最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

27歳が女性の分岐点! 仕事を変えるのは今しかない!?

      2016/06/07

27歳が女性の分岐点! 仕事を変えるのは今しかない!?

働く女性が増えた現代、女性が取れる選択肢も増えてきました。

ただ、男性と異なり、働く女性にとって、一度歩みを止めて、仕事や恋愛といった、様々なことを考えるべき特別な年齢があります。

それが”27歳”という歳です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


27歳は、女性にとって重要な年齢

花の命は短くて――という言葉は、現代の女性にとって、あまりピンとこない言葉になってきました。

一昔前の女性と言えば、学校を卒業したらほんの数年(”腰掛け”とも揶揄されるような)会社に勤め、結婚と同時に家庭に入って専業主婦になり、子供を産み、育て、少し生活が落ち着いたところでパート勤めで家計の補助、というのが定石でした。

もし仕事を続けても、女性だからというだけで役職が貰いづらかったり、看護師など一定の職業以外で働き続けることが難しかった時代だったのです。

その時代に比べ、現在は女性の社会進出も進んできました。どんな職業にも就くことが出来ますし、性別により仕事の評価が下がることも格段に減りました。まだまだ改善しなければならない問題もありますが、女性にも男性と同等の選択肢があることは、大きな飛躍です。

ただ、そうした働く女性にこそ、一度立ち止まって、自分のこと、仕事のこと、恋愛のこと…と、今後を考えるべき時が存在します。
それが”27歳”という歳なのです。

何故、27歳が女性にとって特別な年齢なのか…その理由は○○

何故、27歳なのか。
それには、女性にしか出来ないことが大きく関わってくるからです。そう、妊娠・出産です。

高齢出産が珍しくない世の中になったとは言え、35歳以上の女性の妊娠・出産には、自身と子供にリスクが生じることは、もはや説明の必要もないほど周知されていることです。このリスクを出来るだけ避けたいと思うのは、当然のことでしょう。

現在、女性が妊娠・出産する平均年齢は30歳前後と言われています。
そこから逆算し、いい男性と出会い、交際をし、結婚して1年ほどで妊娠――と考えると、27歳がそのラインであることが分かるでしょう。

…実はこの計算を、転職者を募集している企業側も行っていることをご存知ですか?
企業にとって、新しい人材を雇い入れる時、会社にとって利益をもたらしてくれる人であるかを考えます。また、長期間働いてくれる人を探すものです。

女性の場合、雇い入れてすぐに妊娠して退職…という恐れもあるため、どうしても年齢(そして結婚の予定など)を重視するようになっているのです。

仕事を変えるなら、27歳がターニングポイント!

そんな会社側にとって、”27歳の女性転職者”はとても魅力的な存在です。

その理由は、一般的な27歳と言えば、”既に社会人経験を十分に積んでいる”年齢であるからです。

多くの人が大学卒業後、新卒で最初の企業に勤めます。その時の年齢が、22、3歳として、27歳は、5年間の社会人経験をしたことを意味するのです。ですから、新卒の新人時代に行われるような、社会人としての基礎を学ばせる時間が必要ないのです。これは企業側にとって、非常に大きな時間の短縮です。

また、27歳で転職を考え、行動している女性というものは、自分のスキルの上達に貪欲であると見られます。ですから、例え前職と畑違いな職種に応募してきても、自分のために努力を怠らない人、という印象を持つのです。

そして、一般的に男性よりも女性のほうが、物事に対して柔軟に対処できる性質を持っています。
「前職ではこうだった・ああだった」と自分のやり方を変えない人より、自分たちのやり方に従ってくれる人のほうが、扱いやすいのは言うまでもありません。

こうした理由から、女性が転職を考えるのは”27歳”が適している、と言えるのです。

女性が27歳で転職を考えるメリットとは?

では、女性本人にとって、27歳で転職することのメリットは何があるのでしょうか?

まず、20代のうちに転職することは、自身のスキルの上達に大きく関わります。

一つの会社のみに席を置き、30歳を超えてしまうと、何かしらの役職がつくことも予想されます。こうなると、新しい環境に移るための勉強すら難しくなります。また、転職先の会社からも、プライドが高いのでは?と危惧を抱かれ、敬遠されてしまう可能性も否めません。

「でもそれって、女性も男性も変わらないんじゃないの?」と感じた人は、是非、”27歳”が女性にとって特別な年齢であるのかを思い出してください。

男性は比較的女性よりも結婚適齢期が遅く、30代後半に結婚することも珍しくありません。が、女性には、結婚の後にあるであろう妊娠・出産というライフイベントが存在するのです。

雇い入れたものの、ほんの1,2年で仕事を辞めてしまった・産休、育休で1年以上のブランクが出てしまった、となると、会社にとっては大きな損失になります。

仕事でも恋愛でも、27歳には大きな可能性が存在する

自分のメンタル的な面にも、20代と30代では、大きな隔たりがあります。

30代になると、先行きがどうしても不安になり、現在の状況からぬけ出すには大きな覚悟と勇気が必要になってくるのです。そうして何も変えられないまま時間だけが過ぎていく…という悪循環に足を踏み入れることになってしまいます。

ですが、20代ならば「もし駄目でも、まだ取り返しがつく!」と覚悟の出来る年齢です。フットワークも軽く、あらゆる可能性を考えることが出来るリミットが、まさに27歳なのです。

また、環境が変わり、新たな出会いが期待できることも、大きなメリットと言えるでしょう。
正直な話”20代の女性”と”30代の女性”には、男性の受ける印象が全く違います。女性からすれば不愉快な話ですが、これも結婚・妊娠・出産を考えると、致し方ない話です。

現代は働く女性にとって、選べる選択肢が増えた、と最初にお伝えしました。勿論、現在の仕事を続けることも、その選択肢の中の一つです。

ただ、もし自分の将来に疑問を抱いた時には、是非一度立ち止まり、自分の前にいくつもの道があるのだ、ということを思い出して、後悔のない道を選んでください。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ