最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ブレインフードを賢く上手に摂って若返ろう!

      2016/06/07

ブレインフードを賢く上手に摂って若返ろう!

受験シーズン到来!

あらゆる手を使って少しでも賢くなりたいですよね!

ブレインフードってなに?賢くなる食べ物ってあるの?脳に栄養を与える効果的な方法ってなに?そのメカニズムと、驚くべき効果をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

a52e04b3da3279a609c5da30c56b06f7_s
耳がにおう!ピアスが臭い!…原因はコレだった!


耳の手軽なアクセサリーとして人気があるピアス。 ...

032b747959703e0dd57cea30c5630685_s
地震大国日本に住んでいるからこそ…必見!地震の準備と必要なものまとめ

地震大国日本では、昨年2015年に1814回もの震度1以上の...

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_s
ロタウイルスなのに便が緑!ロタでも便が白くない場合も…

ロタウイルスの症状の特徴に便が白っぽく、水のようになるという...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、痕が腫れるのは正常?気をつけるべき症状は


左腕の二の腕に、bcgワクチンの接種痕がある人は...

443464
どうしよう!突発性発疹の原因と下痢になった時の食事

ほとんどの赤ちゃんが発症すると言われている突発性発疹。主な症...

スポンサーリンク


まずはブレインフードとは何か理解しよう!!

「体の酸素の約半分を消費するのは脳ですから、血流が悪くなると脳の機能が低下。また、体内の抗酸化作用が低下すると活性酸素の量が増え、脳機能の低下が増します。さらに、脳神経細胞は年々減少していくので、それらに対抗する措置が必要です」
脳を健康に若々しく保つには、「脳の血流をよくして」「抗酸化作用を向上させ」「脳神経細胞の減少を遅らせながら、それを活性化させる」ブレインフードが大切です。

引用元-−-OurAge

私たち誰もが望むこと、それは「健康で長生き」すること。
しかも、寝たきりや認知症にならず、生活の質(QOL)が高い状態で人生を全うしたいと思うものですが、これには脳の健康が不可欠です。
脳を健康に保つための様々なアプローチがあり、食品によって脳を健康に保ちたいと言うのが、ブレイン(脳)・フードの考え方です。
明確な定義はありませんが、脳の活性化のために必要な栄養素、脳機能障害を予防するための食品が「ブレイン・フード」と呼ばれています。

引用元-−-田中消化器科クリニック

「脳機能改善食品=ブレインフード」というのは、DHAとかイチョウ葉とホスファチジルセリンといった成分のことで、「脳にいい」とか「頭がよくなる」という触れ込みでサプリメントになっているもののことです。

引用元-−-脳を活性化させる方法

ブレインフードで社会問題も解決!?

ストレスの多い現代では、情緒不安や精神障害に悩む人が増えていて、それによる自殺、暴力事件、登校拒否、引きこもりなどが社会問題となっています。そうしたことから、私はここ数年、脳・神経系のトラブルに対して、栄養の面からアプローチする研究を続けてきました。そして、その素材として注目しているのが「ブレインフード(脳機能改善食品)」と呼ばれる食品群です。
ブレインフードとは、脳の働きをよくする栄養素のことです。

健康というと、どうしても体の健康ばかりに目がいきがちですが、真の健康を得るには、「体の健康」だけでなく、全身の指令塔である「脳の健康」、そしてその脳の反映としての「心の健康」を保つことも大変重要です。
健康の三原則であるこれら「体、脳、心」のすべてに効くのが、まさにDHA。DHAは、体はもとより、脳を元気にするブレインフードの代表格であり、現代人の疲れた心を癒やす特効成分でもあります。

ちなみにブレインフードとしては、DHAのほか、イチョウの葉から抽出されるイチョウ葉エキスや、リン脂質の仲間のホスファチジルセリン、発芽玄米に豊富なギャバなどもよく知られています。DHAは、単独でも十分に大きな効果を発揮しますが、ほかのブレインフードと一緒にとれば鬼に金棒。脳と心のリフレッシュに最強の健脳食となります。

引用元-−-DHA・EPAの健康への効果を紹介した書

ブレインフードの種類とそれにに含まれる栄養素とは?

ブレインフードは、その特徴でいくつかに分類できます。
 
○血流改善
【イチョウ葉エキス】には、血管を拡張して血流を改善し、酸素や栄養素を脳にスムーズに供給する働きがあり、 ヨーロッパでは痴呆症の改善薬としても利用されています。
ドイツのCommission E(薬用植物の評価委員会)は、記憶障害、耳鳴り、めまいの改善に対するイチョウ葉抽出物の使用を承認しています。
 
【ビンカマイナー(ヒメツルニチニチソウ)】には、赤血球を柔らかくする効果が知られており、赤血球が脳内の細い血管も通過できるようになることで、スムーズな酸素供給の 役に立ちます。
 
【EPA】には血小板凝集抑制作用があり、国内では動脈硬化症の医薬品としても知られています。DHAは細胞膜を柔軟にし、血流改善に役立ちます。
 
【ホスファチジルセリン】は大豆由来のリン脂質で、脳の細胞膜の柔軟性を高め、血流を良くする働きがあります。アルツハイマー病の症状改善が確認されています。
 

○抗酸化
【アスタキサンチン】は天然色素の一種で、強力な抗酸化物質です。また、血液脳関門を通過することができる数少ない抗酸化物質であり、脳内で活性酸素を抑えることで、脳細胞へのダメージを防ぐことが期待できます。
 

○神経伝達物質
神経伝達物質「ドーパミン」の前駆体となる【チロシン】や、同じく神経伝達物質である【GABA】(γ-アミノ酪酸)などは、脳内に神経伝達物質を増やす手助けになります。
※GABA自体は、脳血液関門を通過できませんが、グルタミン酸に変換され、脳内で再度GABAになると言われています。
 

○脳機能改善
【DHA】には、記憶・学習機能の向上、認知症改善効果が知られており、マウスの実験では、DHAの摂取量により老人斑面積が減少したという報告があります。
 

○抗炎症
アルツハイマー病患者の脳には慢性の炎症病変が生じていることから、【アスタキサンチン】、【レスベラトロール】、【カプサイシン】など、抗炎症効果のある栄養素にも治療・予防効果が期待されています。

引用元-−-田中消化器科クリニック

くるみの形何かに似てない?

米国で行なわれた実験(PDF)では、1日約60グラムのくるみを8週間食べ続けた学生は食べなかった学生と比べて、間違いから正解を発見するといった「推論力」がアップしたそうです。また、くるみは脳細胞を保護し、アルツハイマー病の発症リスクを抑える可能性があるという研究結果も報告されています。

管理栄養士の堀知佐子さんによると、これらの効果をもたらすのは、必須脂肪酸「オメガ3脂肪酸」のひとつ「アルファリノレン酸(ALA)」。脳の神経細胞を劣化させてしまうたんぱく質をコントロールし、記憶障害などを改善する作用があることが分かってきているそうです。くるみは、ほかのナッツ類と比べて、このアルファリノレン酸(ALA)が圧倒的に多く含まれる“ブレインフード”。脳(brain=ブレイン)の形に似ていることも、名前の由来となっているそうですよ。

引用元-−-えん食べ

若年者の脳機能に対する大豆ペプチドの効果

大豆ペプチドの2週間の連続摂取により、健常な若年者(年齢 20-22歳)の高次脳機能に与える影響を検証したところ、主に記憶機能、集中力に対する改善効果が報告されていいます 7)。計算課題(一桁の足し算の繰り返し)において、大豆ペプチドを摂取した群で正答率が向上したことから、長時間の単純な認知的作業に対しても集中力を切らさずに、適切に情報を処理する機能が保たれやすくなるという可能性が考えられました。また、言語の再認記憶テスト(Recognition Memory Test for Words)においても、大豆ペプチド摂取によって特に、見ていない単語を正しく「新しい」と判断する成績が向上し、見ていない単語に対して誤って「見た」と判断してしまう割合が減少する効果が確認されました。

引用元-−-不二製油株式会社

魚の缶詰を食べるべし!

DHAは記憶や学習に関係する「海馬」に多く存在
 DHA(ドコサヘキサエン酸)は、マグロやイワシ、サバなどの背の青い魚の脂肪に多く含まれている脂肪酸です。冷たい海の住む魚の脂なので、マイナス数十度の低温でも液体のままで固まることはありません。
 とくに記憶力や学習能力に関係する「海馬」には20%以上の高濃度で存在しています。アルツハイマー型認知症の患者では、海馬のDHAが同年代の人の約半分にまで減っているという報告もあります。

神経、血管壁などの「細胞膜」の柔軟性を高める
 DHAには、細胞膜を柔軟にする働きがあります。これは脳にとって大変重要なことです。神経細胞の膜が軟らかいと、シナプスでの神経伝達物質の生産性が高まります。神経伝達物質のやりとりも円滑になって、脳内の情報伝達がスムーズになります。
 また、血管壁の細胞膜もやわらかくなるので、心臓から血液が勢いよく流れ出たときに血管が広がって、血圧が高くなりません。さらに、赤血球の膜もやわらかくなって、狭い血管をサラサラと流れるようになります。実際に、魚を多く食べている漁村の人は、農村の人よりも10年分くらい血管が若く、動脈硬化や高血圧が少ないという報告があるほどです。
 

脳の情報ネットワークを活性化するホスファチジルセリン
「脳の栄養素」といわれるホスファチジルセリン(PS)は
脳の神経細胞に多く含まれ、神経細胞を丈夫に保ちます。

引用元-−-脳に健康と若さをもたらすブレインフード

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ