最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

PiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができます

      2016/06/07

PiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができます

PiTaPaは、非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードです。

乗車カードとしては、近畿・東海・北陸地方の鉄道やバス事業者が導入しています。

多くの人は知らないと思いますが、実はPiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができるのです。

今回は、そんなPiTaPaの使い方を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


PiTaPaでチャージが必要となる理由

PiTaPaは非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードです。

そのため料金等はあとから請求されることになります。

一方、他の交通機関が使っているカードの多くはプリペイドカードです。

これは、事前にチャージという形で前払いをします。

PiTaPaは、JR西日本のICOCAと相互利用をはじめました。

先に説明したように、PiTaPaは後払い式のクレジットカード、一方、ICOCAは前払い式のプリペイドカード。

この両者の違いが入金が必要となる理由です。

少し難しくなるかもしれませんが、詳しく説明しましょう。

前払い式のプリペイドカードであるICOCAにはクレジット機能はありません。

そのため、PiTaPaをICOCAエリアで使う場合は後払いの対象外となってしまうのです。

そのため、クレジットカードであるPiTaPaでも、前払い式のICOCAに合わせるために、事前に現金によるチャージが必要となってくるのです。

PiTaPaの利用者にとっては不便です。

改善を求めたいところですね。

PiTaPaのオートチャージ機能

JR西日本のICOCAとの相互利用を開始するにあたって、オートチャージ機能が追加されました。

なお、この機能を使うには登録が必要です。

具体的な仕組みは次の通りです。

PiTaPaエリアの自動改札機を通過したときに残高が1,000円以下になっていれば、自動的に2,000円がチャージされます。

このチャージした料金は後払いになっています。

なお、子どもの場合はそれぞれ半額の500円、1,000円になります。

ICOCAエリアでPiTaPaを使う場合はICOCAと同じようにチャージすることができます。

このように多少の不便はありますが交通機関を利用する場合、PiTaPaとICOCAは相互利用が可能になっています。

しかしそれ以外の買い物での相互利用は不可能です。

おそらく、今後も改善されることはないでしょう。

それについては最後に詳しく説明します。

関東ではSuicaとPASMOは完全に相互利用されています。

消費者にとっては、同じカードでデザインが異なるだけです。

利便性は向上しました。

チャージで利用できるJRの路線

先に説明したように、クレジットカードであるPiTaPaでも事前にチャージしておけば他のJR各社の路線で使うことができます。

PiTaPaを既に持っている関西エリア在住のビジネスマンで、全国を飛び回っているような人にとっては朗報といえるでしょう。

また、このことを知っている人も少ないでしょう。

エリア別では以下のようになります。

JR西日本

これは、ICOCAエリアです。

JR北海道

これは、Kitacaエリアです。

JR東日本

これは、Suicaエリアです。

JR東海

これは、TOICAエリアです。

JR九州

これは、SUGOCAエリアです。

JR西日本以外のJR各社は、2013年3月23日から相互利用を開始しています。

ここで注意しておかなければいけないことがあります。

それは、利用は交通利用に限られているということです。

電子マネーとして買い物をすることはできません。

したがって、これらの駅の売店でPiTaPaを使って買い物をすることはできません。

これは不便です。

小銭を持ち歩かなくても駅の売店で新聞や缶コーヒーを手軽に買えることができるのが電子マネーの大きな魅力なのに、残念です。

PiTaPaの定期が利用できるJRの路線

PiTaPaの機能をもったIC連絡定期券を発行することで、JRの路線の定期券として使うことができます。

エリア別では以下のようになります。

JR西日本〜南海

JR西日本ではICOCA定期券として、南海ではPiTaPa定期券として発売します。

JR西日本〜阪神

JR西日本ではICOCA定期券として、阪神ではPiTaPa定期券として発売します。

JR西日本〜神戸新交通

JR西日本ではICOCA定期券として、神戸新交通ではPiTaPa定期券として発売します。

阪神〜JR西日本〜京阪

阪神ではPiTaPa定期券として、京阪ではICOCA定期券として発売します。

この場合、JR西日本では取り扱いません。

南海〜JR西日本〜京阪

南海ではPiTaPa定期券として、京阪ではICOCA定期券として発売します。

この場合、JR西日本では取り扱いません。

このように、PiTaPaといち早く相互利用をはじめたJR西日本の通勤・通学者にとっては利便性が増しています。

他の関西エリアの鉄道やバス事業者が参入すれば、もっと利便性が増してくることになるでしょう。

交通系ICカードとPiTaPaのチャージが相互利用できない理由

一番大きな理由は、他の交通系ICカードは前払い式のプリペイドカード、一方のPiTaPaはあとから銀行口座から引き落とされる小額決済カードという違いにあります。

そのため、両者は適用される法律が違ってきます。

相互利用するとなると、あらたに事務作業が発生します。

また、システムや端末の改修費が膨大になるという問題もあります。

このように相互理由が進まないのは、企画段階での「ボタンの掛け違い」という面が大きいようです。

まとめ

これまで見てきたように、非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードであるPiTaPaは他の交通系ICカードとは仕組みが違います。

そのため、買い物で相互利用ができないというデメリットがありました。

しかし、交通で利用するのならそうではありません。

事前にチャージするという手間はかかりますが、JR各社で相互利用が可能になっています。

つまり、PiTaPaをすでに持っている人は他のJR各社のプリペイドカードは購入しなくて済むということです。

無駄な出費をしないようにしたいものですね。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ