最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

頭皮の毛穴詰まりはトラブルの元! 自分で掃除する方法は?

      2016/06/07

頭皮の毛穴詰まりはトラブルの元! 自分で掃除する方法は?

男女とも、抜け毛や頭のニオイに悩む人は多い様子。

これらにはいくつか原因がありますが、中でも頭皮の毛穴詰まりが原因だということは知っていますか?

この頭皮の毛穴のケア、専門店もありますが、何かと忙しい現代です。

自分で”掃除”することは出来るのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

スポンサーリンク


頭皮の毛穴に皮脂が詰まる… 抜け毛やニオイの元に

抜け毛や頭皮からの加齢臭に悩むのは男だけ、なんて考えていませんか?

実は女性だって、この問題は他人事ではありません。

”髪は女の命”と昔から言われるように、綺麗な髪は女性のステイタス。

出来るだけ長くその魅力を保ちたいと考えますが、男女とも、年齢と共に髪の毛と頭皮の健康が失われてしまいます。

「最近抜け毛が増えた?」、「頭皮が臭っている?」と思い始めたら、それは多分、気のせいではありません。

こうした悩みの一番の原因は、なんといっても”加齢”。

続いて多いのが、心身にかかるストレス、食生活の乱れです。

体の他の部分と同じく、髪の毛の根本・頭皮も加齢により衰えてきます。

また年齢によりホルモンバランスが崩れることで、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴に溜まるのです。

毛穴に皮脂が溜まると、いわゆる加齢臭の原因になりますし、新しい毛が生えてくるのを阻害してしまいます。

まだ自分は若いから大丈夫、とは決して思わないでください。

将来、美しい豊かな髪を失わないよう、今から頭皮のケアを始めましょう。

あなたの頭皮は健康ですか? そのチェック方法とは

では、まずあなたの頭皮が健康かどうかチェックしてみましょう。

このチェック、勿論専用のサロンでマイクロスコープを使って診てもらうことも可能ですが、自分でも簡単にすることが出来ます。

必要なのはスマホやカメラ、これだけです。

これをズーム(接写モード)にして、自分のつむじの周辺を撮ってみましょう。

撮れた写真でまず見るべきなのは、頭皮の色です。

頭皮が青白い色をしている時は、頭皮の血行がよく、毛細血管が透けて見える状態であり、健康である証拠です。

頭皮の色が赤い場合は、頭皮の健康が失われている証拠。

この状態の頭皮は皮脂分泌が過剰になっている場合が多く、同時にフケや炎症などのトラブルを抱えています。

次にチェックすべきなのは、頭皮が乾燥していたり、脂ぎったりしていないか、ということ。

乾燥も、頭皮にとってはマイナス要素です。

様々なトラブルの原因となるため、保湿をする必要があります。

逆に頭皮が脂っぽくベタついている場合は、皮脂の量が多くなっている証拠です。

最後に確認したいのは、頭皮の柔らかさ。

こめかみ部分と同程度の柔らかさが理想的とされています。これよりも固かったり柔らかすぎる場合は不健康な状態であると言えます。

頭皮の毛穴掃除、週に1度はクレンジングをしよう

ニオイや抜け毛、発毛の阻害の原因である頭皮の皮脂は、毛穴から分泌されています。

ですから頭皮と同時に毛穴のケアや掃除が重要になってきます。

やはり美容院など専門店でヘッドスパなどを行うのが効果的ですが、毎日のことですから自分でも行いたいですよね。

では、セルフケアで毛穴を掃除するにはどうすればいいのでしょうか?

・毛穴に詰まった汚れにはクレンジング
毛穴に詰まるのは汗や皮脂だけではありません。

普段使う整髪料も毛穴に詰まり、トラブルの原因となります。

シャンプーで落としきれないこういった汚れは、クレンジングで落とすのが効果的です。

頭皮用のクレンジングオイルも市販されていますが、椿油やホホバオイル等に頭皮によいアロマオイルをブレンドしたものを使うのも効果的です。

使い方は簡単です。

ヘアブラシで軽く髪をとかした後、髪を濡らす前にオイルを頭皮全体に馴染ませ、指の腹を使ってまんべんなく、優しくマッサージしていくだけです。

特に、耳の後ろから頭頂部は皮脂の分泌が多い場所なので、念入りに行いましょう。

その後、時間はおかずにお湯でよく洗い流し、普段と同じように洗髪しましょう。

1週間に1,2回はこうしたクレンジングを行うと効果的です。

普段のシャンプー・リンス 正しい使い方とは?

普段使っているシャンプーやリンス・コンディショナーの見直しの必要はあるのでしょうか?

最近はノンシリコンのシャンプーも多くなり、その他の成分も天然成分を配合したもの、頭皮ケアを意味するスカルプケアをうたうものも多く市販されています。

ただ、こうしたシャンプーの成分も大切ですが、本当に重要なのは正しい洗髪方法です。

1.シャンプー前に軽くヘアブラシでとかす

汚れを浮き立たせる効果があります。

2.シャンプー前に髪と頭皮をお湯で十分洗い流す

特に重要とされる工程です。

ただ濡らすだけではなく、十分にお湯が髪と頭皮に行き渡るようにします。

摩擦による髪の痛みを防ぐほか、半分以上の髪の汚れはこの工程で落ちます。

3.手でしっかりと髪の水気をきる

泡立ちがよくなり、髪の摩擦が更に抑えられます。

4.シャンプーは頭皮に揉み込むように洗う

髪の毛ではなく、頭皮をマッサージする感覚で洗いましょう。

爪を立てず、指の腹を細かく動かすのがコツです。

5.すすぎは念入りに行い、水気はしっかりと切る

どんな成分のシャンプーでも、肌に残るとトラブルの原因になります。

再び指の腹を使い、念入りに流すようにしましょう。

6.リンスやトリートメントは頭皮につけない

頭皮にこれらがつくと毛穴を塞ぐ要因になるため、毛先につけるようにしましょう。

頭皮の健康を守るために、毛穴の掃除以外に必要なケアは?

頭皮の毛穴掃除の方法を見てきましたが、これだけでは根本的な解決になりません。

・頭皮の毛穴を掃除する
・頭皮を柔らかく保つ
・生活習慣を整える

この3つを同時に行わないと意味がありません。

頭皮が固いままだと、血行がよくないため毛根にまで必要な酸素や栄養が届きません。

そして生活習慣が悪いと、ストレスから皮脂の分泌が過剰になり頭皮も固くなります。

――そう、全ては繋がっているのです。

頭皮を柔らかくするには、頭皮へのマッサージの他に、血行をよくする必要があります。

この血流は、肩や首のコリや眼精疲労が原因でもあります。

普段から、姿勢を正しくすることを心がけましょう。

栄養は中と外から、つまり頭皮への直接の栄養と、体内からの栄養どちらも重要です。

昔から髪によいとされている海藻などを摂取する他、油っぽい食事は少なくし、お酒や辛いものはほどほどにする等、一般的に”健康な食生活”こそが、頭皮トラブルを遠ざけるのです。

10年、20年後も豊かで綺麗な髪の毛を残したいと思うのは、誰でも同じこと。今からできる頭皮と毛穴ケアで、健康な髪を保ちましょう。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ