最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

30代の貯金の平均額はどれくらい? 独身のうちに貯めるべき金額とは?

      2016/06/07

30代の貯金の平均額はどれくらい? 独身のうちに貯めるべき金額とは?

気になるけど、聞くに聞けない貯金額。

みんなどれくらい貯めているの?

年齢に適した貯蓄額っていくら?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


30代での貯蓄はとても大事

「一般に30代は、結婚費資金やクルマ、住宅購入のための自己資金、子どもが生まれれば教育費などが発生します。また、この年代にキャリアアップのため自己投資をするという人も少なくないはず。しかし、今年4月からはいよいよ消費税が8%にアップします。物価もとくにエネルギー関係で上昇が目立ち、社会保障費も上がっています。それは確実に家計に負担を強いるわけですから、貯蓄がないという現状はとても深刻なのです」
では、具体的にどのくらい貯蓄が必要なのか。そのひとつの目安が今回のテーマである「300万円」なのです。
「社会人になって年間30万円ずつ貯蓄すれば、10年で300万円。30代前半には十分貯められる金額です。一方、30代も終盤であれば、さらに結婚や住宅購入などの大きなイベントがまだの場合は、600万円は欲しいところでしょう」

引用元-−-AllAbout

30代の平均貯蓄額

今回の調査で浮き彫りになったのは「女性たちの堅実さ」だ。「バブルとか信じられない」「ブランドのマークに余計なお金を払うその感覚がわからない」という、20代・30代の若い世代からの声が多かった。物心ついたときから不景気を体感した女性たちほど「貯金しなければ!」という意識が高いようで、「総務省統計局」が単身世帯を対象に行った調査では、30歳未満女性の平均貯蓄金額は198万円もあるというデータがあるのだ。

引用元-−-Excite

今年も家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]
平成24年調査結果をみてみましょう。

2012年、30代の平均貯蓄額*1は

732万円
(中央値*2は350万円)

となりました。

なお、上記額は貯蓄有と答えた方の平均値であり、
貯蓄なしと回答した方も含めた全体で見てみると
(実は貯蓄なしの方が全体の3割くらいいるんですよね)、
平均貯蓄額は499万円(中央値は150万円)となります。

引用元-−-その時、四十路が動いた

理想の貯金額

まずは300万円貯めたい!

・「300万円。漠然と、住宅購入の頭金にできるくらいの貯蓄があればいいなと思う」(27歳女性/不動産/事務系専門職)
・「300万円。300万あれば、とりあえず1年は困らないと思うから」(27歳女性/生保・損保/営業職)
・「300万円。300万円の貯金もないのが恥ずかしい。結婚資金として、結婚までに達成したい」(31歳女性/学校・教育関連/販売職・サービス系)

アラサー独女なら、いざというときの資金をある程度は用意しておきたいもの。100万円あれば数カ月、300万円あれば1年近くはなんとか生活できそう。

引用元-−-マイナビウーマン

貯金目標金額の目安
『理想の内訳』で紹介した例では手取り収入に対し15%でしたので、20〜30%を目標に貯金額を考えてみましょう。
さて、収入の20〜30%というと、どれくらいが貯められるんでしょう。国税庁が出した、いわゆるサラリーマンの平均年収は400〜450万円だそうです。でも平均年収って20代〜60代まで入ってると思いますので20〜35歳くらいで見てみました。すると20〜30代の平均年収は355万円ほど!なので、貯金額が収入の20〜30%とすると70〜105万円貯められることになりますね。
ただ、この年収は税金や年金を含んでいるはずですので、手取り収入で考えるのが現実的!サラリーマンの手取り年収ってGoogle先生に聞いてもぱっと出てこなかったので、手取りの月収から出してみましょう。サラリーマンの手取り月収は僕の感覚として12〜30万円くらいです。
手取り月収を1万円刻みで出して、それに対応する手取り年収、その20〜35%の金額を以下の表にまとめました。これを見ると年間28万円〜100万円の間が我々20〜30代の貯金目標になりそうだと言えます。

引用元-−-貯金魂

貯めているべき貯金額

gf01a201502031000

30歳 年収と同じ額を貯める
「貯める」と「使う」のバランスを上手に取ろう
最初の1〜2年で緊急用のお金が貯まったら、次は別口座で「将来のためのお金」を貯めていく。手取り年収の15%を毎年貯蓄に回せば、7年間で年収と同じ額が貯まる計算。「ただしこの時期は、スキルアップして収入を上げる、外見・内面を磨いて結婚相手を見つけるなど、人生を切り開くことも大事。貯めるだけでなく、上手に使う力も身に付けて」

35歳 年収の1.5倍を貯める
少額からの投資にそろそろ目を向けて
まとまったお金ができたら、投資で資産を効率的に殖やしていこう。「毎月3万円を貯めている人なら、そのうち1万円ずつを投資信託で積み立ててみては。少額なので、損失が出ても働いて取り戻すことができますし、失敗の中から経済の動きや正しい運用方法を学べる。40〜50代で大きなお金を運用する前に、ぜひチャレンジを」

引用元-−-日本経済新聞

35歳までにやっておくべきこと

見通しの立たない年金問題や格差の広がりから、「老後が不安」と貯蓄に頼ろうとする人も少なくないはず。しかし、「貯蓄は不安を解消するためではなく、将来やりたいことを実現するためのツール。貯蓄があっても、夢がなければ素敵な人生は送れません」と生活経済ジャーナリストの高橋伸子さんは言う。「35歳までにやっておくべきこと」として高橋さんが提案するのは、具体的なライフプランと貯蓄計画の設計だ。

ライフプランを立てるには、まず将来の自分をイメージ(Step1)。「60歳の自分をいきなり想像するから、漠然とした貯蓄目的になってしまう。5年、10年後を具体的に想定して。目標を描きにくい人は、身近な先輩にモデルを見つけるのもいい」(高橋さん)。貯蓄目的は、「社会人大学に通う資金を100万円、3年後までに貯める」のように具体的に考えよう

引用元-−-Woman Online

独身のうちに考えておきたいこと

結婚前から結婚費用にいくらかかるかまで丁寧に見積もりをとるという必要もありませんが、とりあえずでも具体的な数字を設定することができるかどうかにより、貯金に対してのモチベーションも変わってきますし、達成した・しないという成功・失敗を明確にすることができます。
目標額が決まったら、今度はそのために毎月いくらの貯金が必要かというふうに割っていきます。
最初からいきなり無理な金額にすると途中でリバウンド的に衝動買いをしてしまいたくなるので、現状よりもちょっとだけ苦しいけど我慢ができるという程度の額にとどめておくことも大切なポイントです。
また、月額費用として支払っている携帯料金や保険料といったような見直し可能なものも一度洗いなおしを行いましょう。

引用元-−-ライフプラン研究所

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ