最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

めまい、吐き気、冷や汗で考えられる病気って何?

      2016/06/07

めまい、吐き気、冷や汗で考えられる病気って何?

めまいや吐き気、冷や汗に悩まされている方は多いと思います。

日常的に悩まされている方も多いかもしれません。

どんなことが考えられるか、どうすればいいのかを探ってみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

a52e04b3da3279a609c5da30c56b06f7_s
耳がにおう!ピアスが臭い!…原因はコレだった!


耳の手軽なアクセサリーとして人気があるピアス。 ...

032b747959703e0dd57cea30c5630685_s
地震大国日本に住んでいるからこそ…必見!地震の準備と必要なものまとめ

地震大国日本では、昨年2015年に1814回もの震度1以上の...

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_s
ロタウイルスなのに便が緑!ロタでも便が白くない場合も…

ロタウイルスの症状の特徴に便が白っぽく、水のようになるという...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、痕が腫れるのは正常?気をつけるべき症状は


左腕の二の腕に、bcgワクチンの接種痕がある人は...

443464
どうしよう!突発性発疹の原因と下痢になった時の食事

ほとんどの赤ちゃんが発症すると言われている突発性発疹。主な症...

スポンサーリンク


めまい、吐き気、冷や汗が同時に出たら

dizziness

めまいや吐き気に伴いまして、冷や汗もどっと噴き出してくると、大体の人は驚いてしまうでしょう。

通常、人間は暑さを感じ、体は自動的に体温を調節するために汗を出すようになっています。冷や汗をかくことは、体調に異常がきたしたサインです。驚いたりパニックになるのも頷けます。

めまいや吐き気、冷や汗の症状が同時に出てきたら、どうすれば良いのでしょうか?

耳鼻科の場合は、このような症状が出てきたら、まず「メニエール病」を疑ってみることでしょう。特にこれらの症状は何度も出現する人は、厳重に注意する必要があります。できれば早めに耳鼻科で診察を受けるようにして下さい。

次は、「良性発作性頭位めまい」という病気である可能性が考えられます。ただし、この病気は治療よりも、安静したほうが効果的です。しばらく安静すれば、症状もおさまってきます。

めまいや吐き気、冷や汗といった症状が出てきた場合は、耳に関係する病気が原因になっているケースがもっとも多いのです。一部は脳の問題によるものもありますが、まず耳鼻科で診察することをお薦めします。そこで問題を排除したり、医師の見解を伺ったりした上で、別の診療科を受けると良いでしょう。

そのように、セカンドオピニオンを受けることによって、体に隠された問題点を効率よく見つけ出すことができます。わが身の健康管理において、賢いやり方だと思います。

引用元-−-UKENKO

もしかして自律神経失調症!?

寝汗や冷や汗などの異常な汗、慢性的な頭痛や肩こり、下痢、めまい、不眠症、疲労感などの体調不良といった症状が現れてくるのが自律神経失調症になります。

この病気は1961年ごろに東邦大学の阿部達夫が定義したものであるが、現在も医学界では独立した病気として認めていない医師も多い。疾患名ではなく「神経症やうつ病に付随する各種症状を総称したもの」というのが一般的な国際的理解である-『ここに画像』http://www.gatag.net/07/14/2008/113838.html
この病気は実際にはうつ病、パニック障害、過敏性腸症候群、頚性神経筋症候群や身体表現性障害などが原疾患として認められる場合が多く、原疾患が特定できない場合でもストレスが要因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されることもある。また、癌などであっても似たような症状が表れることがある。

引用元-−-NAVERまとめ

もしかしてパニック障害?

特別な理由もないのに襲ってくるパニック発作によって発症する病気です。 パニック発作自体は、多くの場合20〜30分くらいでおさまりますが、この発作は1回で終わることはなく、何度も繰り返されます。そして、そのうち「また、あのパニック発作が襲ってくるのではないか・・・」という強い不安が患者さんを苦しめるようになります。このパニック発作が起こることを強く不安に思う症状を予期不安と言い、パニック発作と並んでパニック障害の特徴的な症状です

引用元-−-Myclinic

パニック障害は気のせいではない。

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。
この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。
初めてのパニック発作で、救急車を呼んで病院に運び込まれる場合もありますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、血液検査や心電図検査をしても異常はみられず、時には気のせいなどと言われることもあります。
パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当らないのに、パニック発作を繰り返すことです。

引用元-−-Myclinic

めまい、吐き気を伴う頭痛の原因と改善するための4つの対処法

めまい、吐き気、頭痛に共通する主な原因を見てきました。共通な要素が原因の場合その原因に正しい対処をすることによりめまい、吐き気を伴う頭痛を緩和し改善することができます。具体的な対処方法をご紹介します。

①頭痛、めまい、吐き気の原因を突き止める
頭痛やめまいは危険な病気で起こることがありますので急激な頭痛やめまいは専門医に見てもらう必要があります。原因が危険な病気でなければ生活習慣などを見直しながらめまいの治療や頭痛の治療を行います。

②安静にする
めまいや吐き気の伴う頭痛は安静が第一です。無理やり動くと転倒して怪我をしたり運転中であれば事故につながることもあります。危険でない場所で静かに休憩を取りましょう。症状が治まってきたら動くこともできますが、なかなか改善されない場合は周りの人の助けを借りる必要があるかもしれません。

③自律神経を整える
めまいと吐き気を伴う頭痛の大半は自律神経の乱れが原因です。日頃から自律神経を整えることに心を向けて生活してみましょう。自律神経の乱れは交感神経の昂りにより起きています。
交感神経の昂ぶりの原因の一つに規則正しい生活が出来ていないということが挙げられます。通常規則正しいというと早寝早起きを思いますが、早寝は心がけても朝は無理に早起きはしないようにしましょう。ストレスや疲れがたまっている場合はそれを解消するだけの睡眠が必要になってきます。食事についても規則正しく食べれることに越したことはありませんが無理は禁物です。食べたい時間に取るようにしてください。
カフェインは交感神経を高ぶらせる物質です。自律神経の乱れがある方は取らないようにしましょう。コーヒーや紅茶、番茶、ほうじ茶等色々なものにカフェインが含まれています。明かりも交感神経を刺激してしまうものです。特に蛍光灯、パソコン、携帯電話、テレビの光は刺激が強すぎますのでなるべく控えるようにします。嫌なことや不安なことを想像することも交感神経を昂ぶらせます。嫌なことや心配事を考える代わりに何か他のことを考えてみましょう。

④ストレスを貯めないようにする
ストレスの原因は様々ですがストレスを貯めない為にはストレスを解消する必要があります。ストレス解消に役立つ方法の一つとして、運動が挙げられます。毎日同じ姿勢が多い人は軽いストレッチを取り入れるだけでかなりストレスが解消できます。音楽を聞きながら歩いたり、景色の良いところを散歩したりするのも効果的です。
また大声を出すこともストレス解消になります。周りに迷惑にならずに大きな声を出す方法としてはカラオケがよいでしょう。好きな歌手の歌を大きな声で歌えばかなりストレス解消ができます。
マッサージなどもストレス解消に効果的です。体のケアをすると疲れを取り除くことができます。心身ともにリフレッシュできストレス解消につながります。マッサージも色々な種類がありますので試してみてください。

引用元-−-iGotit

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ