最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

風邪やインフルエンザからの気管支肺炎に注意!予防法や治療法などのまとめ

      2016/06/07

風邪やインフルエンザからの気管支肺炎に注意!予防法や治療法などのまとめ

寒い時期になると風邪やインフルエンザなどからこじらせてなる気管支肺炎

感染性もあるこの気管支肺炎の原因や症状、治療法などの情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


気管支肺炎とは?

shutterstock_136615676

気管支肺炎(きかんしはいえん、英: bronchopneumonia)は、肺炎の形態のひとつで、大葉性肺炎に対する概念である。炎症の範囲は細気管支と肺胞を含む小葉に限局しているものをいう。小葉性肺炎(しょうようせいはいえん、英: lobular pneumonia)あるいは巣状肺炎(そうじょうはいえん、英: focal pneumonia)ともいう。

引用元-ウィキペディア

小葉性肺炎,カタル性肺炎ともいう。細気管支を中心にして起る肺炎で,炎症部分が肺胞全体に広がる普通の肺炎に比べて,一般に熱,咳などの症状は軽症である。レンサ球菌,ブドウ球菌の感染による場合は,上気道炎から続発し,流行性感冒などにかかって起る場合は,気管周囲炎や細気管支炎から続発することが多い。

引用元-コトバンク

気管支肺炎の原因と症状

■気管支肺炎の原因菌

乳幼児期の気管支肺炎の原因菌は、肺炎球菌や
インフルエンザ菌によるものが多く、
学童期では、肺炎球菌、マイコプラズマによるものが多くなります。

成人の場合は、大腸菌などの弱毒菌の感染によるものが多いです。
弱毒菌とは、毒性の弱い菌で、ヒトや環境に普通に存在し、
健康な人にはほとんど問題になりませんが、免疫不全者や
免疫力が弱っていると、感染を引き起こす菌のことです。
■気管支肺炎の症状

気管支肺炎の初期の症状は、咳や痰、発熱、
喘鳴(ぜいめい、呼吸の際ゼーゼーなどの雑音を発する)などです。

一般的に、ウイルスによるものは症状が軽く、
細菌によるものは程度が強くなる傾向があります。

また痰の様子は、ウイルス性では透明に近く、
さらっとしていますが、細菌のものでは黄色くて、ドロッとしてきます。

症状は次第に重くなり、全身症状を示すようになります。

引用元-病気ガイド 〜気になる病気の症状・治療法を簡単解説

気管支肺炎の治療法

気管支炎や肺炎の治療は、ウイルス性の気管支炎・肺炎では痰を出しやすくするなどの対症療法が中心です。細菌によるものは抗生物質を使う必要もあります。ただし、症状だけからでは区別が付かないことも多く、症状が強い時には抗生物質を最初から使うこともよくあります。

呼吸の状態が悪いときには、点滴、酸素投与などの治療が必要になり、入院治療になることもあります。

昔にくらべれば栄養状態や生活環境が良くなったために、入院が必要な肺炎になることは少なくなってきました。しかし、子どもは容態が急に変わることも少なくありません。お子さんの様子を見ながら、早めに対処をして下さい。

引用元-塚田こども医院

一般的な肺炎の治療は薬で行います。肺炎に使われる抗菌薬は、原因と推定される病原菌にあわせて使い分けますが、ペニシリン系やセフェム系など種類が様々ですので、主治医の説明を聞いた上で正しく使用してください。

一般的な肺炎の場合はこれらの薬剤を内服や点滴することで、病原体の繁殖を抑えて治療します。

治療を行う際は、入院して安静を保つことが原則です。長期入院が必要というイメージを持たれている方も少なくありませんが、全身状態が良好で軽症な肺炎の場合は入院せず、内服と外来で行う点滴のみ治療することもあります。

引用元-All About

気管支肺炎の予防法!風邪やインフルエンザの予防が大事

まず風邪・インフルエンザを予防する
風邪に効く注射はありませんが、肺炎を予防するためのワクチンはあります
肺炎・気管支炎は、呼吸器感染症。風邪やインフルエンザにかかって喉に炎症が起きると、健康な状態に比べて肺炎・気管支炎を引き起こす細菌やウイルスに感染する確率が非常に高くなります。

まずすべき予防法は、風邪とインフルエンザに気をつけることです。手洗いや水道水によるうがい、使い捨てのマスクを意識して使ってください。インフルエンザのシーズンには、流行前のワクチン接種が有効です。

少しの工夫で風邪とインフルエンザを防ぐことで、結果的に長引く肺炎の予防につながります。

引用元-All About

かぜと急性気管支炎の原因のほとんどはウイルスです。ウイルスを吸い込んでも気管支炎になるのは7割程度で、すべての人が発病するわけではありません。発病は、吸い込むウイルスの量、抵抗力の低下、慢性の呼吸器疾患の有無に左右されます。従ってかぜや気管支炎の予防としては、規則的な生活を心がけ、バランスのよい食事と十分な睡眠をとり、飲酒と喫煙の節制に務めて抵抗力を落とさないようにします。また慢性の呼吸器疾患の人はかぜの時は直ちに受診し、肺炎に進行しないように早めに抗生物質を服用します。

引用元-国立病院機構 熊本医療センター

気管支肺炎に関するTwitterでのつぶやき

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ