最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

PiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができます

      2016/06/07

PiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができます

PiTaPaは、非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードです。

乗車カードとしては、近畿・東海・北陸地方の鉄道やバス事業者が導入しています。

多くの人は知らないと思いますが、実はPiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができるのです。

今回は、そんなPiTaPaの使い方を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


PiTaPaでチャージが必要となる理由

PiTaPaは非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードです。

そのため料金等はあとから請求されることになります。

一方、他の交通機関が使っているカードの多くはプリペイドカードです。

これは、事前にチャージという形で前払いをします。

PiTaPaは、JR西日本のICOCAと相互利用をはじめました。

先に説明したように、PiTaPaは後払い式のクレジットカード、一方、ICOCAは前払い式のプリペイドカード。

この両者の違いが入金が必要となる理由です。

少し難しくなるかもしれませんが、詳しく説明しましょう。

前払い式のプリペイドカードであるICOCAにはクレジット機能はありません。

そのため、PiTaPaをICOCAエリアで使う場合は後払いの対象外となってしまうのです。

そのため、クレジットカードであるPiTaPaでも、前払い式のICOCAに合わせるために、事前に現金によるチャージが必要となってくるのです。

PiTaPaの利用者にとっては不便です。

改善を求めたいところですね。

PiTaPaのオートチャージ機能

JR西日本のICOCAとの相互利用を開始するにあたって、オートチャージ機能が追加されました。

なお、この機能を使うには登録が必要です。

具体的な仕組みは次の通りです。

PiTaPaエリアの自動改札機を通過したときに残高が1,000円以下になっていれば、自動的に2,000円がチャージされます。

このチャージした料金は後払いになっています。

なお、子どもの場合はそれぞれ半額の500円、1,000円になります。

ICOCAエリアでPiTaPaを使う場合はICOCAと同じようにチャージすることができます。

このように多少の不便はありますが交通機関を利用する場合、PiTaPaとICOCAは相互利用が可能になっています。

しかしそれ以外の買い物での相互利用は不可能です。

おそらく、今後も改善されることはないでしょう。

それについては最後に詳しく説明します。

関東ではSuicaとPASMOは完全に相互利用されています。

消費者にとっては、同じカードでデザインが異なるだけです。

利便性は向上しました。

チャージで利用できるJRの路線

先に説明したように、クレジットカードであるPiTaPaでも事前にチャージしておけば他のJR各社の路線で使うことができます。

PiTaPaを既に持っている関西エリア在住のビジネスマンで、全国を飛び回っているような人にとっては朗報といえるでしょう。

また、このことを知っている人も少ないでしょう。

エリア別では以下のようになります。

JR西日本

これは、ICOCAエリアです。

JR北海道

これは、Kitacaエリアです。

JR東日本

これは、Suicaエリアです。

JR東海

これは、TOICAエリアです。

JR九州

これは、SUGOCAエリアです。

JR西日本以外のJR各社は、2013年3月23日から相互利用を開始しています。

ここで注意しておかなければいけないことがあります。

それは、利用は交通利用に限られているということです。

電子マネーとして買い物をすることはできません。

したがって、これらの駅の売店でPiTaPaを使って買い物をすることはできません。

これは不便です。

小銭を持ち歩かなくても駅の売店で新聞や缶コーヒーを手軽に買えることができるのが電子マネーの大きな魅力なのに、残念です。

PiTaPaの定期が利用できるJRの路線

PiTaPaの機能をもったIC連絡定期券を発行することで、JRの路線の定期券として使うことができます。

エリア別では以下のようになります。

JR西日本〜南海

JR西日本ではICOCA定期券として、南海ではPiTaPa定期券として発売します。

JR西日本〜阪神

JR西日本ではICOCA定期券として、阪神ではPiTaPa定期券として発売します。

JR西日本〜神戸新交通

JR西日本ではICOCA定期券として、神戸新交通ではPiTaPa定期券として発売します。

阪神〜JR西日本〜京阪

阪神ではPiTaPa定期券として、京阪ではICOCA定期券として発売します。

この場合、JR西日本では取り扱いません。

南海〜JR西日本〜京阪

南海ではPiTaPa定期券として、京阪ではICOCA定期券として発売します。

この場合、JR西日本では取り扱いません。

このように、PiTaPaといち早く相互利用をはじめたJR西日本の通勤・通学者にとっては利便性が増しています。

他の関西エリアの鉄道やバス事業者が参入すれば、もっと利便性が増してくることになるでしょう。

交通系ICカードとPiTaPaのチャージが相互利用できない理由

一番大きな理由は、他の交通系ICカードは前払い式のプリペイドカード、一方のPiTaPaはあとから銀行口座から引き落とされる小額決済カードという違いにあります。

そのため、両者は適用される法律が違ってきます。

相互利用するとなると、あらたに事務作業が発生します。

また、システムや端末の改修費が膨大になるという問題もあります。

このように相互理由が進まないのは、企画段階での「ボタンの掛け違い」という面が大きいようです。

まとめ

これまで見てきたように、非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードであるPiTaPaは他の交通系ICカードとは仕組みが違います。

そのため、買い物で相互利用ができないというデメリットがありました。

しかし、交通で利用するのならそうではありません。

事前にチャージするという手間はかかりますが、JR各社で相互利用が可能になっています。

つまり、PiTaPaをすでに持っている人は他のJR各社のプリペイドカードは購入しなくて済むということです。

無駄な出費をしないようにしたいものですね。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ