最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

30歳、未経験でも就職できる職種について

      2016/06/07

30歳、未経験でも就職できる職種について

気が付いたら30歳。

安定した生活を求めて就職や転職を決意したものの、厳しい現実に直面。

中々書類選考も通らない日々では、まるで社会から「いらない」と言われているようで、気鬱になるでしょう。

どんな職種であれば、就職できるかについてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


30歳で未経験の職種でも就職できるか?

世の中には二つの採用方法があります。

「新卒」はこの春に学校を卒業する学生相手のもので、会社としても社員として育てる気持ちがあります。

そのため、未経験でも全く問題視されません。

まあいわば可能性に対しての投資です。

それに比べて「中途」というのは、企業として即戦力に使える人材が欲しいのです。

そしてこの中途という定義は、「新卒」以外です。

年齢が若くても年を取っていても、すべてその扱いです。

即戦力が欲しい企業としては、その業務に「未経験」の人を雇うというのは、かなりの冒険です。

冒険ということは、可能性が低いという事です。

ただし、今までの職歴が、その職種に近かったり、今までの経験活かすことが出来る分野であれば、可能性はあります。

例えば接客業をしていた人であれば、「営業職」は親和性が高いので経験を活かすことはできるでしょう。

また企業もニーズの多様化に合わせた人を求める傾向もあるので、未経験の職種でも今の仕事で自分の経験をアピールできれば就職は無理ではありません。

30歳で未経験でも就職できる職種とは?

多いのは営業職です。

必ず一定数の需要があります。

人とコミュニケーションが取れる事は当たり前ですが、一般的な礼儀やマナーは必須事項です。

門戸が広ければ、人も多く応募しますので、他の応募者と一線を画するアピールポイントが必要なります。

接客業をしていた人はそれもアピールしましょう。

また、営業はしてなくても、その業界に対する知識があれば十分それもアピールポイントになります。

また、他にも需要があるのは介護系の仕事です。

資格の取得が必須条件ですが、さほどお金や時間をかけなくても資格の取得は可能です。

職種に拘らないのであれば、今伸びているベンチャー企業などもおススメです。

何故なら急激に業績を上げている所は、何せ人手不足です。

まさに猫の手も借りたいというので、未経験者にも広く門戸を開いている事も。

大量に未経験者を募集しているところは、その影に大量の離職者を出している会社もあります。

いわゆるブラック企業です。

はじめから大量に辞めることは織り込み済みでとりあえず、こき使える間はこき使おうと考えている会社もありますので、注意してください。

30歳で未経験の職種に就職するには?

手っ取り早い手段は「資格の取得」です。

ただ資格はあっても就職に有利になるものもあれば、あまり関係ないのもあります。

誰でも簡単に取れる資格というのは、正直あまり価値がありません。

資格の取得の際には、自分が働きたいという職種にどのように活かせることができるのかを考えましょう。

また、学校へ行くという方法もあります。

職業訓練校は、民間の学校へ行くよりも安価で必要な知識を学ぶ事が出来ます。

現在は入学金や学費を取る所も多いのですが、在学中が失業保険の給付期間中であれば、失業保険の給付が延長される場合もあります。

資格も学校での職業訓練も言うなれば、未経験職種でも、「その業務について経験はありませんが、知識はあります。」という事を簡単に企業にアピールする方法でもあります。

ただ資格を取得しても、学校にいっても、その職種に必ず就職できるというパスを手に入れたわけではありません。

最終的には企業にいかに必要な人材であるかをアピールする必要があるのです。

30歳で未経験職種に就職するポイントは?

30歳という年齢は、何かを始めるには決して遅い年齢ではありませんが、もしあなたが未経験の職種に就職を希望しているのであれば、この年代がギリギリかもしれません。

未経験職種の企業の面接に臨む場合、必ず聞かれるのが「志望動機」です。

30歳で一から始めるというには強い思いと熱意が必要なのです。

それをいかにアピールするかが必要です。

また、30歳という年齢であれば、何らかの経験があるはずです。

といっても、前職の経験をただアピールするのではなく、「その経験をこの仕事にいかに活かせるか?」という観点から話をしましょう。

また30歳が新卒と違うところは社会人としての基礎力があることです。

その職種の業務内容には不案内でも、ビジネスマナーや敬語の使い方、人との接し方など、企業が一から教えなくていい事をすでに知っているはずです。

それもアピールポイントの一つなのです。

そして、真摯に学ぼうという姿勢が大切です。

あなたの前職が何であれ、この未経験の職種の中で、自分のプライドを気にせずにいろんな人に教えを乞えるという態度が大切です。

30歳でも未経験の職種に挑戦しよう

たくさんの企業に面接していると、いわゆる就職疲れを起こします。

「もうどこでもいいから就職出来れば?」と考えがちですが、それは違います。

例えば結婚相手を探すのに、「誰でもいいよ。

結婚してくれれば」と言えば誰だってその人と結婚する気はなくなります。

だから、面接を受ける時は、「ここだけが勤めたい会社である」という気持ちで臨みましょう。

企業だってそうです。

「自分をオンリーワン」と考えている熱意のある人を求めています。

そして結婚相手と違うのは利害関係があることです。

企業としては、お金を払うだけの価値を求めます。

その価値が未経験職種の場合、企業としてはあなたの可能性にかけるしかありません。

そのため、その可能性がどれだけ現実になるものなのかをアピールする必要があります。

今までご説明した事を是非参考にしてください。

30歳でも、未経験の職種に十分就職はできるのです。

足りないものがあるようなら足すようにしましょう。

仮にそれが知識や経験ということなら、資格や学校で補うる部分もあります。

そして最後に必要なのは熱意です。

これが最後のアピールポイントです。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ