最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

33歳で貯金が1000万貯める!貯金のコツをご紹介します

      2016/06/07

33歳で貯金が1000万貯める!貯金のコツをご紹介します

33歳で貯金が1000万と聞くとびっくりします。

きっと男性で、年収は1000万円だろうなと考えるかもしれません。

それも間違っていないのですが、手取り年収が400万円の女性だって貯めることが出来るのです。

年収の金額に関係なく、1000万円を貯金出来る方法について解説します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

胃腸炎で病院へ行く、行かないの判断はこれ!

ノロウイルスや細菌が原因となる急性胃腸炎は下痢、嘔吐、吐き気...

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

スポンサーリンク


33歳の貯金は1000万円ある人はどのくらいいる?

ある調査によると、22歳〜34歳までの平均貯蓄額は340万円弱だそうです。

一番多い貯金額が50万円未満、一番多い人で5500万円!だそうです。

ちなみにこの人33歳男性、総務だそうです。

ちょっと年収に興味がありますね。

さて、年齢別に見ていくと33歳の平均貯蓄額は433万円、最高貯蓄額は、先の5500万円の人です。

一番多いのは50万未満で、全体の17%です。

2番目は、50万円〜100万円未満が全体の15%、次いで3番目に多いのが、1000万円越で全体14%です。

1000万越えが3番目以上の上位になるのはこの年齢だけです。

その前の32歳の場合の貯蓄額分布を見ると、50万未満と100万円〜200万円未満が全体の17%で同率1位、3位は500万円〜1000万円が16%、1000万越えが、4位で13%となります。

34歳もパーセンテージは違いますが、ほぼ32歳と構成が同じです。

何故か33歳は一番お金を持っている年齢のようです。

考えられるのは、32歳はまだ貯蓄額が1000万円の届かない人も33歳になって届くようになったという事と、34歳になると結婚や、家の購入等のライフイベントを迎えて貯蓄額が減るのかもしれません。

33歳の平均年収は?

次に気になるのは、33歳の年収ですね。

全体の14%が1000万円の貯蓄があるという事は年収がどのくらいあれば、そんな貯金が出来るのか知りたいところです。

ある調査によると男性の33歳は平均年収476万円、女性は381万円と約100万円ぐらいの差があります。

こう見ると、まだまだ女性はとても男性と同等の扱いはされているとは言えないのが実情です。

33歳全体の平均年収は451万円になります。

平均額が男性よりに近いのは絶対数が男性が多いからと思われます。

30歳を過ぎると女性はライフイベントが発生するので、退職する人も少なくありません。

一番多い年収額も、そんなに平均年収とずれていません。

男性は400万円〜500万円未満が一番多く、女性は300万円〜400万円未満が一番多いです。

ちなみに1000万円越えしている人は男性で1%、女性に至っては、900万円以上の年収のある人は0%です。

800万円〜900万円未満でやっと1%なのです。

34歳になると、女性でも1000万円越えをしてくる人は全体の1%現れます。

男性の比率に変更はありません。

一つ年を取ると大体平均年収額で10万円ぐらいアップしているようです。

33歳で1000万円貯めるための貯金額

さて、仮に22歳で社会人となって、33歳までの11年間で1000万円貯めるとしたら、毎月どのくらい貯めればいいのでしょうか?

年齢が高くなれば給料が上がっていくので、貯蓄額も増えるとは思いますが、ここでは単純計算をしていきます。

1000万円を11年で割ると、1年で約91万円になります。

月7万6千円を貯金すれば33歳になるまでに、1000万円の貯金は達成です。

あれ、思ったよりもハードルが低いと思った人いませんか?頑張れば出来るかもしれないと思える数字ですよね。

7万6千円というと大体一人暮らしの家賃にあたります。

実家暮らしの人ならば、可能かもしれません。

一人暮らしの人となると、住居費に光熱費、食費にそれに貯蓄と来ると中々厳しいかもしれません。

先ほどご紹介したアンケート結果の中には、実際1000万円を貯めて入る人の中に、実家暮らしか一人暮らしかのデータはありません。

しかし、他のアンケートでは一人暮らしでもやはり1000万円を貯めたとい人は少なくないのです。

33歳で貯金を1000万円貯める方法

1000万円を貯めるには、それなりに節約が必要です。

では、実際貯めた人はどんな節約方法をやっていると思いますか?

光熱費を節約して、トイレの水も二回に一回しか流さないとか、絶対外食をしないとか、贅沢を排除して「欲しがりません。勝つまでは」を実践していると考えていませんか?

1000万円を貯める人の中にはそういう節約方法をしている人はいます。

しかし、これはとても強い意思が必要です。

あまり節約しすぎると、それがストレスになって、逆に衝動買いに走ってしまう事もあります。

一度箍が外れると、中々元に戻ることが出来ず、そうして挫折してしまうのです。

つまり、これはダイエットと同じです。

無理をすれば、一時的にはうまく行きますが、その反動でリバウンドしたり、挫折したりするのです。

1000万円を貯めるのは、長距離走と一緒です。

長く続ける方法が大切なのです。

それには、短距離のような節約方法はあまり向いてません。

ならばどうすればいいのでしょうか?

無理せずに1000万円を貯金するには?

1000万円貯めた人の多くは、お金を節約して貯めているのではなく、そのお金をいかに使うかという事について考えています。

つまりお金の使い方にメリハリをつけているのです。

欲しいものにはお金を使います。

しかし、そうじゃないところにはお金を掛けないようにするのです。

簡単に言えば、限られたお金を有効に使うという事です。

例えば「安物買いの銭失い」という言葉があります。

ついつい安い服や、安い食品を購入しすぎて、実際一度も着なかったり、食品が使い切れなかった事ありませんか?
それってお金の無駄遣いです。

安く買うことよりも、それを使い切れるかという事に主眼を置くのです。

例えば、1/4カットの白菜とまるごとの白菜は、お得か否かといえば、まるごと一つのほうがお得です。

まるごと一つの白菜の価格を1/4にしたとしても、1/4カットの白菜の方が高いのです。

しかし、使い切れるか否かと言えば、一人暮らしの場合、確率が高いのは1/4カットです。

まるごとの白菜を結局半分使い切れなかったとしたら、コスト的には高くなります。

そういう風に無駄をカットすることで1000万円を貯めることが出来るのです。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ