最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

月経前症候群の症状や原因、のりきるための対策など

      2016/06/07

月経前症候群の症状や原因、のりきるための対策など

PMSこと月経前症候群は、多くの女性が悩んでいる症状です。

生理前のイライラ、腹痛、眠気、頭痛などの症状はとてもつらいものですよね。

そんな月経前症候群についての症状や原因、改善方法などの情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

a52e04b3da3279a609c5da30c56b06f7_s
耳がにおう!ピアスが臭い!…原因はコレだった!


耳の手軽なアクセサリーとして人気があるピアス。 ...

032b747959703e0dd57cea30c5630685_s
地震大国日本に住んでいるからこそ…必見!地震の準備と必要なものまとめ

地震大国日本では、昨年2015年に1814回もの震度1以上の...

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_s
ロタウイルスなのに便が緑!ロタでも便が白くない場合も…

ロタウイルスの症状の特徴に便が白っぽく、水のようになるという...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、痕が腫れるのは正常?気をつけるべき症状は


左腕の二の腕に、bcgワクチンの接種痕がある人は...

443464
どうしよう!突発性発疹の原因と下痢になった時の食事

ほとんどの赤ちゃんが発症すると言われている突発性発疹。主な症...

スポンサーリンク


月経前症候群とは?

PMS

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、英: PMS; Premenstrual Syndrome)または月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)とは、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)である。

引用元-ウィキペディア

月経が始まる1〜2週間ぐらい前から起こる、イライラ、腹痛、眠気、頭痛などのさまざまな不快症状。
月経がはじまると消えるこのような症状を、PMS(プレ・メンストラル・シンドローム=月経前症候群)といいます。
PMSには、排卵後の女性ホルモンの変化が関係していると考えられており、多くの女性が悩んでいます。

引用元-ソフィ

月経前症候群の原因は?

PMS(月経前症候群)が起こる原因ははっきりしていませんが、女性ホルモンが関わっていると考えられています。
女性には月経周期がありますが、排卵を終えると卵胞ホルモン(エストロゲン)に変わって、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌がさかんになります。
そして妊娠しなかったときは、黄体ホルモンの分泌が急に減り、ふたたび卵胞ホルモンの分泌が増えてきます。

このように排卵から月経までは女性ホルモンの分泌のバランスが大きく変化するため、さまざまな症状が起こってくるのではないかと考えられています。

引用元-Kampo view

 

PMSがどうして起こるのか、その原因はまだはっきりしていませんが、考えられる要素として以下の3つがあげられます。

① プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響
排卵〜生理前に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)によって、脳内物質(GABA) や水分代謝に影響し、体調が不安定になるといわれています。

② 脳内物質の低下
排卵後、卵胞ホルモンの分泌が減ることにより、セロトニン (喜びを感じる脳内物質)が急激に低下し、ネガティブな気持ちを引き起こすといわれてます。

③ ビタミンやミネラルの欠乏
PMSの人は、ビタミン・ミネラルの微量栄養素の欠乏状態にあるといわれています。

引用元-TERUMO

 

月経前症候群の症状について

 症状は月経前に周期的に現れ、身体症状としてはむくみや腹部の膨満感(ぼうまんかん)、乳房の緊満感(きんまんかん)などの水分貯留症状のほか、頭痛、腹痛、腰痛などの疼痛症状、食欲不振、めまい、倦怠感(けんたいかん)などの自律神経症状、情緒不安定、抑うつ、不安、睡眠障害などの神経症状があります。

ただし、症状の現れ方には変化があり、月によって程度が異なることも少なくありません。

引用元-gooヘルスケア

 

PMSの症状は本当に様々。患者さんによっては、手の痺れなどの少し珍しい症状を訴える方もいらっしゃいます。特によく見られる症状をまとめました。

■ PMSの体の症状で多いもの
月経前の下腹の痛み
腰痛
頭痛
めまい
吐き気
ひどいむくみ
便秘
ニキビ
など。他にも、肩こりや手のしびれなど、他の病気と紛らわしい症状を感じることもあるようです。

■ PMSの精神的な症状で多いもの
月経前のイライラ・気分の落ち込み
集中力の低下
仕事ができなくなる
不眠
理由もなく突然泣きたくなる
過食
甘いものばかり食べ過ぎる
など。いずれも「うつ病」などの精神疾患に似た症状が多いのですが、月経が来ると嘘のように症状が消えてしまうのが特徴です。

中には精神症状があまりにもひどくて、「自分がコントロールできない」と言って駆け込んでこられる方もいらっしゃいます。精神症状が重くなると、突然爆発したように怒り始めたり、涙が止められなくなったり、自分でも感情が制御できなくなってしまうこともあるのです。

引用元-All About

月経前症候群に対する対策

対策1:骨盤矯正

骨盤の歪みがアンバランスな筋肉の緊張を引き起こし、血流が悪くなり、子宮や腸の冷えを招きます。子宮や腸は冷えるとその運動を低下させるので子宮ではホルモン分泌に異常が起こったり、腸では悪玉菌が優位な環境になり、脳内ホルモンの前駆物質が作られにくくなったりします。

つまり、根本の骨盤の歪みを改善しようということです。

様々なストレスにより骨盤が歪みやすくなっても、しっかり整えておけば子宮や腸に影響が及ぶことはありません。

まずは骨盤矯正を行いましょう。

対策2:子宮を温める

子宮の冷えが悪いんだったら、子宮を温めれば良いんです。子宮に限らずカラダ全体を温めるためには今日何かしたからどうにかなるという問題ではありません。カラダを温める習慣を身につける事が大切です。

簡単に始められる具体策としては、半身浴、腹巻きをつける、カラダを温める食事の3点です。

忙しい現代人にはもしかしたらこれらさえも難しいかもしれませんが腹巻きをつける位はだれでもできることかと思います。夏でも寝る前、そして冷房の効いたオフィスでは必須かと思います。

是非はじめて下さい。

対策3:善玉菌を増やす

善玉菌を増やすごくごく当たり前の方法は食生活を気をつけるということです。胃腸に負担のかかる食事は悪玉菌が優位になる原因となります。

私がずっと推奨している『16時間断食』と野菜中心の食生活です。

特に日本人の腸内環境が悪化しやすいのは腸の長さと肉を食べる事に関連しています。

動物性たんぱく質を少なくするだけで腸内環境は劇的に良くなります。是非試してみて下さい。

引用元-骨盤矯正専門家 癒し家

生理前に絶対やっちゃダメな3つのこと

その1・・・ダイエットのために体重をはかる!

生理によるホルモンバランスの変化で、体重が数キロ変動するのは、よくあることです。

生理前の体重増加は「当たり前」だと割り切って、体重計に乗るのをひかえてみましょう。

生理前から、生理中にかけては、体重は増加し、生理が終わると自然に減っていきます。

気にし過ぎて、食事制限をすると、栄養のバランスが偏り、PMSの悪化につながることも。

さらに、ストレスを感じすぎると、反動から過食に走ってしまうなんてこともあるかもしれません。

その2・・・コーヒー・チョコレートをたくさん飲んだり食べたりする

生理前は、眠くなってしまいがちなので、ついコーヒーをがぶ飲みしたり、甘いものが欲しくなってチョコレートを食べ過ぎたり。なんてことありませんか?

カフェインには、神経を緊張させる作用や、不快な胸の張りをもたらす影響があり、実はPMSの大敵なんです。

その3・・・お酒を飲んでストレス解消!

生理前は、エストロゲンという女性ホルモンが増加を始める時期です。

エストロゲンには、アルコール代謝を遅れさせる作用があるので、つらい二日酔いの原因に。神経を興奮させ、イライラにもつながります。

また、むくみの元にもなるので、この時期の飲酒はひかえたほうがよさそうです。

引用元-ラルーン

月経前症候群にはハーブが効く!

生理の2週間ほど前くらいから、イライラや憂うつ、頭痛、むくみなど、精神と身体の両面にさまざまな不快な症状が現れることを、月経前症候群(PMS)といい、生理が始まると治まります。

原因は、ホルモンバランスの乱れだといわれていますが、詳しいことは分かっていません。なるべくなら、薬に頼らずに自然に治したいものです。

ハーブティーを利用する場合は、鎮痙、収れん、炎症、ホルモン様作用のあるものを選ぶと良いでしょう。おすすめは、ラズベリーリーフティーです。子宮の筋肉や、骨盤のまわりの筋肉に働きかけ、痛みを緩和してくれます。

また、精神面にも症状が現れますので、心をケアするハーブティーも役立つでしょう。

引用元-ハーブティー効能ガイド

 

市販ハーブ薬「プレフェミン」に頼るのもアリ!

ゼリア新薬は10日から、日本で初めて月経前症候群(PMS)の効能を取得した、西洋ハーブ配合のダイレクトOTC医薬品「プレフェミン」(要指導医薬品)を新発売する。PMSの諸症状の緩和や月経不順に対して、欧州では伝統的にチェストツリーの果実である西洋ハーブ・チェストベリーが使用されており、「プレフェミン」はこのチェストベリーの乾燥エキスを有効成分とし、生理前の不快な症状を緩和する。

引用元-薬事日報

月経前症候群に関するTwitterでのつぶやき

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ