最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ICOCAにチャージするにはクレジットがおすすめ!

      2016/06/07

ICOCAにチャージするにはクレジットがおすすめ!

ICOCAは、JR西日本が発行しているICカード乗車券です。

これ1枚あると、買い物に使えたり、面倒な精算なしで他の鉄道会社への乗り継ぎが可能になります。

このICカード乗車券には現金でもクレジットでもチャージできます。

今回は、そんなICOCAへのチャージ方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


ICOCAのチャージ方法【自動券売機】

ICOCAを利用するには、事前にカードに入金されている必要があります。

このカードに入金することをチャージと良います。

チャージできる金額の上限は2万円に設定されています。

これには盗難されても被害を少なくする目的があると思われます。

各駅の構内に設置されている、ICOCAに対応した自動券売機でチャージすることができます。

自動券売機の画面を操作して現金でチャージします。

領収書を発行したり、カード利用履歴を表示したり印字することもできます。

なお、チャージできる金額は、500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円の金額から選びます。

また、チャージできるのは現金またはクレジットに限られています。

そのため、同じJR西日本が発行しているオレンジカードや、スルッとKANSAI対応カードからのチャージはできません。

これらのカードからチャージできるようにすると、ICOCAのシステム開発コストが膨大なものになってしまうからでしょうね。

ICOCAのチャージ方法【専用チャージ機】

各駅の構内や改札の横に設置されている専用チャージ機を使ってチャージすることもできます。

操作はいたって簡単。

ICOCAをこの専用チャージ機に差し込んで、切符を買うときの要領で、先に説明した一定額を現金でチャージします。

これなら、たとえ機械の操作が苦手な高齢者であったとしても、普段から券売機で切符を買っていればチャージすることはできるでしょう。

JR西日本の専用チャージ機では、現金以外にもクレジットでチャージできるようになっています。

ただしこれは、ICOCAではなくSMART ICOCAといわれるクレジットカード対応のICOCAのことです。

これについては、このあと詳しく説明します。

JR西日本の一部のエリアに設置されている新しいチャージ機では、利用履歴を印字できる機能や、SMART ICOCAのポイントをチャージすることができる機能が追加されています。

ICOCAのサービスを開始すると乗客のチャージ需要が拡大しました。

JR西日本では主要駅で専用チャージ機の台数を増やしたりホームに設置することで、需要拡大に対応してきました。

ICOCAのチャージ方法【自動精算機】

駅構内に設置されている自動精算機を使って現金でチャージします。

チャージする金額は、1,000円、2,000円、3,000円のなかから選びます。

領収書を発行することもできます。

新型の自動精算機では、5,000円や10,000円の現金チャージができるようになっています。

また、SMART ICOCAのチャージの機能も追加されているます。

これまで見てきた場所以外にも、イオングループのICOCA対応店舗、JR西日本エリア内の主要なコンビニ各店でも現金によるチャージが可能になっています。

これら以外にも、他のJR各社のエリア内のコンビニ各店で現金チャージできるところもあります。

JR東日本エリア内のSuicaショッピングサービス対応店舗、JR東海エリア内のTOICA電子マネー対応店舗、JR九州エリア内のSUGOCA電子マネー店舗などです。

ICOCAのようなICカード乗車券はネットワーク効果によって利用者が拡大します。

JR各社はそれを狙っているようです。

おかげで、JR西日本を利用している乗客にとって利便性は広がっています。

クレジットでチャージできるSMART ICOCAの購入方法

先に説明したように、ICOCAは現金によるチャージしかできません。

クレジットによるチャージを行うには、それに対応したSMART ICOCAを購入する必要があります。

SMART ICOCAを購入するには有効なクレジットカードが必要になります。

購入方法は次の通り。

郵便による申し込み

SMART ICOCA入会申込書に必要事項を記入して郵便で申し込みます。

なお、このSMART ICOCA入会申込書は、JR西日本の主要駅に置かれています。

駅員に問い合わせをすると良いでしょう。

サービスカウンターでの申し込み

これは、大阪駅でしか申し込みできません。

中央口にあるJ-WESTサービスコーナーに必要書類を持参して審査を受けます。

わざわざ出向くのが面倒な半面、審査が通ればその場でSMART ICOCAが発行されます。

オンラインによる申し込み

JR西日本の専用サイト、「JRおでかけネット」から申し込みます。

なお、このときJ-WESTネットの会員登録が求められます。

また、本人確認のために運転免許証をアップロードすることも求められます。

なお、みどりの窓口等では販売していませんのでご注意下さい。

クレジットによるSMART ICOCAのチャージ方法

SMART ICOCAのチャージ方法は次の3通りです。

現金によるチャージ

先に説明した、ICOCAのチャージ方法と同じです。

クレジットによるクイックチャージ

専用のチャージ機の画面を操作してチャージします。

チャージ金額は、3,000円、5,000円、10,000円の中から選びます。

ポイントチャージ

SMART ICOCAで集めたJ-WESTポイントを使ってチャージすることができます。

交換レートは、1ポイント=1円です。

なお、JR東日本のSuicaのようなオートチャージ機能はないので注意しましょう。

まとめ

これまで見てきたように、JR西本が発行するICOCAも他のJRが発行しているICカード乗車券と同じように利便性が増してきました。

現金の持ち合わせがなくてもクレジットでチャージできるSMART ICOCAも出てきました。

これ1枚あれば、通勤・通学以外にも日常の買い物をすることもできます。

しかもポイントも溜まります。

購入する手続きが多少面倒ではありますが、この機会に検討されてはいかがでしょうか?

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ