最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

KIPS ICOCAの購入・チャージは近鉄以外で可能?

      2016/06/07

KIPS ICOCAの購入・チャージは近鉄以外で可能?

通勤・通学のみならず、公共交通機関を利用する際に、交通系ICカードを利用する人が大半となっている現在ですが、近畿圏内で利用者が別れるのが、ICOCAとPiTaPaでしょう。

その中でも、近鉄から発行されるKIPS ICOCA。

このカードの利便性と、購入・チャージ時の注意点はどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


普及している交通系ICカード。近畿圏ではICOCAとPiTaPaが双璧に

日本全国の鉄道・バスなどの公共交通機関において、従来の切符から磁気定期券、所謂交通系ICカード・乗車カードへの切り替えは目覚ましい発展を見せています。

今や多くの交通機関でこうした乗車カードが使えるようになってきました。

利用者としてはわざわざ運賃を計算したり、小銭を用意して切符売り場に並ぶ必要がなくなったことや、自動改札にワンタッチするだけで入場・乗車できるようになったことで、公共交通機関が一層使いやすくなりました。

また交通機関のみならず、サービスに加入している一般店舗では、チャージされたお金を利用して買い物が出来、更にスマホ・携帯電話に対応されていることが多くなり、極端な話、スマホさえ持っていれば1日過ごせるなんてことも珍しくありません。

現在、全国にはこうした乗車カードが数多く存在します。

鉄道・バス会社の数だけカードがある、というと大げさではありますが、それほど普及していることの現れでもあるのでしょう。

その中でも、近畿地方で普及しているのが、ICOCA(イコカ)とPiTaPa(ピタパ)です。

チャージのICOCAとポストペイのPiTaPa、それぞれのメリット・デメリットは?

JR西日本で発行されているこのICOCAとKANSAI協議会の発行するPiTaPa、それぞれのメリット・デメリットはどんなものでしょうか?

ICOCA:運賃がチャージ(前払い)

メリット

・自動販売機ですぐに発行ができる
・プリペイドカード式であるため、事前審査を必要としない(※クレジットカード機能つきのものもある)
・チャージした電子マネーを全国で利用できる

デメリット

・使用によるポイント付与や割引がないものがほとんど
・PiTaPaショッピングサービス加盟店では電子マネーを利用できない

PiTaPa:運賃がポストペイ(後払い)

メリット

・1ヶ月間のりように応じ、運賃が割引されるサービスがある(但しPiTaPaエリアの対象機関のみ)
・各カード会社ごとに特典がついていて、ポイントを乗車費に変換できるものがある
・近畿地方のコンビニなど、PiTaPaショッピングサービス加盟店で電子マネーとして利用できる

デメリット

・クレジットカードが付帯されているため、発行に審査があり時間がかかる
・相互利用エリア以外で電子マネーが使えない

ICOCAとPiTaPa、それぞれ長所・短所はありますが、自分の交通機関の利用形態に合わせて発行するといいでしょう。

近鉄から発行された”KIPS ICOCA”って?

ただ、ICOCAの中にもポイントが加算される種類のものもあります。

中でもクレジット機能なしで(一部ではありますが)鉄道利用でポイントが加算されるのが、”KIPS ICOCA”(キップスイコカ)です。

2012年12月から、JR西日本と近畿日本鉄道が提携し、KIPS ICOCAの発行が開始されました。

これは、クレジットカード会社と近鉄グループKIPS参加企業が発行する”KIPSポイントカード”という”クレジット機能のない現金専用のカード”と、従来のICOCAの機能が一体となったカードです。

このKIPSポイントですが、近鉄グループKIPSポイント加盟店での利用で、利用額に応じ付与されるポイントです。

例えば、近鉄百貨店で買い物をした時、現金払いかつKIPS ICOCAを提示することで、KIPSポイントが溜まります。

またKIPS ICOCAにチャージされた電子マネーを使って”近鉄電車”に乗車すると、運賃分200円につき1ポイントのKIPSポイントが付与されます。

溜まったKIPSポイントは、KIPS加盟店での支払いなどに利用できるので、これに加盟している店舗や通勤・通学で近鉄線を使う場合には、オトクな仕組みとなっています。

”KIPS ICOCA”の購入やチャージ、近鉄以外でも行えるの?

このKIPS ICOCAの購入やチャージは、何処で行えばいいのでしょうか?

基本的に、近鉄主要駅の定期券販売窓口であれば、各種ICOCAに加え、KIPS ICOCA、KIPS ICOCA定期券が購入できます(ただしJR西日本の駅ではKIPS ICOCAの購入はできません)。

チャージに関しては、通常のICOCAと同じく、ICOCAエリアの駅の券売機や窓口、チャージ可能な店舗などで行えます。

また交通系ICカード全国相互利用マークのある地域でも、同様にチャージや乗車利用・電子マネーの利用が可能です。

ただし、全国相互利用エリア外である場合。

チャージだけでなく乗り継ぎが不可能な場合もありますから、旅行先でもICOCAを使いたい場合は、あらかじめ十分なチャージをしておくか、窓口やサービスセンターに問い合わせをするようにしましょう。

どのKIPS ICOCAでも、通常のICOCAと同じく購入時にはデポジット(発行手数料)の500円を含んだ2000円がかかります。

定期券を搭載する場合にも、定期券分とは別にこの金額がかかります。

またKIPS ICOCAが購入できるのは、12歳以上の中学生からとなり、公的証明書の提示が必要となる点は注意しましょう。

更に使いやすさが増したICOCA

発行に審査が必要なPiTaPaに比べ、すぐに交通系ICカードが必要な人、クレジットカードの持てない学生や、クレジットカードを持ち歩きたくない人にとって、ICOCAは発行・購入の手軽さが長所だと言えるでしょう。

また出張や旅行などで他の地区での利便性は、ICOCAに軍配が上がると言っていいでしょう。

2015年10月から、今までは1000円、2000円、3000円、5000円、10000円の5種類だったチャージ金額に加え、500円のチャージ金額が選べるようになりました。

同時に今までは不便だった乗り越しに対しても、のりこし精算機における不足金額のみのチャージも行えるようになるなど、ICOCA使いやすさはどんどん向上していると言えます。

今後、交通系ICカードの全国相互利用のエリアは増えていくことは間違いありませんし、その便利さからどんどん多くのサービスが利用できるようになるでしょう。

今回は、特にICOCA、KIPS ICOCAに焦点を当てて見てきましたが、その時々、自分のライフスタイルやサービスに合わせ、一番合ったもの選べるよう、アンテナは常に張っておきたいですね。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ