最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

魚の目の治療は液体窒素で!正しい治療法と再発防止法

      2016/06/07

魚の目の治療は液体窒素で!正しい治療法と再発防止法

一度できてしまうと何かとやっかいな魚の目。

歩くたびに痛いので悩んでいるという女性も多いのでは?

今回は魚の目の液体窒素による正しい治療法と再生防止法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


魚の目の最大の原因は足に合わない靴選び

女性は男性に比べて感受性が豊かと言われています。それは、女性が持つ本来の感性です。
その為、『いつまでもキレイでいたい。』『可愛い格好をしていたい。』『オシャレしたい。』という考えができるのです。これは本当に素晴らしいものです。

しかし、この感性が時として悲劇を生み出してしまうのです。

例えば、靴を買いに行ったと想定しましょう。
店頭に“A”と“B”という2つの靴が置いてありました。
Aは、『最新の流行が組み込まれ、見るからに美しく惚れ惚れするような靴です。しかし、実用性は低い物』です。
Bは、『実用性を求めた靴です。その為デザイン性は全く無視したダサい物』です。
どちらかを購入するとしたら、どちらを選ぶでしょうか?
大抵の女性はAを選ぶと思います。
でもAの靴を履き続け、『長時間の仕事』や『日常の生活(歩く)』をするなら足の裏はどうなるでしょうか?
実用性が低い分、足にかかる負担は大きくなるので、確実に足の裏は悲鳴をあげる事でしょう。

この足に合わない靴選びが、魚の目をつくる最大の原因となっているのです。

引用元-−-足裏イズム

魚の目は中途半端な治療では治らない

魚の目とは名前の通りに魚の眼球に似ていて、足の裏や指にできるのが特徴です。皮膚の角質の一部が厚くなり、皮膚の深いところにまで進入して、硬い芯を作ります。これが魚の目の原因になります。
魚の目は表皮の角質層が真皮内に向かって増殖し、円形状になっているため、近くで見ると少々気持ち悪い形をしています。

魚の目の正式名称は「鶏眼」と言い、別名で「コーン」と呼ばれることもあります。男女問わず魚の目はできますが、ハイヒールやサンダルでアスファルトの上を歩いたりする女性のほうが、足に余計な負担をかけてしまい、魚の目ができる確率が高いです。

また、魚の目の芯は皮膚よりも深い部分にできるので、芯の部分をしっかりと除去しないと完治しません。はさみや爪切りなどを使って、魚の目をえぐって取ろうとしてもは芯は取りきれません。
中途半端な治療法では表面を削るだけなので、結局は何度も魚の目が再発してしまいます。皮膚を傷つけてしまい、ばい菌で化膿することもありますので、刺激を与えるのは控えましょう。

引用元-−-メディチェ

液体窒素を使った治療法

液体窒素とは、読んで字のごとく「液化した窒素」です。

この液体窒素を使った魚の目治療は、正式には「冷凍凝結療法」と呼ばれていて、簡単に言えば「魚の目の部分に低温やけどを起こさせて治す」という方法です。

液体窒素はマイナス196℃にも達するものですから、それが皮膚に触れれば“やけど”(凍傷?)の状態になりますよね?

これによって患部の組織を壊死させてしまう…という、見方によってはちょっと荒療治な方法なんです。

液体窒素を綿棒などに染み込ませて患部に当てる方法を使う皮膚科もあれば、「クライオサージ」という装置で液体窒素をスプレーすることによって治療する病院もあります。

引用元-−-魚の目芯取り方.com

液体窒素による治療は痛いの?

TIG89_benchinikoshikakerujyosei500-thumb-815xauto-4230

皮膚科や外科などの専門医での治療方法としてある、液体窒素での治療の痛みですが、痛みに対する耐性が人によって違う事と、魚の目の大きさなどによって違いがありますので一概には言えませんが、痛みはあり、ジンジンするような痛みが治療後に暫く続きます。

通常、魚の目は1回の治療で終わる事が少なく、数回通院して治療しますので、痛みが引いたと思っても、次の通院でまた液体窒素で凍結して、削ったりするので毎回、痛みは続きます。

引用元-−-魚の目治療なう!

液体窒素の代わりにドライアイスを使って治療ができる?

ちまたには「液体窒素の代わりにドライアイスでうおのめが取れる」という噂があるようですが、これはNOです!液体窒素はマイナス196度なのに対し、ドライアイスはマイナス80度前後。倍以上の差があります。そのため、ドライアイスでは一瞬で患部を凍結することが出来ません。むしろ、低温火傷のような状態に悪化させてしまう恐れがあり、大変危険です。ピンポイントでの治療も難しいので、健康な皮膚まで傷つけてしまったり、いいことナシ!くれぐれも、ドライアイスでの自己治療は避けましょう。

うおのめが長引いた場合、頼りになるのはやっぱり病院。ウィルス性のイボなど、うおのめ以外の病気の場合もありますので、辛い時は我慢せずに専門医に見てもらいましょう。

引用元-−-Love Foot

魚の目の再発防止法

魚の目はできてしまうとなにかと厄介。予防や再発防止をしていきましょう。

魚の目は、足に合わない靴を履き続けることが大きな原因の一つでした。

特に女性はサンダルやハイヒールなど、足に負担のかかる靴を好んで履くのでトラブルがつきないんですね。

特定の部分に過度の圧力がかかるため、角質が厚くなりタコから魚の目となる。

ですから、せっかく病院で治療を受けても同じ靴を履けば再発する可能性があるわけです。

また外反母趾、巻爪というトラブルも起こしかねません。このようなトラブルを放っておくと将来的に膝、関節の痛みにまで発展する恐れがあって非常にこわいんです。

魚の目を再発させないためにも、日ごろからフットケアをしていきましょう。

フットケアを正しく行えば、足本来の機能がアップすることで冷え性、不眠、生理不順、だるさが改善されるというメリットも得られる場合があります。

足のトラブルを解消するということは、イコール健康になれると言っても過言ではないかもしれませんね。

決して難しいことはありません。

足に合わない靴を履かない、正しい歩き方をする。これだけでも随分と違ってくることでしょう。

ストレスのかかる部分に、衝撃吸収剤を利用するのも効果的。

足裏の皮膚は約30日で新しく生まれまわると言われています。正しいフットケアを行い、角質のないツルツル足を目指したいですね。

引用元-−-魚の目治療方法のツボ

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ