最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

30歳、未経験でも就職できる職種について

      2016/06/07

30歳、未経験でも就職できる職種について

気が付いたら30歳。

安定した生活を求めて就職や転職を決意したものの、厳しい現実に直面。

中々書類選考も通らない日々では、まるで社会から「いらない」と言われているようで、気鬱になるでしょう。

どんな職種であれば、就職できるかについてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


30歳で未経験の職種でも就職できるか?

世の中には二つの採用方法があります。

「新卒」はこの春に学校を卒業する学生相手のもので、会社としても社員として育てる気持ちがあります。

そのため、未経験でも全く問題視されません。

まあいわば可能性に対しての投資です。

それに比べて「中途」というのは、企業として即戦力に使える人材が欲しいのです。

そしてこの中途という定義は、「新卒」以外です。

年齢が若くても年を取っていても、すべてその扱いです。

即戦力が欲しい企業としては、その業務に「未経験」の人を雇うというのは、かなりの冒険です。

冒険ということは、可能性が低いという事です。

ただし、今までの職歴が、その職種に近かったり、今までの経験活かすことが出来る分野であれば、可能性はあります。

例えば接客業をしていた人であれば、「営業職」は親和性が高いので経験を活かすことはできるでしょう。

また企業もニーズの多様化に合わせた人を求める傾向もあるので、未経験の職種でも今の仕事で自分の経験をアピールできれば就職は無理ではありません。

30歳で未経験でも就職できる職種とは?

多いのは営業職です。

必ず一定数の需要があります。

人とコミュニケーションが取れる事は当たり前ですが、一般的な礼儀やマナーは必須事項です。

門戸が広ければ、人も多く応募しますので、他の応募者と一線を画するアピールポイントが必要なります。

接客業をしていた人はそれもアピールしましょう。

また、営業はしてなくても、その業界に対する知識があれば十分それもアピールポイントになります。

また、他にも需要があるのは介護系の仕事です。

資格の取得が必須条件ですが、さほどお金や時間をかけなくても資格の取得は可能です。

職種に拘らないのであれば、今伸びているベンチャー企業などもおススメです。

何故なら急激に業績を上げている所は、何せ人手不足です。

まさに猫の手も借りたいというので、未経験者にも広く門戸を開いている事も。

大量に未経験者を募集しているところは、その影に大量の離職者を出している会社もあります。

いわゆるブラック企業です。

はじめから大量に辞めることは織り込み済みでとりあえず、こき使える間はこき使おうと考えている会社もありますので、注意してください。

30歳で未経験の職種に就職するには?

手っ取り早い手段は「資格の取得」です。

ただ資格はあっても就職に有利になるものもあれば、あまり関係ないのもあります。

誰でも簡単に取れる資格というのは、正直あまり価値がありません。

資格の取得の際には、自分が働きたいという職種にどのように活かせることができるのかを考えましょう。

また、学校へ行くという方法もあります。

職業訓練校は、民間の学校へ行くよりも安価で必要な知識を学ぶ事が出来ます。

現在は入学金や学費を取る所も多いのですが、在学中が失業保険の給付期間中であれば、失業保険の給付が延長される場合もあります。

資格も学校での職業訓練も言うなれば、未経験職種でも、「その業務について経験はありませんが、知識はあります。」という事を簡単に企業にアピールする方法でもあります。

ただ資格を取得しても、学校にいっても、その職種に必ず就職できるというパスを手に入れたわけではありません。

最終的には企業にいかに必要な人材であるかをアピールする必要があるのです。

30歳で未経験職種に就職するポイントは?

30歳という年齢は、何かを始めるには決して遅い年齢ではありませんが、もしあなたが未経験の職種に就職を希望しているのであれば、この年代がギリギリかもしれません。

未経験職種の企業の面接に臨む場合、必ず聞かれるのが「志望動機」です。

30歳で一から始めるというには強い思いと熱意が必要なのです。

それをいかにアピールするかが必要です。

また、30歳という年齢であれば、何らかの経験があるはずです。

といっても、前職の経験をただアピールするのではなく、「その経験をこの仕事にいかに活かせるか?」という観点から話をしましょう。

また30歳が新卒と違うところは社会人としての基礎力があることです。

その職種の業務内容には不案内でも、ビジネスマナーや敬語の使い方、人との接し方など、企業が一から教えなくていい事をすでに知っているはずです。

それもアピールポイントの一つなのです。

そして、真摯に学ぼうという姿勢が大切です。

あなたの前職が何であれ、この未経験の職種の中で、自分のプライドを気にせずにいろんな人に教えを乞えるという態度が大切です。

30歳でも未経験の職種に挑戦しよう

たくさんの企業に面接していると、いわゆる就職疲れを起こします。

「もうどこでもいいから就職出来れば?」と考えがちですが、それは違います。

例えば結婚相手を探すのに、「誰でもいいよ。

結婚してくれれば」と言えば誰だってその人と結婚する気はなくなります。

だから、面接を受ける時は、「ここだけが勤めたい会社である」という気持ちで臨みましょう。

企業だってそうです。

「自分をオンリーワン」と考えている熱意のある人を求めています。

そして結婚相手と違うのは利害関係があることです。

企業としては、お金を払うだけの価値を求めます。

その価値が未経験職種の場合、企業としてはあなたの可能性にかけるしかありません。

そのため、その可能性がどれだけ現実になるものなのかをアピールする必要があります。

今までご説明した事を是非参考にしてください。

30歳でも、未経験の職種に十分就職はできるのです。

足りないものがあるようなら足すようにしましょう。

仮にそれが知識や経験ということなら、資格や学校で補うる部分もあります。

そして最後に必要なのは熱意です。

これが最後のアピールポイントです。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ