最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

風邪やインフルエンザからの気管支肺炎に注意!予防法や治療法などのまとめ

      2016/06/07

風邪やインフルエンザからの気管支肺炎に注意!予防法や治療法などのまとめ

寒い時期になると風邪やインフルエンザなどからこじらせてなる気管支肺炎

感染性もあるこの気管支肺炎の原因や症状、治療法などの情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


気管支肺炎とは?

shutterstock_136615676

気管支肺炎(きかんしはいえん、英: bronchopneumonia)は、肺炎の形態のひとつで、大葉性肺炎に対する概念である。炎症の範囲は細気管支と肺胞を含む小葉に限局しているものをいう。小葉性肺炎(しょうようせいはいえん、英: lobular pneumonia)あるいは巣状肺炎(そうじょうはいえん、英: focal pneumonia)ともいう。

引用元-ウィキペディア

小葉性肺炎,カタル性肺炎ともいう。細気管支を中心にして起る肺炎で,炎症部分が肺胞全体に広がる普通の肺炎に比べて,一般に熱,咳などの症状は軽症である。レンサ球菌,ブドウ球菌の感染による場合は,上気道炎から続発し,流行性感冒などにかかって起る場合は,気管周囲炎や細気管支炎から続発することが多い。

引用元-コトバンク

気管支肺炎の原因と症状

■気管支肺炎の原因菌

乳幼児期の気管支肺炎の原因菌は、肺炎球菌や
インフルエンザ菌によるものが多く、
学童期では、肺炎球菌、マイコプラズマによるものが多くなります。

成人の場合は、大腸菌などの弱毒菌の感染によるものが多いです。
弱毒菌とは、毒性の弱い菌で、ヒトや環境に普通に存在し、
健康な人にはほとんど問題になりませんが、免疫不全者や
免疫力が弱っていると、感染を引き起こす菌のことです。
■気管支肺炎の症状

気管支肺炎の初期の症状は、咳や痰、発熱、
喘鳴(ぜいめい、呼吸の際ゼーゼーなどの雑音を発する)などです。

一般的に、ウイルスによるものは症状が軽く、
細菌によるものは程度が強くなる傾向があります。

また痰の様子は、ウイルス性では透明に近く、
さらっとしていますが、細菌のものでは黄色くて、ドロッとしてきます。

症状は次第に重くなり、全身症状を示すようになります。

引用元-病気ガイド 〜気になる病気の症状・治療法を簡単解説

気管支肺炎の治療法

気管支炎や肺炎の治療は、ウイルス性の気管支炎・肺炎では痰を出しやすくするなどの対症療法が中心です。細菌によるものは抗生物質を使う必要もあります。ただし、症状だけからでは区別が付かないことも多く、症状が強い時には抗生物質を最初から使うこともよくあります。

呼吸の状態が悪いときには、点滴、酸素投与などの治療が必要になり、入院治療になることもあります。

昔にくらべれば栄養状態や生活環境が良くなったために、入院が必要な肺炎になることは少なくなってきました。しかし、子どもは容態が急に変わることも少なくありません。お子さんの様子を見ながら、早めに対処をして下さい。

引用元-塚田こども医院

一般的な肺炎の治療は薬で行います。肺炎に使われる抗菌薬は、原因と推定される病原菌にあわせて使い分けますが、ペニシリン系やセフェム系など種類が様々ですので、主治医の説明を聞いた上で正しく使用してください。

一般的な肺炎の場合はこれらの薬剤を内服や点滴することで、病原体の繁殖を抑えて治療します。

治療を行う際は、入院して安静を保つことが原則です。長期入院が必要というイメージを持たれている方も少なくありませんが、全身状態が良好で軽症な肺炎の場合は入院せず、内服と外来で行う点滴のみ治療することもあります。

引用元-All About

気管支肺炎の予防法!風邪やインフルエンザの予防が大事

まず風邪・インフルエンザを予防する
風邪に効く注射はありませんが、肺炎を予防するためのワクチンはあります
肺炎・気管支炎は、呼吸器感染症。風邪やインフルエンザにかかって喉に炎症が起きると、健康な状態に比べて肺炎・気管支炎を引き起こす細菌やウイルスに感染する確率が非常に高くなります。

まずすべき予防法は、風邪とインフルエンザに気をつけることです。手洗いや水道水によるうがい、使い捨てのマスクを意識して使ってください。インフルエンザのシーズンには、流行前のワクチン接種が有効です。

少しの工夫で風邪とインフルエンザを防ぐことで、結果的に長引く肺炎の予防につながります。

引用元-All About

かぜと急性気管支炎の原因のほとんどはウイルスです。ウイルスを吸い込んでも気管支炎になるのは7割程度で、すべての人が発病するわけではありません。発病は、吸い込むウイルスの量、抵抗力の低下、慢性の呼吸器疾患の有無に左右されます。従ってかぜや気管支炎の予防としては、規則的な生活を心がけ、バランスのよい食事と十分な睡眠をとり、飲酒と喫煙の節制に務めて抵抗力を落とさないようにします。また慢性の呼吸器疾患の人はかぜの時は直ちに受診し、肺炎に進行しないように早めに抗生物質を服用します。

引用元-国立病院機構 熊本医療センター

気管支肺炎に関するTwitterでのつぶやき

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ