最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

50代男性に人気の趣味はこれ!あなたも始めてみませんか?

      2016/06/07

50代男性に人気の趣味はこれ!あなたも始めてみませんか?

50代というのは微妙な年代です。

バブルの頃の熱気を肌で感じた世代でもあります。

また、人生の折り返し地点を過ぎ、定年後のことを考え始める世代でもあります。

今回は、そんな50代の男性に人気の趣味を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

スポンサーリンク


50代男性に一番人気がある趣味はバイク

バイクは、50代男性に一番人気がある趣味です。管理職となった50代男性は、日々ストレスにさらされています。そんな男性にとって、休日にバイクに乗ってツーリングすることは最高の贅沢だといえるでしょう。風を切って走る爽快感。これは何事にも替えがたいことでしょう。また、男性はメカが大好きです。そんな男性にとって、愛車をメンテナンスすることも楽しい至福のひとときといえるでしょう。

バイクと同じように、自転車も人気がある趣味です。こちらは気軽に街中や郊外をツーリングできるという魅力もあります。バイクはガソリンで走ります。しかし、自転車は自分が動力源です。つまり、自分にエネルギーが残っていればどこまでも走れるという魅力があります。これはまた、自分の可能性をためす挑戦だとも言えるでしょう。

50代男性は旅行の趣味もある

人生の折り返し地点を過ぎた50代男性は特に色んなことを考えます。いままでの仕事ぶり、そして、定年後のこと。日ごろは仕事に追われてそんなことを考える余裕はないでしょう。しかし、日常生活から離れて旅行すれば、そんなことにも思いを馳せる余裕が出てくるでしょう。

一人旅は、そんな思索をするのにぴったりです。誰かにじゃまされることもない、そのときに思いついた場所にぶらりと旅をすることができます。現地の人との触れ合いも楽しいでしょうし、新たな気づきが得られるかもしれません。それは、自分探しの旅でもあるのです。

また、現地の神社や仏閣をめぐるのもいでしょう。そういった史跡をめぐることで、現地の歴史や文化を学ぶこともできます。その過程で新たに興味が湧くこともあるでしょう。そうしてゆけば行きたい旅行先も増えてゆくでしょう。

50代男性は、こうして旅行で鋭気を養うのです。休日は家でブラブラしているというあなた、たまには旅行に出かけてみませんか。そうすれば、今まで見えていなかった世界が見えるようになるかもしれません。

50代男性はスポーツにも挑戦する

50代男性はスポーツにも挑戦します。もちろん、サッカーやラグビーのような激しい運動は体力的にも無理でしょう。

スポーツの中には年齢や体力に関係なく楽しめるものがあります。オリンピック競技の中には、年齢の高い選手が代表になっているものもあります。アーチェリーと射撃です。

アーチェリーは主に上半身を使います。そのため体力が落ちてきた人でも気軽に楽しむことができます。的にあたった時の達成感は格別でしょう。

射撃についても同じことが言えます。アーチェリーは弓を引くのに腕の力が必要です。しかし、それは射撃には必要ありません。基本的に銃を支える力と引き金を引く指の力があれば射撃を楽しむことができます。麻生元総理が射撃の選手だっという話は有名です。

また、50代男性はゴルゴ13に憧れていた世代でもあります。いつか銃を撃ってみたいと思っている人も少なくないでしょう。狙撃の腕前はともかく、射撃というスポーツは銃を持つ人をゴルゴ13にしてくれるのです。

50代男性は写真が大好きだ

最近の若者はスマホで気軽に写真を取りますが、50代男性の場合はそうとは限りません。お金を持っている50代男性は、趣味への出費を惜しみません。そのため、中には高級一眼レフを買う人もいます。

先に説明したように、男性はメカが大好きです。高級一眼レフが醸し出す雰囲気は、そんな男心をくすぐります。また、彼らは写真専門誌を購読してカメラの知識を吸収することやカメラの撮影技術を磨くのに時間を惜しみません。それは、一種の自己実現だともいえるでしょう。

もちろん彼らは家の中で写真専門誌を眺めているだけではありません。外に飛び出して被写体を探します。グループで撮影旅行に行くのも楽しいでしょう。また、独りで撮影旅行に行くのも良いでしょう。そして、多くの場合はその写真をブログやSNS等で公開するでしょう。あるいは、強者(つわもの)は展覧会等に出品するでしょう。そこでの評価があらたな写真撮影の動機づけにもなるのです。

50代男性は電子工作にはまる

電子工作は子どもではなく、むしろ大人がはまります。電気に関する専門知識が必要となる電子回路の作成が、知識や経験のない素人でも簡単に高機能の電子回路が手作りできるのです。子どものためという口実で買って、自分が楽しんでいるという父親も少なくはないでしょう。

まとめ

ある調査によれば、平均寿命が延びたことで定年後の時間は現役で働いた時間を超えることになるそうです。つまり、あと何年かすれば定年を迎える彼らには、延々と続く「休日」が待っているのです。

定年になって何もすることがないという事態を避けるためにも、今から定年後を視野に入れた趣味選びをしてはどうでしょう?

そのとき、先に紹介した趣味を参考にするのも良いでしょう。アウトドア派にとってのバイクや自転車、そして旅行。インドア派にとっての電子工作など。いずれにしても、趣味は人生を豊かにしてくれます。仕事がなくなる定年後はなお更のことです。今から始めましょう。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 趣味・ホビー

ページ
上部へ