最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

PiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができます

      2016/06/07

PiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができます

PiTaPaは、非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードです。

乗車カードとしては、近畿・東海・北陸地方の鉄道やバス事業者が導入しています。

多くの人は知らないと思いますが、実はPiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができるのです。

今回は、そんなPiTaPaの使い方を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


PiTaPaでチャージが必要となる理由

PiTaPaは非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードです。

そのため料金等はあとから請求されることになります。

一方、他の交通機関が使っているカードの多くはプリペイドカードです。

これは、事前にチャージという形で前払いをします。

PiTaPaは、JR西日本のICOCAと相互利用をはじめました。

先に説明したように、PiTaPaは後払い式のクレジットカード、一方、ICOCAは前払い式のプリペイドカード。

この両者の違いが入金が必要となる理由です。

少し難しくなるかもしれませんが、詳しく説明しましょう。

前払い式のプリペイドカードであるICOCAにはクレジット機能はありません。

そのため、PiTaPaをICOCAエリアで使う場合は後払いの対象外となってしまうのです。

そのため、クレジットカードであるPiTaPaでも、前払い式のICOCAに合わせるために、事前に現金によるチャージが必要となってくるのです。

PiTaPaの利用者にとっては不便です。

改善を求めたいところですね。

PiTaPaのオートチャージ機能

JR西日本のICOCAとの相互利用を開始するにあたって、オートチャージ機能が追加されました。

なお、この機能を使うには登録が必要です。

具体的な仕組みは次の通りです。

PiTaPaエリアの自動改札機を通過したときに残高が1,000円以下になっていれば、自動的に2,000円がチャージされます。

このチャージした料金は後払いになっています。

なお、子どもの場合はそれぞれ半額の500円、1,000円になります。

ICOCAエリアでPiTaPaを使う場合はICOCAと同じようにチャージすることができます。

このように多少の不便はありますが交通機関を利用する場合、PiTaPaとICOCAは相互利用が可能になっています。

しかしそれ以外の買い物での相互利用は不可能です。

おそらく、今後も改善されることはないでしょう。

それについては最後に詳しく説明します。

関東ではSuicaとPASMOは完全に相互利用されています。

消費者にとっては、同じカードでデザインが異なるだけです。

利便性は向上しました。

チャージで利用できるJRの路線

先に説明したように、クレジットカードであるPiTaPaでも事前にチャージしておけば他のJR各社の路線で使うことができます。

PiTaPaを既に持っている関西エリア在住のビジネスマンで、全国を飛び回っているような人にとっては朗報といえるでしょう。

また、このことを知っている人も少ないでしょう。

エリア別では以下のようになります。

JR西日本

これは、ICOCAエリアです。

JR北海道

これは、Kitacaエリアです。

JR東日本

これは、Suicaエリアです。

JR東海

これは、TOICAエリアです。

JR九州

これは、SUGOCAエリアです。

JR西日本以外のJR各社は、2013年3月23日から相互利用を開始しています。

ここで注意しておかなければいけないことがあります。

それは、利用は交通利用に限られているということです。

電子マネーとして買い物をすることはできません。

したがって、これらの駅の売店でPiTaPaを使って買い物をすることはできません。

これは不便です。

小銭を持ち歩かなくても駅の売店で新聞や缶コーヒーを手軽に買えることができるのが電子マネーの大きな魅力なのに、残念です。

PiTaPaの定期が利用できるJRの路線

PiTaPaの機能をもったIC連絡定期券を発行することで、JRの路線の定期券として使うことができます。

エリア別では以下のようになります。

JR西日本〜南海

JR西日本ではICOCA定期券として、南海ではPiTaPa定期券として発売します。

JR西日本〜阪神

JR西日本ではICOCA定期券として、阪神ではPiTaPa定期券として発売します。

JR西日本〜神戸新交通

JR西日本ではICOCA定期券として、神戸新交通ではPiTaPa定期券として発売します。

阪神〜JR西日本〜京阪

阪神ではPiTaPa定期券として、京阪ではICOCA定期券として発売します。

この場合、JR西日本では取り扱いません。

南海〜JR西日本〜京阪

南海ではPiTaPa定期券として、京阪ではICOCA定期券として発売します。

この場合、JR西日本では取り扱いません。

このように、PiTaPaといち早く相互利用をはじめたJR西日本の通勤・通学者にとっては利便性が増しています。

他の関西エリアの鉄道やバス事業者が参入すれば、もっと利便性が増してくることになるでしょう。

交通系ICカードとPiTaPaのチャージが相互利用できない理由

一番大きな理由は、他の交通系ICカードは前払い式のプリペイドカード、一方のPiTaPaはあとから銀行口座から引き落とされる小額決済カードという違いにあります。

そのため、両者は適用される法律が違ってきます。

相互利用するとなると、あらたに事務作業が発生します。

また、システムや端末の改修費が膨大になるという問題もあります。

このように相互理由が進まないのは、企画段階での「ボタンの掛け違い」という面が大きいようです。

まとめ

これまで見てきたように、非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードであるPiTaPaは他の交通系ICカードとは仕組みが違います。

そのため、買い物で相互利用ができないというデメリットがありました。

しかし、交通で利用するのならそうではありません。

事前にチャージするという手間はかかりますが、JR各社で相互利用が可能になっています。

つまり、PiTaPaをすでに持っている人は他のJR各社のプリペイドカードは購入しなくて済むということです。

無駄な出費をしないようにしたいものですね。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ