最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

3ヶ月になっても体重が増えない我が子…その原因と対処法

      2016/06/07

3ヶ月になっても体重が増えない我が子…その原因と対処法

3ヶ月健診で標準体重に満たない発育不足が見つかることがあります。

それは何が悪いのでしょうか?

そして、どうすれば体重は増えるのでしょうか?

心配するママさんも多いことでしょう。

今回は、赤ちゃんの体重が増えない原因や対処法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


体重が増えないと駄目な理由

なぜ、赤ちゃんの体重が増えないと駄目なのでしょうか?

まずは、その理由から見ていくことにしましょう。

大人になると体重計の乗るのが怖くなります。

体重が増えるということは嫌なことであり、体重計にのると嫌な事実を突きつけられるからです。

特に若い女性はそうでしょう。

しかし、赤ちゃんはそうではありません。

赤ちゃんは体重を増やさなければいけないのです。

産まれたての赤ちゃんはただ寝ているだけです。

しかし、1年もすると1人で歩けるようになります。

このことは、1年で自力歩行できる骨や筋肉、そして脳の機能を発達させる必要があることを意味しています。

また、歩きはじめた赤ちゃんはよく転びます。

その時の衝撃を吸収するための脂肪も体に蓄積する必要があります。

このように、赤ちゃんが太るということはひとり歩きできるように準備をしている何よりの証しなのです。

食べ過ぎなどで大人が太るのとは根本的に意味合いが違ってくるのです。

まず、そのことをきちんと理解しましょう。

3ヶ月での体重増加の目安

次に、3ヶ月での体重増加の目安を見ていくことにしましょう。

赤ちゃんはどのくらい大きくなっていれば良いのでしょうか?

もちろん、赤ちゃんには個人差というものがあります。

でも、おおよその平均を知っておいて損はしないでしょう。

産まれたばかりでは体重はさほど増えなかった赤ちゃんは、生後2週間後くらいから急に体重が増えはじめるようになります。

平均的な赤ちゃんの体重増加のスピードは、生後3ヶ月では産まれたときの約2倍、1年後では約3倍といわれています。

これを1日当たりの体重増加量に直せば、1〜3ヶ月の赤ちゃんの場合、25〜30gです。

こうして見ると意外と少ないと感じるかもしれませんが、赤ちゃんは一生懸命成長しようとしているのです。

母子手帳には成長曲線が載っており、月齢別に平均体重が分かるようになっています。

もし、我が子の体重はその成長曲線を下回っているようであれば、授乳する量や回数、そして食生活等を見直す良いタイミングかもしれません。

3ヶ月で体重が増えないのは母乳やミルクの不足なのか

我が子の体重が、先に説明した成長曲線より下回っていれば心配するママさんも出てくるでしょう。

そういう場合は以下をチェックしてください。

生後1ヶ月

赤ちゃんは産まれた後に1度体重が減少します。

そして、2週間後に体重は増加に転じます。

このように、最初の体重減というものはどの赤ちゃんにも見られる生理現象であり、心配する必要はありません。

生後3ヶ月

この頃になって体重が増えないとすると、母乳やミルクが不足している可能性があります。

それを判断するには、赤ちゃんのおしっこの回数を見ると良いでしょう。

この頃は、平均的な赤ちゃんの場合、1日に5〜6回のおしっこをします。

もしも、これよりもおしっこの回数が少ないようでしたら、母乳やミルクが不足している可能性があります。

もしも、母親や赤ちゃんの都合で授乳の回数が少なくなったり、間隔が空いたりしている場合は、できる範囲で回数を増やしてあげると良いでしょう。

また、母乳の量が少ないようであれば、ミルクで補ってあげるのも良いでしょう。

体重が増えないときは病院に行くべきか

我が子の体重がなかなか増えないと、多くのママさんは心配になるでしょう。

でも、赤ちゃんにも個人差というものがあり、体重の増え方も赤ちゃんによって違ってきます。

そのため、我が子の体重が成長曲線を下回っていたとしても慌てることはありません。

まずは落ち着いて行動をしましょう。

赤ちゃんの機嫌がよく食欲もあるのなら、母乳やミルク、そして離乳食の量を増やしてあげると良いでしょう。

そして、しばらく体重増加の様子を見てあげましょう。

もしも、それでも体重が増えないようであれば、かかりつけの小児科医などに相談すると良いでしょう。

まれにですが、病気が原因で体重が増えないという赤ちゃんもいます。

もしも、赤ちゃんの機嫌が悪く食欲がないようなときや、ずっとぐずった状態でいるようなときは病気が疑われます。

そうなったらママさんだけで対応するのは難しくなるでしょう。

ひとりで悩まず早めに医師に相談すると良いでしょう。

そうすれば、ママさんも安心できるでしょう。

体重が増えない場合でも心配し過ぎない

先に説明したように、赤ちゃんにも個人差があり体重の増え方もそれぞれ違ってきます。

なので、体重の増加だけに振り回されることのないように注意してください。

それよりも毎日元気に赤ちゃんが過ごせているかの方がよっぽど重要です。

元気に動き回っているようなら、体重が増えないからといって神経質になることはありません。

まとめ

これまで見てきたように、赤ちゃんは産まれて1年後にひとりで歩くために体重を増やす必要があります。

しかし、体重の増加は赤ちゃんによって違ってきます。

なので必要以上に神経質になることはありません。

それでも心配になるようでしたら、早めに医師に相談することです。

そうすればママさんも安心して子育てを続けることができるでしょう。

赤ちゃんの体重増加をチェックすることは確かに重要なことです。

しかし、それよりも大切なのは、赤ちゃんの成長を見守ってあげることです。

先に説明した注意点を十分理解した上で楽しい育児を続けてください。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て・出産

ページ
上部へ