最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

面接で趣味のライブ話をするのはプラスになるのか

      2016/06/07

面接で趣味のライブ話をするのはプラスになるのか

多くの人は履歴書の趣味の欄に音楽鑑賞と書くでしょう。

でも、それではありきたりです。

それでは、ライブに行くことと書いたらどうなるのでしょうか。

面接官の評価はあがるのでしょうか。

今回は、そんな趣味のライブについて紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


面接で趣味のライブ話はプラスになるのか

まず、面接で趣味のライブ話はプラスになるのかどうかについて見ていくことにしましょう。

それには大企業で面接を担当していた人の話が参考になるでしょう。

その面接官の話によると、履歴書の趣味欄にライブと書いていれば、その人は積極的な人だとイメージを受けると良います。

面接官が知っているような有名なアーティストは当然としても、無名のアーティストのことを書いてあったとしても好印象を受けたと良います。

もし、熱心に応援しているアーティストがいる女性の方は履歴書にそのことを書いたとしても、面接官に悪い印象を与えることは少ないでしょう。

仮に、そのことで悪い印象を与えるとしたら、そもそもそういう会社への就職は考え直した方が良いのかもしれません。

なお、面接官によっては、なぜそのアーティストが好きなのかを聞いてくる人もいるそうなので、事前にその理由を上手説明できるように予行練習をしておいた方が良いかもしれません。

また、代表的な曲についても説明できた方が良いでしょう。

趣味のライブはストレス発散になる

履歴書の趣味欄にライブと書いた場合、面接官によっては、なぜライブに行くのか理由を聞かれることになるかもしれません。

そういう場合に備えて、理由もきちんと説明できるように準備をしておきましょう。

そういう時は、ライブに行くのはストレス発散になるから、と答えるのが良いようです。

なぜなら企業によっては社員のストレスに対する耐性を要求するところが多いからです。

そのため、ストレスを発散することができる、良いかえるとストレスに対する耐性を持っていることで評価があがる場合もあります。

企業はよく体育系の学生を積極的に取るという話をよく耳にします。

そういうスポーツで鍛えられてきた学生は、ストレスに対する耐性が備わっていることを評価しているといえるでしょう。

体育系の学生なら、あえてストレス発散のためにライブに行くことを話す必要はないでしょう。

しかし、そうでないなら、履歴書の趣味欄にライブのことを書いておいて損をすることは少ないでしょう。

面接では意外性を求めたライブ話はNG

音楽鑑賞ではありきたりなので、いままでライブに行ったこともないのに、履歴書の趣味欄にライブのことを書くことはおすすめできません。

なぜなら、面接でライブのことを聞かれても抽象的な話しかできず、具体的な話ができないからです。

たとえば、面接官に趣味のことを聞かれ、「これからはライブに行こうと思っています」と答えたとしたら、評価は一気に下がるでしょう。

なぜだか分かりますか。

面接官は今の趣味のことを聞いています。

しかし、答えはこれからの趣味のことを話しています。

これでは面接官の質問が理解できていないと白状しているようなものです。

ライブに行ったことがないのなら、音楽鑑賞と書いておく方が無難です。

そうすれば、話のつじつまが合わなくなることもないでしょう。

また、面接官と思わぬところで音楽に対する嗜好が同じということが分かり、突っ込んだ話になることもあるでしょう。

そうなれば、面接官に好印象を与えることもできるでしょう。

趣味のライブを書くなら質問しやすくする

もし、履歴書の趣味欄にライブのことを書くのであれば、面接官が質問しやすくなるような工夫をしましょう。

それが好評価につながる一つのポイントだともいえるでしょう。

多くの人が書くように、音楽鑑賞だけではダメです。

ひと口に音楽といっても、クラシックからジャズ、ロックなど多様なジャンルがあります。

また、聞き方としてもライブに行くのか、自宅でダウンロードして聞くのかなど、色々な聞き方や楽しみ方があります。

したがって、どのようなジャンルの音楽が好きで、どのような楽しみ方をしているのかを具体的に書く必要があります。

そうすれば、ただ音楽鑑賞と書くよりも面接官は質問しやすくなるでしょう。

たとえば、ライブに行くのであれば、どのような時にライブに行くのか。

また、頻度はどのくらいなのか。

ライブ会場ではどのように振る舞っているのかなどを簡潔にまとめて書いておけば良いでしょう。

そのことに興味を持った面接官は具体的に質問をしてくれるでしょう。

趣味のライブは履歴書にかけるレベルにする

もし、今までライブに行ったことがないのに、どうしても履歴書の趣味欄にライブのこと書きたいのなら、今から実績を作りましょう。

そうすれば、面接で突っ込まれた質問をされても無難に切り抜けることができるでしょう。

本当にライブが大好きで毎週のようにライブに通っている人は、いままで多くの時間をライブ鑑賞に費やしてきています。

そして、ライブに対する情熱も人に負けていないという自負も持っているでしょう。

あなたは、今からそういう人たちと対等に渡り合わなければいけないのですから、そうとうの覚悟は必要とされるでしょう。

まとめ

これまで見てきたように、面接で趣味のライブの話をすることはマイナスではありません。

むしろプラスの評価してもらえることが多いのです。

そのときは面接官が質問しやすくなる工夫をしましょう。

そして、面接官には具体的にライブの魅力を伝えましょう。

そうすれば、あなたの評価もきっとあがることでしょう。

Twitterでの関連したつぶやき

https://twitter.com/j_e_u_g_s/status/732461021592309760


https://twitter.com/x_xymz/status/730343545744162816

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ