最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

3ヶ月になっても体重が増えない我が子…その原因と対処法

      2016/06/07

3ヶ月になっても体重が増えない我が子…その原因と対処法

3ヶ月健診で標準体重に満たない発育不足が見つかることがあります。

それは何が悪いのでしょうか?

そして、どうすれば体重は増えるのでしょうか?

心配するママさんも多いことでしょう。

今回は、赤ちゃんの体重が増えない原因や対処法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


体重が増えないと駄目な理由

なぜ、赤ちゃんの体重が増えないと駄目なのでしょうか?

まずは、その理由から見ていくことにしましょう。

大人になると体重計の乗るのが怖くなります。

体重が増えるということは嫌なことであり、体重計にのると嫌な事実を突きつけられるからです。

特に若い女性はそうでしょう。

しかし、赤ちゃんはそうではありません。

赤ちゃんは体重を増やさなければいけないのです。

産まれたての赤ちゃんはただ寝ているだけです。

しかし、1年もすると1人で歩けるようになります。

このことは、1年で自力歩行できる骨や筋肉、そして脳の機能を発達させる必要があることを意味しています。

また、歩きはじめた赤ちゃんはよく転びます。

その時の衝撃を吸収するための脂肪も体に蓄積する必要があります。

このように、赤ちゃんが太るということはひとり歩きできるように準備をしている何よりの証しなのです。

食べ過ぎなどで大人が太るのとは根本的に意味合いが違ってくるのです。

まず、そのことをきちんと理解しましょう。

3ヶ月での体重増加の目安

次に、3ヶ月での体重増加の目安を見ていくことにしましょう。

赤ちゃんはどのくらい大きくなっていれば良いのでしょうか?

もちろん、赤ちゃんには個人差というものがあります。

でも、おおよその平均を知っておいて損はしないでしょう。

産まれたばかりでは体重はさほど増えなかった赤ちゃんは、生後2週間後くらいから急に体重が増えはじめるようになります。

平均的な赤ちゃんの体重増加のスピードは、生後3ヶ月では産まれたときの約2倍、1年後では約3倍といわれています。

これを1日当たりの体重増加量に直せば、1〜3ヶ月の赤ちゃんの場合、25〜30gです。

こうして見ると意外と少ないと感じるかもしれませんが、赤ちゃんは一生懸命成長しようとしているのです。

母子手帳には成長曲線が載っており、月齢別に平均体重が分かるようになっています。

もし、我が子の体重はその成長曲線を下回っているようであれば、授乳する量や回数、そして食生活等を見直す良いタイミングかもしれません。

3ヶ月で体重が増えないのは母乳やミルクの不足なのか

我が子の体重が、先に説明した成長曲線より下回っていれば心配するママさんも出てくるでしょう。

そういう場合は以下をチェックしてください。

生後1ヶ月

赤ちゃんは産まれた後に1度体重が減少します。

そして、2週間後に体重は増加に転じます。

このように、最初の体重減というものはどの赤ちゃんにも見られる生理現象であり、心配する必要はありません。

生後3ヶ月

この頃になって体重が増えないとすると、母乳やミルクが不足している可能性があります。

それを判断するには、赤ちゃんのおしっこの回数を見ると良いでしょう。

この頃は、平均的な赤ちゃんの場合、1日に5〜6回のおしっこをします。

もしも、これよりもおしっこの回数が少ないようでしたら、母乳やミルクが不足している可能性があります。

もしも、母親や赤ちゃんの都合で授乳の回数が少なくなったり、間隔が空いたりしている場合は、できる範囲で回数を増やしてあげると良いでしょう。

また、母乳の量が少ないようであれば、ミルクで補ってあげるのも良いでしょう。

体重が増えないときは病院に行くべきか

我が子の体重がなかなか増えないと、多くのママさんは心配になるでしょう。

でも、赤ちゃんにも個人差というものがあり、体重の増え方も赤ちゃんによって違ってきます。

そのため、我が子の体重が成長曲線を下回っていたとしても慌てることはありません。

まずは落ち着いて行動をしましょう。

赤ちゃんの機嫌がよく食欲もあるのなら、母乳やミルク、そして離乳食の量を増やしてあげると良いでしょう。

そして、しばらく体重増加の様子を見てあげましょう。

もしも、それでも体重が増えないようであれば、かかりつけの小児科医などに相談すると良いでしょう。

まれにですが、病気が原因で体重が増えないという赤ちゃんもいます。

もしも、赤ちゃんの機嫌が悪く食欲がないようなときや、ずっとぐずった状態でいるようなときは病気が疑われます。

そうなったらママさんだけで対応するのは難しくなるでしょう。

ひとりで悩まず早めに医師に相談すると良いでしょう。

そうすれば、ママさんも安心できるでしょう。

体重が増えない場合でも心配し過ぎない

先に説明したように、赤ちゃんにも個人差があり体重の増え方もそれぞれ違ってきます。

なので、体重の増加だけに振り回されることのないように注意してください。

それよりも毎日元気に赤ちゃんが過ごせているかの方がよっぽど重要です。

元気に動き回っているようなら、体重が増えないからといって神経質になることはありません。

まとめ

これまで見てきたように、赤ちゃんは産まれて1年後にひとりで歩くために体重を増やす必要があります。

しかし、体重の増加は赤ちゃんによって違ってきます。

なので必要以上に神経質になることはありません。

それでも心配になるようでしたら、早めに医師に相談することです。

そうすればママさんも安心して子育てを続けることができるでしょう。

赤ちゃんの体重増加をチェックすることは確かに重要なことです。

しかし、それよりも大切なのは、赤ちゃんの成長を見守ってあげることです。

先に説明した注意点を十分理解した上で楽しい育児を続けてください。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て・出産

ページ
上部へ