最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

PiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができます

      2016/06/07

PiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができます

PiTaPaは、非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードです。

乗車カードとしては、近畿・東海・北陸地方の鉄道やバス事業者が導入しています。

多くの人は知らないと思いますが、実はPiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができるのです。

今回は、そんなPiTaPaの使い方を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


PiTaPaでチャージが必要となる理由

PiTaPaは非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードです。

そのため料金等はあとから請求されることになります。

一方、他の交通機関が使っているカードの多くはプリペイドカードです。

これは、事前にチャージという形で前払いをします。

PiTaPaは、JR西日本のICOCAと相互利用をはじめました。

先に説明したように、PiTaPaは後払い式のクレジットカード、一方、ICOCAは前払い式のプリペイドカード。

この両者の違いが入金が必要となる理由です。

少し難しくなるかもしれませんが、詳しく説明しましょう。

前払い式のプリペイドカードであるICOCAにはクレジット機能はありません。

そのため、PiTaPaをICOCAエリアで使う場合は後払いの対象外となってしまうのです。

そのため、クレジットカードであるPiTaPaでも、前払い式のICOCAに合わせるために、事前に現金によるチャージが必要となってくるのです。

PiTaPaの利用者にとっては不便です。

改善を求めたいところですね。

PiTaPaのオートチャージ機能

JR西日本のICOCAとの相互利用を開始するにあたって、オートチャージ機能が追加されました。

なお、この機能を使うには登録が必要です。

具体的な仕組みは次の通りです。

PiTaPaエリアの自動改札機を通過したときに残高が1,000円以下になっていれば、自動的に2,000円がチャージされます。

このチャージした料金は後払いになっています。

なお、子どもの場合はそれぞれ半額の500円、1,000円になります。

ICOCAエリアでPiTaPaを使う場合はICOCAと同じようにチャージすることができます。

このように多少の不便はありますが交通機関を利用する場合、PiTaPaとICOCAは相互利用が可能になっています。

しかしそれ以外の買い物での相互利用は不可能です。

おそらく、今後も改善されることはないでしょう。

それについては最後に詳しく説明します。

関東ではSuicaとPASMOは完全に相互利用されています。

消費者にとっては、同じカードでデザインが異なるだけです。

利便性は向上しました。

チャージで利用できるJRの路線

先に説明したように、クレジットカードであるPiTaPaでも事前にチャージしておけば他のJR各社の路線で使うことができます。

PiTaPaを既に持っている関西エリア在住のビジネスマンで、全国を飛び回っているような人にとっては朗報といえるでしょう。

また、このことを知っている人も少ないでしょう。

エリア別では以下のようになります。

JR西日本

これは、ICOCAエリアです。

JR北海道

これは、Kitacaエリアです。

JR東日本

これは、Suicaエリアです。

JR東海

これは、TOICAエリアです。

JR九州

これは、SUGOCAエリアです。

JR西日本以外のJR各社は、2013年3月23日から相互利用を開始しています。

ここで注意しておかなければいけないことがあります。

それは、利用は交通利用に限られているということです。

電子マネーとして買い物をすることはできません。

したがって、これらの駅の売店でPiTaPaを使って買い物をすることはできません。

これは不便です。

小銭を持ち歩かなくても駅の売店で新聞や缶コーヒーを手軽に買えることができるのが電子マネーの大きな魅力なのに、残念です。

PiTaPaの定期が利用できるJRの路線

PiTaPaの機能をもったIC連絡定期券を発行することで、JRの路線の定期券として使うことができます。

エリア別では以下のようになります。

JR西日本〜南海

JR西日本ではICOCA定期券として、南海ではPiTaPa定期券として発売します。

JR西日本〜阪神

JR西日本ではICOCA定期券として、阪神ではPiTaPa定期券として発売します。

JR西日本〜神戸新交通

JR西日本ではICOCA定期券として、神戸新交通ではPiTaPa定期券として発売します。

阪神〜JR西日本〜京阪

阪神ではPiTaPa定期券として、京阪ではICOCA定期券として発売します。

この場合、JR西日本では取り扱いません。

南海〜JR西日本〜京阪

南海ではPiTaPa定期券として、京阪ではICOCA定期券として発売します。

この場合、JR西日本では取り扱いません。

このように、PiTaPaといち早く相互利用をはじめたJR西日本の通勤・通学者にとっては利便性が増しています。

他の関西エリアの鉄道やバス事業者が参入すれば、もっと利便性が増してくることになるでしょう。

交通系ICカードとPiTaPaのチャージが相互利用できない理由

一番大きな理由は、他の交通系ICカードは前払い式のプリペイドカード、一方のPiTaPaはあとから銀行口座から引き落とされる小額決済カードという違いにあります。

そのため、両者は適用される法律が違ってきます。

相互利用するとなると、あらたに事務作業が発生します。

また、システムや端末の改修費が膨大になるという問題もあります。

このように相互理由が進まないのは、企画段階での「ボタンの掛け違い」という面が大きいようです。

まとめ

これまで見てきたように、非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードであるPiTaPaは他の交通系ICカードとは仕組みが違います。

そのため、買い物で相互利用ができないというデメリットがありました。

しかし、交通で利用するのならそうではありません。

事前にチャージするという手間はかかりますが、JR各社で相互利用が可能になっています。

つまり、PiTaPaをすでに持っている人は他のJR各社のプリペイドカードは購入しなくて済むということです。

無駄な出費をしないようにしたいものですね。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ