最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

黒糖&生姜で体を温めよう!相性抜群の組み合わせで効果アップ

      2016/06/07

黒糖&生姜で体を温めよう!相性抜群の組み合わせで効果アップ

生姜には体にいい効能がたくさんあることが知られていますが、その中でも特にこの季節に有り難いのは体を温める効果です。
この生姜の効果を何倍にも引き出すには、黒糖と一緒に摂取するといいそうです。
今回は黒糖、生姜の利点やレシピ、摂取する時の注意点等をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


黒糖と生姜、それぞれの効能とは?

黒糖の栄養とは?

■ミネラル
骨や歯を強くし、骨粗しょう症を予防する働きのあるカルシウム、リン、マグネシウムが豊富に含まれています。血圧を下げたり、むくみを解消するカリウム、髪や爪の健康を保つ亜鉛も。中でもカリウムは上白糖と比べて約550倍もの量が含まれています。さらに、貧血が気になる方には鉄欠乏性貧血に効く鉄分、赤血球の生成に携わる銅も含まれているのでオススメです。
■ビタミン(ビタミンB1・B2・B6)
疲労を回復させるだけでなく、皮膚や粘膜を保護する働きがあります。
■フェニルグルコシド
糖分の吸収を抑えたり、身体に不必要な糖分を腸から排出、血糖値が上昇するのを抑制する働きがあります。
■ラフィノース
善玉菌であるビフィズス菌を増やし、腸内環境を整える働きがあるため、便秘の解消も期待できます。
■オフタコサノール
疲労回復の他、悪玉コレステロールや中性脂肪の吸収を抑える働きがあるので、肥満などの生活習慣病が気になる方によいでしょう。

引用元-−-美肌レシピ

生姜はショウガ科の多年草であり、食材・生薬として利用され、日本でも昔から用いられていました。
生姜の根茎は、ジンゲロールとショウガオールに由来する特有の辛味とジンゲロンに由来する独特の香りがあります。

生姜の主成分はジンゲロールですが、このジンゲロールを乾燥、加熱すると、ショウガオールとジンゲロンを発生させるそうです。

【ジンゲロール】
・免疫力を高める
・殺菌効果
・吐き気や鎮痛効果

【ショウガオール】
・体を温める
・血行促進効果

【ジンゲロン】
・血行促進
・代謝の促進
・脂肪分解作用

生姜の主な効能は、、、
・冷え性改善
・免疫力を高める
・風邪の初期症状の緩和
・鎮痛作用
・吐き気の緩和
・消化・吸収能力をアップ
・便秘解消
・むくみ防止
・消臭予防
・コルステロール低下

などに効果があると言われているそうです??

生姜を摂取すると、体を温める、免疫力アップ、ダイエット効果などなどが期待できますが、生姜の摂取量ですが、1日10gが目安といわれています?

引用元-−-トータル整体・骨盤サロン『カラダファクトリー』みなとみらい店

黒糖と生姜は友達

黒糖と生姜を混ぜるとどうなるの…?

生姜と黒糖は友達なのです。黒糖と生姜は黒糖は生姜の良いところを引き出し、生姜は黒糖の良いところを引き出します。また、お互いの良いところを引き出すので、個々に持っている力が強くなり、単体で摂取するより何倍もの力を発揮します。 簡単に言うと、『ショウガ+紅茶+蜂蜜or黒糖』の組み合わせは、ショウガの効能を上げてくれるので一緒に飲むと効果が上がるということです。 例えば、手軽にショウガの効能を上げたいと思えば、紅茶に生姜を入れ、はちみつor黒糖で甘さを調節すれば、効果は何倍にも上がります。しかし、入れれば入れるほど効果が上がるわけではないので、『適量(1日10 g程度)』があることを理解してくださいね^^ もともと生姜と黒糖の効能は、ほとんどが異なりますが唯一ダイエット効果が被っているため、一緒に紅茶にでも入れて飲むことで効果が飛躍的に上昇し、代謝が良くなりダイエット効果が増すので、ぜひ試してみてください。また、はちみつに関しても同様です。

生姜+〇〇〇は大昔からの鉄板

薬が誕生する前から使われていた生姜ですが、なぜ生姜と何かを混ぜて摂取されていたのか…?

それは、生姜と混ぜると効果を何倍にも飛躍させてくれるためなのです。生姜と混ぜることで、生姜も混ぜたものもを中国では漢方と名づけ、その大半に生姜が含まれていて、冷え性や風邪などの治療に用いられていました。これのだれでも扱える現代版が黒糖生姜というわけです^^

引用元-−-生姜の効能と効果を徹底解説〜しょうがの効能・効果は絶大〜

殺菌効果には生の生姜、冷え対策には乾燥生姜を

生の生姜のいいところとは?

一番手軽に摂れて、そして一番摂取されているのが生の生姜です。スーパーなどでチューブやビンに入っているものが売っているので手軽に使えるところが便利です。

生の生姜というと薬味などに使うことが多く、あまりたくさん摂取することはできません。最近では紅茶にすりおろした生姜を入れて飲んだりする人も増えてきています。

生の生姜のいいところはジンゲロールという成分があり、これは殺菌効果に優れていると言われています。特に生ものを食べる時には殺菌効果と生臭さを消すの効果的でお寿司や馬刺しなどを食べる時に生姜がついてくるのも殺菌と生臭さ防止と言われています。

そして生の生姜を食べると体がぽかぽかしてくることがあります。これはジンゲロールが血中に入り、血液の中をぐるぐる回ることで体がぽかぽかするそうです。しかしこれは表面が温まっているだけで体の芯から温まっているということではないそうです。

乾燥生姜のいいところとは?

乾燥生姜というのは乾燥したパリパリになった生姜のことです。乾燥している生姜は売っているところはあまりなく、時々粉末状態の生姜を取り扱っているスーパーなどがあります。

乾燥生姜のいいところはショウガオールという成分とジンゲロールという成分を両方持ち合わせており、冷え性対策で生姜を摂取している人は乾燥生姜が一番いいと言われています。ショウガオールという成分は胃腸を刺激し体内から体を温めてくれると言われています。流行っている生姜紅茶にレモンのように乾燥生姜を入れて飲むだけで体の芯からぽかぽかしてきます。

寝る前などには牛乳にハチミツ・乾燥生姜を入れて温めて飲むだけで体も温まりゆっくりと眠れることができます。

引用元-−-女性の美学

自分で作れる乾燥生姜

*乾燥生姜の作り方
①生姜を洗い、汚れた所だけ包丁で取り除きます。
気にならなければ洗っただけでも大丈夫です。
皮や皮のすぐ下に成分が多いので、皮をむくのは最小に留めましょう。
②スライサー、包丁などで薄くスライスします。(1mm前後)
③ザルや大きめのバットなどに、生姜同士が重ならない様に並べる。
(バットの場合は下にキッチンペーパー等の紙を敷きます。)
④天日干し(雨の日は室内に入れて下さい。)
手で砕ける程度まで乾燥させます。(1日〜1週間程度。)
⑤フードプロセッサー、ミキサー、すり鉢などで粉末状にします。
⑥粉末は密閉容器で冷暗所に保存して下さい。

引用元-−-生姜効能.com

おすすめレシピ:黒糖ジンジャーシロップ

【材料/出来上がりめやす約340ml】
・しょうが 300g
・黒糖   300g
・水    180ml
・唐辛子  1?2本

*お好みでシナモン、クローブ、カルダモン
などのスパイスを加えても美味しいです。
*砂糖はきび砂糖やグラニュー糖に置き換えて
作るとあっさりした味になります。

【作り方】
1.しょうがはよく洗い、皮の汚れが
気になる部分を包丁でこそげとり
皮ごと千切りにしておく。

2.鍋にしょうが、黒糖、水、
種を抜いた唐辛子を加え、火にかける。

3.沸騰したら、ふつふつする状態の弱火にし
20分ほど煮る。

4.ざるでこして、瓶などに移す。

【保存期間のめやす】
冷蔵庫で一週間、保存可能

引用元-−-北欧、暮らしの道具店

発汗と利尿作用の生姜紅茶+黒糖でダイエット

生姜紅茶は1日に2〜6杯飲むのが適量。そんな生姜紅茶の作り方はとても簡単で、お湯を沸かし紅茶を入れたら、すりおろした生姜か生姜汁を小さじ1〜2杯入れるだけ。チューブの生姜を代用できるのも便利で◎です。

また、この生姜紅茶に好みで蜂蜜か黒砂糖を加えるのもオススメ。「カロリーが多くて太るのでは?」と思われがちですが、ハチミツや黒砂糖に含まれる鉄分やミネラルで滋養強壮作用が促進されると同時に、体を温め代謝をよくする作用がより高まるので気にする必要はありません。もちろん、摂り過ぎはNGですよ。

ダイエットをより促進させるための「飲むタイミング」は、まず朝の一杯がオススメです。体温が低く代謝が低下している朝に飲めば、体を温め高代謝の状態で一日が過ごせるようになります。
また入浴前もオススメで、体を温める効果がよりパワーアップし、発汗&利尿作用もよりアップします。その他、お茶タイムなどに水分補給として飲んでいきましょう。

「生姜紅茶」を毎日の習慣にすることで血液循環とエネルギー代謝がアップ。つまり、継続すれば痩せやすい体質になると同時に、発汗作用で体の中の老廃物を排出させてくれる効果も期待できます。

引用元-−-AllAbout

注意!生姜の大量摂取はNG

■1:消化器に悪影響を及ぼす

生姜を大量に食べる事で、胸やけ、下痢等を引き起こし、胃腸の膨満感やガスを発生させる要因となる事がメリーランド大学の研究でわかりました。

胃潰瘍の病歴がある方や、腸疾患、また、胃腸の調子が良くない時は避けたほうが良いです。

■2:妊婦さんは流産の可能性も!?

生姜はつわりに効果的だと言われていますが、実は『MedlinePlus』という医療サイトによると逆効果となる場合もあるようです。

実は1日に1g以上の生姜を食べると、赤ちゃんの性ホルモンに影響を及ぼし、流産する可能性があるというのです。妊娠中の方は食べる前に、念のためかかりつけの医師に確認して下さい。

■3:低血糖を引き起こす

生姜には血糖値の上昇を抑制する効果が認められています。しかし、糖尿病患者の方は、血糖値のレベルを低下させすぎてしまう事があります。

生姜を食べた後にめまいや衰弱感がでてきたら、危険なのですぐに糖分を含むジュースを飲んで、それでも改善しない場合は医師の診察を受けて下さい。

■4:止血作用を妨げる

また大量の生姜を摂取すると、眠気や鎮静を引き起こす原因となります。その為、出血性疾患(ちょっとした事で血が出て止まらなくなる病気の事。例えば、鼻血、月経過多、血尿など)の方は、眠くなる事で、止血作用のブレーキが効きにくくなります。

また、心臓病を持っていて、ワルファリン等の血液凝固を避ける薬やサプリメントを飲んでいる方も、生姜は注意して摂取したほうが良いようです。

引用元-−-wooris

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ