最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

魚の目の治療は液体窒素で!正しい治療法と再発防止法

      2016/06/07

魚の目の治療は液体窒素で!正しい治療法と再発防止法

一度できてしまうと何かとやっかいな魚の目。

歩くたびに痛いので悩んでいるという女性も多いのでは?

今回は魚の目の液体窒素による正しい治療法と再生防止法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


魚の目の最大の原因は足に合わない靴選び

女性は男性に比べて感受性が豊かと言われています。それは、女性が持つ本来の感性です。
その為、『いつまでもキレイでいたい。』『可愛い格好をしていたい。』『オシャレしたい。』という考えができるのです。これは本当に素晴らしいものです。

しかし、この感性が時として悲劇を生み出してしまうのです。

例えば、靴を買いに行ったと想定しましょう。
店頭に“A”と“B”という2つの靴が置いてありました。
Aは、『最新の流行が組み込まれ、見るからに美しく惚れ惚れするような靴です。しかし、実用性は低い物』です。
Bは、『実用性を求めた靴です。その為デザイン性は全く無視したダサい物』です。
どちらかを購入するとしたら、どちらを選ぶでしょうか?
大抵の女性はAを選ぶと思います。
でもAの靴を履き続け、『長時間の仕事』や『日常の生活(歩く)』をするなら足の裏はどうなるでしょうか?
実用性が低い分、足にかかる負担は大きくなるので、確実に足の裏は悲鳴をあげる事でしょう。

この足に合わない靴選びが、魚の目をつくる最大の原因となっているのです。

引用元-−-足裏イズム

魚の目は中途半端な治療では治らない

魚の目とは名前の通りに魚の眼球に似ていて、足の裏や指にできるのが特徴です。皮膚の角質の一部が厚くなり、皮膚の深いところにまで進入して、硬い芯を作ります。これが魚の目の原因になります。
魚の目は表皮の角質層が真皮内に向かって増殖し、円形状になっているため、近くで見ると少々気持ち悪い形をしています。

魚の目の正式名称は「鶏眼」と言い、別名で「コーン」と呼ばれることもあります。男女問わず魚の目はできますが、ハイヒールやサンダルでアスファルトの上を歩いたりする女性のほうが、足に余計な負担をかけてしまい、魚の目ができる確率が高いです。

また、魚の目の芯は皮膚よりも深い部分にできるので、芯の部分をしっかりと除去しないと完治しません。はさみや爪切りなどを使って、魚の目をえぐって取ろうとしてもは芯は取りきれません。
中途半端な治療法では表面を削るだけなので、結局は何度も魚の目が再発してしまいます。皮膚を傷つけてしまい、ばい菌で化膿することもありますので、刺激を与えるのは控えましょう。

引用元-−-メディチェ

液体窒素を使った治療法

液体窒素とは、読んで字のごとく「液化した窒素」です。

この液体窒素を使った魚の目治療は、正式には「冷凍凝結療法」と呼ばれていて、簡単に言えば「魚の目の部分に低温やけどを起こさせて治す」という方法です。

液体窒素はマイナス196℃にも達するものですから、それが皮膚に触れれば“やけど”(凍傷?)の状態になりますよね?

これによって患部の組織を壊死させてしまう…という、見方によってはちょっと荒療治な方法なんです。

液体窒素を綿棒などに染み込ませて患部に当てる方法を使う皮膚科もあれば、「クライオサージ」という装置で液体窒素をスプレーすることによって治療する病院もあります。

引用元-−-魚の目芯取り方.com

液体窒素による治療は痛いの?

TIG89_benchinikoshikakerujyosei500-thumb-815xauto-4230

皮膚科や外科などの専門医での治療方法としてある、液体窒素での治療の痛みですが、痛みに対する耐性が人によって違う事と、魚の目の大きさなどによって違いがありますので一概には言えませんが、痛みはあり、ジンジンするような痛みが治療後に暫く続きます。

通常、魚の目は1回の治療で終わる事が少なく、数回通院して治療しますので、痛みが引いたと思っても、次の通院でまた液体窒素で凍結して、削ったりするので毎回、痛みは続きます。

引用元-−-魚の目治療なう!

液体窒素の代わりにドライアイスを使って治療ができる?

ちまたには「液体窒素の代わりにドライアイスでうおのめが取れる」という噂があるようですが、これはNOです!液体窒素はマイナス196度なのに対し、ドライアイスはマイナス80度前後。倍以上の差があります。そのため、ドライアイスでは一瞬で患部を凍結することが出来ません。むしろ、低温火傷のような状態に悪化させてしまう恐れがあり、大変危険です。ピンポイントでの治療も難しいので、健康な皮膚まで傷つけてしまったり、いいことナシ!くれぐれも、ドライアイスでの自己治療は避けましょう。

うおのめが長引いた場合、頼りになるのはやっぱり病院。ウィルス性のイボなど、うおのめ以外の病気の場合もありますので、辛い時は我慢せずに専門医に見てもらいましょう。

引用元-−-Love Foot

魚の目の再発防止法

魚の目はできてしまうとなにかと厄介。予防や再発防止をしていきましょう。

魚の目は、足に合わない靴を履き続けることが大きな原因の一つでした。

特に女性はサンダルやハイヒールなど、足に負担のかかる靴を好んで履くのでトラブルがつきないんですね。

特定の部分に過度の圧力がかかるため、角質が厚くなりタコから魚の目となる。

ですから、せっかく病院で治療を受けても同じ靴を履けば再発する可能性があるわけです。

また外反母趾、巻爪というトラブルも起こしかねません。このようなトラブルを放っておくと将来的に膝、関節の痛みにまで発展する恐れがあって非常にこわいんです。

魚の目を再発させないためにも、日ごろからフットケアをしていきましょう。

フットケアを正しく行えば、足本来の機能がアップすることで冷え性、不眠、生理不順、だるさが改善されるというメリットも得られる場合があります。

足のトラブルを解消するということは、イコール健康になれると言っても過言ではないかもしれませんね。

決して難しいことはありません。

足に合わない靴を履かない、正しい歩き方をする。これだけでも随分と違ってくることでしょう。

ストレスのかかる部分に、衝撃吸収剤を利用するのも効果的。

足裏の皮膚は約30日で新しく生まれまわると言われています。正しいフットケアを行い、角質のないツルツル足を目指したいですね。

引用元-−-魚の目治療方法のツボ

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ