最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

糖尿病の検査や診察は何科で受けたらいいの?

      2016/06/07

糖尿病の検査や診察は何科で受けたらいいの?

その予備軍を合わせると2000万人といわれる糖尿病…

日本の人口の6人に1人に当たる驚くべき数字です。

糖尿病が疑われる時は専門の診療科を受診しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

a52e04b3da3279a609c5da30c56b06f7_s
耳がにおう!ピアスが臭い!…原因はコレだった!


耳の手軽なアクセサリーとして人気があるピアス。 ...

032b747959703e0dd57cea30c5630685_s
地震大国日本に住んでいるからこそ…必見!地震の準備と必要なものまとめ

地震大国日本では、昨年2015年に1814回もの震度1以上の...

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_s
ロタウイルスなのに便が緑!ロタでも便が白くない場合も…

ロタウイルスの症状の特徴に便が白っぽく、水のようになるという...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、痕が腫れるのは正常?気をつけるべき症状は


左腕の二の腕に、bcgワクチンの接種痕がある人は...

443464
どうしよう!突発性発疹の原因と下痢になった時の食事

ほとんどの赤ちゃんが発症すると言われている突発性発疹。主な症...

スポンサーリンク


まず糖尿病とは

健康な人は膵臓からインスリンというホルモンを大量に分泌させ、食事で増えた血液中の糖(ブドウ糖)を代謝するので、血糖値は数時間で元に戻ります。ところが、インスリンの分泌または作用が不足すると、糖の代謝異常が起こり、慢性的に高血糖が続きます。これが糖尿病です。国内の糖尿病患者は700万人にものぼり、予備軍を合わせると2000万人に達すると言われています。

引用元-−-病院の検査の基礎知識

糖尿病で恐いのは全身くまなく現れる合併症!

糖尿病による悲劇をさけるためには、その合併症について正しく理解することが不可欠です。 糖尿病で病院に行って、コントロールが悪いと「目が見えなくなる」とか 「腎臓が悪くなって透析を受けなければならなくなる」などと脅かされた方も多いことと思いますが、 実際に途中失明や透析導入の原因の ナンバーワンが糖尿病なのです。
このような糖尿病による目の病気(糖尿病性網膜症)や腎臓の病気(糖尿病性腎症)に、 糖尿病による手足のしびれなど末梢神経の病気(糖尿病性神経障害)を加えた三つを昔から糖尿病の三大合併症と呼んできました。 また、糖尿病のコントロールが悪いと、細菌などに対する抵抗力が弱まり、ひどい感染を起こす危険が増すことなども有名な話です。
実は、それ以外にも糖尿病の合併症にはさまざまなものがあり、 体中のあらゆる所に出現すると言っても過言ではありません。

引用元-−-京都大学 糖尿病・内分泌・栄養内科

検査の病気といわれる糖尿病

a1180_012680

糖尿病は自覚症状がないことが多いので、糖尿病といわれても治療しないでいる人が少なくありません。治療しないでいると、体の中でじわりと進行し、失明や下肢の切断にもいたりかねない多くの合併症を招くのが糖尿病です。
このため、病気がどの程度進んでいるのかを定期的にチェック=検査していく必要があるのです。チェックを続け血糖コントロールの善し悪しを確認し、合併症の症状を早めに見付けられるようにしておけば、糖尿病はなんら怖い病気ではありません。
つまり、糖尿病でも検査で病状をチェックしコントロールし続ければ、健康な人と同じように過ごすことができるのです。このことから「糖尿病は検査の病気」といわれるのです。ですから、食事療法や運動療法と同じように、検査のことも医師まかせにせず、検査の意味と必要性をよく理解しておきましょう。

引用元-−-糖尿病ネットワーク

糖尿病の専門は何科?

内科を受診すれば尿検査や血液検査を行い、健康診断よりも詳しく検査をすることが可能ですが、内科医というのは本来、得意とする分野がかなり異なります。
したがって、糖尿病を専門としない医者であるならば、日進月歩である糖尿病治療に対する知識が古いことも多いものです。さらに、内科を受診して糖尿病あるいは糖尿病予備軍と診断された場合には、専門医のいる病院に転院することとなります。病院を変更するときには新しい病院でまた同じ検査を受けなければならなくなり、時間もお金ももったいないです。
そのため、血糖値の高さが気になる場合には、内科に行くよりも、最初から内分泌代謝内科、糖尿病内科、糖尿病科、糖尿病外来のある病院などを受診したほうが賢明です。

引用元-−-【本当に血糖値を下げる方法】

内分泌内科とは?

内分泌内科とは、体の中の「ホルモン」という物質の異常によって起こる様々な病気の診断と治療を行なっている内科です。診療内容を以下に示します。
A.代謝疾患
1)糖尿病
外来にて食事・運動療法の指導、定期検査、お薬を用いた糖尿病の治療、糖尿病教室(月1〜2回)などを行っております。また糖尿病合併症に関する検査、治療も行っております。治療上必要な場合、または患者さんが希望される場合、糖尿病教育入院も行っております。
2)高脂血症
主に外来にて食事指導、定期検査、お薬を用いた高コレステロール血症・高中性脂肪血症の治療を行っておりま。
3)高尿酸血症
主に外来にて食事指導、定期検査、お薬を用いた高尿酸血症の治療を行っております。
B.内分泌疾患
1)甲状腺
甲状腺機能低下症(橋本病・慢性甲状腺炎)、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の検査・治療、甲状腺腫瘍の検査などを行っております。
2)副腎
副腎ホルモンの異常についての検査及び治療、副腎腫瘍の検査などを行っております。
3)脳下垂体
成長ホルモンなど、脳下垂体ホルモンの異常についての検査、治療を行っております。
(男性ホルモン・女性ホルモンの異常については、泌尿器科または婦人科受診をお勧めする場合があります。)

引用元-−-内分泌内科とは

治療は一に食事、二に運動、それでダメなら薬!

糖尿病は、根本的に治すことが困難な病気です。治療は、血糖値を適正に保つようにコントロールし続けることなのです。そのためには、血糖値が高くならない食習慣を身に付け、それを一生涯続けることです。さらに運動をして消費エネルギーを増やします。肥満解消につながる上、食後に運動をすると体の中のインスリンを使わずに血糖値を下げてくれます。
食事療法や運動療法を行っても血糖値が改善しないときや血糖値が非常に高い場合は、薬物療法が行われます。

引用元-−-サワイ健康推進科

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ