最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

2人目を出産する年齢とタイミングは?きっかけも大切!

      2016/06/07

2人目を出産する年齢とタイミングは?きっかけも大切!

子供は2人から3人が理想だと思ってはいても、年齢的に難しいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は2人目を出産する年齢やタイミングについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


理想の子どもの人数は2人

結婚したら、「子どもがほしい」と思う人は多いはず。では、そんなみなさんの理想の家族構成とは? そこで今回は、将来ほしい子どもの人数と理想の構成について働く女子にくわしく聞いてみました。

Q.あなたは、将来子どもは何人ほしいですか?
●1位/2人……58.4%
○2位/1人……15.2%
●3位/3人……12.3%
○4位/0人……11.9%
●5位/4人……1.5%
※単一回答式・6位以下省略

「2人」と回答する人が全体の半数以上を占める結果となりました!

引用元-−-マイナビウーマン

2人目に躊躇している人も多い

全体平均で81.8%の人が2人目の壁は存在する、と回答。なかでも、子ども1人夫婦は平均を上回る86.9%が壁を感じている結果となりました。
※“2人目の壁”は、「必要となる生活費や教育費に関連した家計の見通しや、仕事等の環境、年齢等を考慮し、第2子以後の出産をためらうこと」を指しています。

85.1%の人が「経済的」な理由と答え、「経済的負担が大きくなるし、育児休暇も取りにくく、仕事を続けられなくなり不安」(30代女性)、「子どもの学費も高くなり、消費税も上がるのに、収入は伸びないので経済的に不安」(20代男性)、等の声があがりました。次点は52.1%の人が回答した「年齢的なきっかけ」でした。

引用元-−-かぞくを、もうひとり。

パートナーとの話し合いが大事

家族がもう1人増えるということはとっても素敵なことですが、現実的な問題として、経済的に負荷がかかってきます。
妊娠・出産の費用から始まり、その後の養育費、生活費等々の出費が続きます。 妊娠・出産するママのみならず家族にとって一大プロジェクトです。

先ずはパートナーとこのことについてよく話し合うことをお勧めします。
新たな家族を迎え入れる前に経済的な問題について話し合っておけば、ママもパパも安心して次のステップに進むことができますよね。

親が子に出来る最高のプレゼントを贈る為に、パートナーとしっかり話し合って次のステップに進んでいきましょう。

引用元-−-ハッピー・ノート.com

2人目の高齢出産

高齢出産の定義は35歳以上の初産を指していますが、2人目の出産についても高齢出産の定義があります。

●2人目40歳以上で高齢出産

1人目が35歳以上かどうかに関わらず、2人目の出産が40歳以上であれば高齢出産です。 なお、3人目以降も40歳以上を高齢出産としているのが特徴で、こちらも1人目の年齢は関係ありません。この年齢は、胎児へのリスクなどを考慮した一般的な数字であり、リミットではないので、40歳以降で2人目、3人目を健康に産む方ももちろんいます。

●ダウン症発症率は1%

ダウン症とは先天性の疾患で、知的障がいや頚椎不安定性などを伴うのが特徴です。そんなダウン症の発症率は20代の母親であれば0.1%ですが、40歳だと1%に跳ね上がることがわかっています。20代の母親とくらべると、ダウン症の子供を産む確率が10倍近くなってしまうことは覚えておいてください。

●妊娠高血圧の発症率

も高くなる生まれてくる子供のことだけではなく、母体についても2人目の高齢出産ではリスクが高くなります。高血圧やむくみなどが出てくる妊娠高血圧は、34歳以下の妊婦では11%の発症率なのに対して、40歳以上の妊婦では30%で3倍近くとなっています。妊娠高血圧がひどくなると、母体の腎臓や肝臓が深刻なダメージを受けることもあるので、血圧管理が重要なポイントです。

以上に挙げたのは2人目だからのリスクではなく、高齢出産(2人目高齢出産が40歳以上なので40歳以上の出産)のリスクです。2人目、3人目に限ったリスクは、初産のときの様子が参考になります。例えば1度目の妊娠でつわりがひどい場合は、2回目の妊娠でもつわりがひどくなる可能性がある、といった感じです。

引用元-−-カラダノート

高齢出産だと体力に不安

LISA78_takaitakai20141018093006500-thumb-1200x800-5883

高齢出産だと二人目は無理と思う、その主な理由として「出産の体力がなくなってしまうのでは」という懸念を挙げる人が多いようです。しかし、一般的に二人目以降の出産は比較的楽だったという方が多いもの。分娩時間の平均も初産は12時間、経産婦は7〜8時間だといわれています。最初の出産を経験して2〜4年後であれば、前回の出産のこともよく覚えていて、体の準備も心の準備もスムーズかもしれません。漠然と「高齢だと無理」と思うかもしれませんが、授かることができた命は、基本的に産めないとか、育てられないということはありません。

現に「38歳で初産、その後、40歳で二人目を産みました。初めからきょうだいを作ってあげたいと思っていたので、最初の子を産んだ時点で、産後の体調にも気遣い、徐々に準備を始めました」という方が私の身近にも多いのです。

引用元-−-All About

出産のリスクは初産と変わらない

高齢で二人目を出産するリスクは、初産婦の人と変わらないと言われています。合併症のリスクは低くなりますが、染色体異常など年齢に関するリスクはほぼ同じです。

高齢という現実を受け止めて、自己管理を徹底して元気な赤ちゃんを出産できるようにしましょう。

引用元-−-妊娠・ベビ待ちcom

2人目の出産のタイミングは何歳差がベスト?

2歳差のメリットとデメリット

☆メリット☆

◯歳が近いので、一緒に遊べる
(興味の対象が同じなので、クリスマスなどには
同じオモチャで2人一緒に遊べます。)

◯子育ての大変な時期が一気に終わる。

◯小さくなった洋服を箪笥にしまわなくても、そのまますぐに着回せる

◯保育園に預ける場合、下の子が保育料が半額になる期間が
3歳差、4歳差より長くなるのでお得。

★デメリット★

●上の子がトイレトレーニングが完了していない為、
オムツ替えを2人同時にしなくてはいけない

●上の子が言葉でコミニケーションがまだとれない為、なにかと大変

●2歳児は”イヤイヤ期”や”魔の2歳児”と呼ばれ、まだまだ甘えが強く、
今まで出来ていたことができなくなる”赤ちゃん返り”が見られる

●年齢にあまり差がないため、兄弟間で喧嘩が絶えない

上の子との歳が近いので、
子どもにとっては遊び相手ができて
とても喜ばれるようです。

一方で上の子もまだまだ
手がかかる時期なので、
育てる親はかなり大変です。

3歳差のメリットとデメリット

☆メリット☆

◯上の子は3歳になるとある程度、大人の言っていることも理解し、
意思の疎通が図れるようになる為、自分が兄や姉になることがわかる。

◯上の子のお下がりを下の子が使える
(幼稚園では、体操服やバッグ、小物など男女関係ないものはそのまま使えます)

◯中学、高校、大学の受験のタイミングが重なり、
家庭の中での”受験モード”が一緒になる

★デメリット★

●入園、入学の時期が重なり1度に出る出費がかさむ

●下の子のお世話をしようとするが、まだ上手く出来ずに葛藤する姿が見られたり、お父さんやお母さんに甘えたい気持ちも強い。

アンケートなどで支持が多い3歳差。
私の周りにも3歳差という兄弟は、
非常に多いように思います。

ある程度上の子も成長しており、
弟や妹の誕生を喜べるというのが
人気の理由の1つかもしれませんね。

引用元-−-風月&太陽の占いトレンドニュース

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 育児・子育て・出産

ページ
上部へ