットがけっこう有効ですが、ただし少しコストが高くなります。

お勧めなのは防音カーペットになります。

大きさにもよりますが一畳あたり二千円を割るくらいのものもありますので自分でカットしてもつかえますのでとても便利です。

窓の隙間を埋めるのは「マスキングテープ」これで決まり!接着力が強いわりに剥がしやすい。

なにしろ安く手に入ります。

防音効果を考えた作り方

では、実際に作っていきましょう。

床は簡単に防音カーペットでいきますね。

次は窓の対策です。

まず、窓の隙間を埋めるために窓の全周をマスキングテープで塞ぎます。

で、吸音材として使いたいのがダンボールですね。

紙製のダンボールは手軽で良いのですが、耐久性を考えると少し不安がでてきます。

そこで登場するのがプラスチックダンボールなるものです。

軽量かつ安価で、カッターで簡単に切れますので素人でも扱いやすい材料です。

サイズは既製品のものをカットして使用するようになります。

多孔質で音の空気伝搬を抑制させるのにもってこいの材料だと思います。

窓のサイズに合わせてカットして貼り付けはやはりマスキングテープで施します。

空気伝搬ということもありテーピングは手を抜かないようしっかり貼り付ましょう。

プラスチックダンボールは再度使用することを踏まえたことも考えてカットした部分は丁寧に貼り合わせておきましょう。

賃貸の場合は作成したサイズは持家の一軒家などよりはコンパクトになると思いますので脱着可能という思考で作業したらいいと思います。

作り方は難しく考えるとそこで止まってしまいますので、とりあえずやってみるということのほうがいいですね。

形ができれば気に入らないとこはすぐ修正できますので、まず実行です。

防音部屋の作り方で大事なこと

防音はかなりグローバルで外からの騒音を減らしたいのと自分がだした騒音を外に漏らしたくないとの二つがありますが、どちらも対策の方法はいっしょだと思います。

外に漏れない防音対策をしても固体の伝導からくる音もありますし、建物によって賃貸など自力では対応が不可能な場合もあります。

お金をかければ対策も十分なのでしょうが、できれば低コストで施工できればそれにこしたことはありません。

私はマンションの6階に住んでるのですが、ある日に下の階の隣の部屋の方が来ましてある時間帯に子供が走り回る音と、掃除機の音がするのでなんとかなりまでんかという苦情が来ました。

なんで斜め上の階から騒音が出るんだろう?自分はその時点で子供は自立して夫婦ふたりだけの世帯だったので、子供は同居していませんしその時間帯に掃除機も使っていませんでした。

ちょうど東日本大震災から一年くらい経過してたころなのでなにか建物の中で異変がおこっていたのかもしれません。

騒音はどこからともなく発生します。

まさか自宅から騒音が・・これは専門分野にお願いしない限りわからないことです。

防音効果のある部屋の作り方と言ってもそれなりにやってみるしかないのが現状ですので安易に考えないでかつしっかりと防音に挑戦していきましょう!

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ