最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ハイヒールでの歩き方のコツまとめ

      2016/06/07

ハイヒールでの歩き方のコツまとめ

ハイヒールを履いていてモデルの様に美しく歩きたいと思ったことはありませんか?

今回はハイヒールでの歩き方のコツをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

a52e04b3da3279a609c5da30c56b06f7_s
耳がにおう!ピアスが臭い!…原因はコレだった!


耳の手軽なアクセサリーとして人気があるピアス。 ...

032b747959703e0dd57cea30c5630685_s
地震大国日本に住んでいるからこそ…必見!地震の準備と必要なものまとめ

地震大国日本では、昨年2015年に1814回もの震度1以上の...

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_s
ロタウイルスなのに便が緑!ロタでも便が白くない場合も…

ロタウイルスの症状の特徴に便が白っぽく、水のようになるという...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、痕が腫れるのは正常?気をつけるべき症状は


左腕の二の腕に、bcgワクチンの接種痕がある人は...

443464
どうしよう!突発性発疹の原因と下痢になった時の食事

ほとんどの赤ちゃんが発症すると言われている突発性発疹。主な症...

スポンサーリンク


ハイヒール

ハイヒール(High heels)は「高いかかと」という意味を持つ、履くとかかと部分が爪先よりも7cm以上持ち上げられる形状の靴のこと。
パンプスからブーツに至るまで多くのバリエーションがある。かかとの高さや太さ・爪先の形状などによっても別称が存在しており、かかとが細く尖っているものはピンヒールやスティレットヒール(英: Stiletto heel)、サンダルに近い形状で爪先やかかとが露出するなどのものはハイヒールサンダル(英: High Heel Sandal、High-heeled sandals)やストラッピーハイヒールズ(英: Strappy high heels)、ミュール(仏: Mule)とも呼ばれる。日本でいう厚底靴のようなかかとと爪先の両方が共に高いものはプラットフォームシューズ(英: platform shoes)と呼ばれる。

引用元-−-Wikipedia

ハイヒールの選び方

初心者にはベルトやストラップのついた靴!
ハイヒール初心者の方にはできるだけ、
足首にストラップや、甲を止めるベルトがついた靴をおすすめします。
ストラップやベルトがついていることで、足と靴底が固定され、
歩くときでも浮かずに脱げるのを防止してくれます。

このため、足に抑えが無いパンプスは
「ハイヒール足が作られており、歩き方をマスターしてる上級者向き」です。

ベルトやストラップのついた靴
ハイヒール・バンド着用例
しかし、就活をされている方などで、 どうしても
パンプスを履かなくてはならないのであれば、
ストラップの代わりになるハイヒール・バンドをご利用になるとよいでしょう。
※ハイヒール・バンドは、
トゥーシューズにゴムを縫いつけて踊るバレリーナの知恵に注目し、
専用に開発致しました。

ストラップがついていても難しいという方は、歩きやすいハイヒールを使って練習からはじめましょう。
歩きやすいハイヒールとは、
「理想的な重心移動ができること」「甲をしっかりホールドすること」「やわらかいソールであること」が大事です。
いずれの要素も、靴底と足を密着させるために必要なこと。
あなたが好きな靴は、必ずしも履ける靴であるとは限らないので、ご注意を。

ピッタリなものが見つからない場合は、
私が専用に考えた練習用のハイヒールサンダルがお勧めです。
(歩きやすさに加え、前述の「ハイヒール足」を作る3つの基本ポイントが身につくよう考案し、
7㎝のヒールの高さを感じさせない、まさに、走れるハイヒールになっています)

引用元-−-マダム由美子公式サイト

ハイヒールでの正しい歩き方

ヒールを履くだけで胸とお尻がツンと突き出てお腹はキュッとへこむので、女性らしい綺麗な姿勢になれますよね。
しかし大変なのは、それで歩かなくちゃいけないという事。

ヒールを履いて歩く時のコツを紹介しますね。

頭の位置を高くする事を意識する
目線を遠くにキープ
背筋をまっすぐ伸ばし、胸を張る
つま先とソールが同時に地面に着くように歩く
直線状を歩くように意識する
このコツを守れば、安定した姿勢で綺麗に歩く事ができますよ!

引用元-−-Lier[リエ]

美しく歩くコツは小さい歩幅

a1180_008793_m

小さい歩幅で歩くように心がけます。ハイヒールでの歩き方は、子供の時に習った歩き方とは違うので、通常の歩き方と反対の動作をする場合もあります。膝を曲げすぎないで、ゆっくり小さな歩幅を保ちましょう。ヒールが高ければ高いほど歩幅は自然と小さくなりますが、そこで無理に足を広げて歩こうせず、そのまま洗練された歩き方を維持する方が、優雅にかつ快適に見えます。

引用元-−-wikiHow

かかととつま先の同時着地を意識

歩くときはまず、内股にならないように内くるぶしを見せることを意識しながらつま先を出しましょう。
そして、かかとから着地するのではなく、かかととつま先が同時に着地するような感覚で歩きましょう。
スニーカーなどの場合、かかとから着地して歩くのが推奨されますが、ハイヒールの場合は、 かかとから着地すると体重移動が難しくなり、膝が曲がってしまいます。
かかととつま先の同時着地ができるようになるとヒールを修理する回数も減ってきます。

引用元-−-ハイヒール.jp

体重を足の内側にかけるのがポイント

外側にかけてしまうと骨盤の歪みにつながりO脚を招いたりお尻が垂れ下がる原因になります。体幹(お腹や背中)と足の内側を意識して歩くことでふくらはぎのヒラメ筋や大臀筋が鍛えられ脚痩せ効果を得られます。

引用元-−-女性の美学

腹筋と背筋で背骨のS字ラインを整える

腹筋と背筋を使い背骨のS字ラインを整えましょう。写真の矢印のように、腹筋と背筋を背骨に向かってギュッと引き寄せてください。

正しい背骨のラインを作ることにより、ヒールを履いている足元への負担を軽減できます。

引用元-−-All About

足指を鍛える

ハイヒールのなかで足指は常に靴をつかもうと頑張っているそうです。ヒールが高かったり、足の甲が広く見える靴を履くと、家に帰ってから足の裏や指の後ろが痛くなりますよね。それは、足指が靴をつかもうとして頑張っているからなのだそう。

足指を鍛えれば、靴をグッとつかむのが楽になるので、ハイヒールも楽にはきこなせるようになるのです。

足指の鍛え方はとっても簡単! 靴下を脱いで、足指で「グー、チョキ、パー」を10回繰り返すだけ。足指がつりそうになりますが、つらなくなるころには、ハイヒールを履くのがぐっと楽になるかも。

テレビを見ながらでも簡単にできるので、毎日やることがオススメです!

引用元-−-Pouch[ポーチ]

足指のストレッチ

マメやタコ、靴擦れで悩んでいる人も多いですね。そのような方の多くは、足指が縮こまっている人が多いのです。

縮まって折れ曲がった指先の状態でハイヒールを履くと、キュッと曲がった関節が靴にあたり、そこにマメができたり擦りむけたりというトラブルが生じます。また、曲がった指先のままですと足指全体に力が入らないため、ハイヒールを履いても踏ん張れる足が作れません。

そこでオススメしているのが、足指のストレッチです。足指の付け根から引っ張って、足指の関節を伸ばしながら上に引っ張ります。これを一本ずつ丁寧に足指10本行ってください。毎晩バスタイムに湯船の中で、お手入れするのがオススメです。あなたの足指さんは、毎日あなたの体を一番下で一生懸命支えてくれている「縁の下の力持ちさん」なのです。

引用元-−-綺麗のトリセツ

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ