最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

鼻がムズムズ・・・ これって、冬の花粉症!?

      2016/06/07

鼻がムズムズ・・・ これって、冬の花粉症!?

冬なのに、花粉症の症状のように鼻がムズムズすると訴える方もいますよね。

それって、やっぱり花粉症かもしれません。

原因や症状を調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


花粉症とは

現在、日本人の約25%(*)が花粉症だといわれています。では、花粉症とはいったいどんな病気なのでしょうか。花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)
原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。
日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。
主なアレルゲン
スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。
症状
鼻の三大症状だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。
(さらに、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなり、腫れたりする「口腔アレルギー症候群」という症状もあります。)

通年性アレルギー性鼻炎
アレルゲンが一年中あるので、症状も一年中あります。
主なアレルゲン
ダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど。
症状
喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。

引用元-−-花粉症ナビ

どうして花粉症になる人とならない人がいるの?

一般にアレルギー体質の人は花粉症になりやすいといわれています。
 過去にアレルギー疾患(喘息など)に罹患したことのある人、また家族にアレルギー疾患の人がいる人は花粉症になりやすいといえます。

引用元-−-日本臨床検査薬協会

『花粉症体質になるか、ならないかは、生後1年間で決まる』という衝撃的な内容で、未分化(未発達)の抗原抗体反応※が、旧型になるか、新型になるかが、この時期に決まる…というのじゃ。新型の抗原抗体体質になってしまうと花粉症になりやすいとのことで、この時期に、家畜の糞の分解物を吸い込むことにより旧型の反応体質になり、花粉に対しては反応しにくくなる…。また、第二子(二人目の子供)は、上の子が外から身体につけて室内に持ち込むため、『花粉症』にかかりづらくなる…というものじゃった。これを見て考えさせられたのじゃが、日本は戦後急速に近代化が進み、近年はほとんどの家庭で周囲に家畜などはいなくなってしまった…。だからなのか、兄弟揃って『花粉症』という人も珍しくはない。そして、子供の頃から花粉症になる子も増えている…。30代、40代になって発症する人も多いことから、全てがこれで説明のつくものでもないじゃろうが、以前話題になった『腸内にぎょう虫がいるとなりにくい』という説も、旧体質に関係しているかもしれないな…。いずれにしろ、はっきりとコレが原因!とは言いにくい、やっかいな症状であることは確かじゃのう。」

※抗原抗体反応…
身体を外からの異質物(異物)から守るために、この異質物を異質と認識し、無毒化もしくは排泄等を行う生体反応が「抗原抗体反応」である。一般的には身体に悪影響を及ぼすような反応をアレルギー、過敏症と呼ぶ。ここでの異質物が「抗原」、異質であると認識するものが「抗体」で、よく抗原と抗体は鍵と鍵穴にたとえられ、完全に一致した時にこの「抗原抗体反応」が起きる。

引用元-−-どらっぐ ぱぱす

冬にも花粉症にかかる!?その原因は?

スギ花粉が原因?
冬に原因が花粉で花粉症になるのは、いくつか考えられます。
まず、考えられるのはスギ花粉です。
通常スギ花粉は、2月〜4月頃にかけて飛散し、この時期がピークとなるのですが、実は、9月10月あたりにも少量ですが飛んでおり、そのまま11月12月1月と少ないながらも花粉を飛ばしています。
風が強い日なんかですと、よく飛んできますので、杉が原因となっている可能性があります。
ただし北海道ではピーク時以外あまり飛散していません。

ハンノキ花粉が原因?
あまり聞きなれないかもしれませんが、ハンノキという植物も花粉を飛ばします。
主に3月〜4月がピークとされていますが、1月あたりより徐々に花粉を飛ばし始め、6月頃まで花粉が飛びます。
北海道以外の地域は1月より花粉は少量ですが飛んでいますので、これに反応している可能性もあります。

引用元-−-情報お役立ちネット

冬の花粉症の特徴

冬は最も花粉の飛散が少ない時期で、花粉症の方は比較的安心して過ごすことができるのではないでしょうか?
冬の花粉症としてはアキノキリンソウやハンノキが原因植物であるといわれます。
アキノキリンソウはキク科の植物で、日当たりの良い山地や道端で見られる多年草で北海道に多く生育しています。
アキノキリンソウの花粉は重いため風に飛ばされにくく、花粉症のアレルギー反応が起こることは少ないようです。

一方、ハンノキは、日本全国の山野の低地や湿地に自生している落葉高木です。
同じカバノキ科のシラカバと共通の糖たんぱくの構造を持つため、ハンノキ花粉症の方は同時にシラカバ花粉症でもあることが多いようです。
どちらも花粉症の症状としては鼻や目の症状に加え、特定の果物や野菜を食べるとと口の中が腫れるなどの口腔アレルギーが現われることもあります。

引用元-−-花粉症の症状と対策なら 花粉症対策ナビ

風邪の症状との違いは

花粉症の三大症状は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」という鼻に現れる症状です。
また、眼に現れる症状としてかゆみ、なみだ目、結膜の充血なども多くみられます。
重症になると、食欲減退、悪心などの胃腸症状、頭重感、全身倦怠感などの全身症状も現れます。
風邪との違いは、花粉症では連続したくしゃみであること、鼻水が水のように無色でさらさらと流れるように出てくること、発熱や喉の痛みがないことなどです。
花粉症になると、毎年花粉の飛散する時期に、決まって同じ症状を繰り返すようになります。また、花粉の飛散量が多いほど症状は重くなります。

引用元-−-花粉症対策、早めがポイント

冬の花粉症の対策と予防

冬には花粉症の症状が多くの人に殆ど無く色々な花粉に悩まされている方にとって
1年間の中で唯一穏やかにすごせる時期です。

しかし、今現在花粉症の症状が出てないからといて安心して、何もしないのは駄目です。

以前から効果の高いといわれるお茶であるとか、病院での注射による症状改善は
即効性があるわけではないので事前から、手を打っていかなくてはなりません。

今年や、今現在症状が無かったり、少なかった人でも花粉症はアレルギーなので、この次からは急に症状が出たり、花粉症の症状が重くなる事も十分考えられます。

今、研究中の舌下治療やクスリなどもあるようですがまだまだ、国内での治療に使われるのには時間が掛かるようです。

なので、現在効果が期待出きる花粉症の対策を少しでも、花粉症の疑いがあったり、自分で自覚症状がある人は早めに始めましょう。

では、どんな事前の対策方法があるのでしょうか。
効果が期待出きるものを紹介します。

まず、シジュウム茶や甜茶などの漢方を毎日飲料としていると、花粉症の症状が和らぐなどの民間医療があります。

最近では、紅ふうきというお茶が効果が期待出きるともいう話があります。

しかし、これらはあくまでの効果が期待出きるという物で即効性もあるわけではありません。

長い服用によって花粉症対策に効果が期待出きるというものです。なので、冬の症状が無いような時期に毎日定期的に飲料する必要があります。

次に病院に通院して受ける皮下注射です。
これは、アレルゲンとなる物質を体内に注入して体を慣らさせるという治療方法であります。

この方法は。長期にわたって時間の掛かる方法でありますが、効果は確実というわけでもありません。

実際私は2年間通って花粉症の注射を受け体質改善に勤めましたが、結局改善はされませんでした。

だからといって、誰もが花粉症の症状が改善されないわけではないので比較的に症状が軽いうちに、通院する事をお勧めします。

これらが、現在出きる効果が期待出きる、長期にわたっての対策方法です。

引用元-−-花粉症 対策 症状 治療

twitterの反応


https://twitter.com/You_sk0821/status/294686713316536320

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ