話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

PiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができます

2015.10.28

PiTaPaは、非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードです。

乗車カードとしては、近畿・東海・北陸地方の鉄道やバス事業者が導入しています。

多くの人は知らないと思いますが、実はPiTaPaでも事前にチャージすればJR各社で使うことができるのです。

今回は、そんなPiTaPaの使い方を紹介しましょう。

PiTaPaでチャージが必要となる理由

PiTaPaは非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードです。

そのため料金等はあとから請求されることになります。

一方、他の交通機関が使っているカードの多くはプリペイドカードです。

これは、事前にチャージという形で前払いをします。

PiTaPaは、JR西日本のICOCAと相互利用をはじめました。

先に説明したように、PiTaPaは後払い式のクレジットカード、一方、ICOCAは前払い式のプリペイドカード。

この両者の違いが入金が必要となる理由です。

少し難しくなるかもしれませんが、詳しく説明しましょう。

前払い式のプリペイドカードであるICOCAにはクレジット機能はありません。

そのため、PiTaPaをICOCAエリアで使う場合は後払いの対象外となってしまうのです。

そのため、クレジットカードであるPiTaPaでも、前払い式のICOCAに合わせるために、事前に現金によるチャージが必要となってくるのです。

PiTaPaの利用者にとっては不便です。

改善を求めたいところですね。

PiTaPaのオートチャージ機能

JR西日本のICOCAとの相互利用を開始するにあたって、オートチャージ機能が追加されました。

なお、この機能を使うには登録が必要です。

具体的な仕組みは次の通りです。

PiTaPaエリアの自動改札機を通過したときに残高が1,000円以下になっていれば、自動的に2,000円がチャージされます。

このチャージした料金は後払いになっています。

なお、子どもの場合はそれぞれ半額の500円、1,000円になります。

ICOCAエリアでPiTaPaを使う場合はICOCAと同じようにチャージすることができます。

このように多少の不便はありますが交通機関を利用する場合、PiTaPaとICOCAは相互利用が可能になっています。

しかしそれ以外の買い物での相互利用は不可能です。

おそらく、今後も改善されることはないでしょう。

それについては最後に詳しく説明します。

関東ではSuicaとPASMOは完全に相互利用されています。

消費者にとっては、同じカードでデザインが異なるだけです。

利便性は向上しました。

チャージで利用できるJRの路線

先に説明したように、クレジットカードであるPiTaPaでも事前にチャージしておけば他のJR各社の路線で使うことができます。

PiTaPaを既に持っている関西エリア在住のビジネスマンで、全国を飛び回っているような人にとっては朗報といえるでしょう。

また、このことを知っている人も少ないでしょう。

エリア別では以下のようになります。

JR西日本

これは、ICOCAエリアです。

JR北海道

これは、Kitacaエリアです。

JR東日本

これは、Suicaエリアです。

JR東海

これは、TOICAエリアです。

JR九州

これは、SUGOCAエリアです。

JR西日本以外のJR各社は、2013年3月23日から相互利用を開始しています。

ここで注意しておかなければいけないことがあります。

それは、利用は交通利用に限られているということです。

電子マネーとして買い物をすることはできません。

したがって、これらの駅の売店でPiTaPaを使って買い物をすることはできません。

これは不便です。

小銭を持ち歩かなくても駅の売店で新聞や缶コーヒーを手軽に買えることができるのが電子マネーの大きな魅力なのに、残念です。

PiTaPaの定期が利用できるJRの路線

PiTaPaの機能をもったIC連絡定期券を発行することで、JRの路線の定期券として使うことができます。

エリア別では以下のようになります。

JR西日本〜南海

JR西日本ではICOCA定期券として、南海ではPiTaPa定期券として発売します。

JR西日本〜阪神

JR西日本ではICOCA定期券として、阪神ではPiTaPa定期券として発売します。

JR西日本〜神戸新交通

JR西日本ではICOCA定期券として、神戸新交通ではPiTaPa定期券として発売します。

阪神〜JR西日本〜京阪

阪神ではPiTaPa定期券として、京阪ではICOCA定期券として発売します。

この場合、JR西日本では取り扱いません。

南海〜JR西日本〜京阪

南海ではPiTaPa定期券として、京阪ではICOCA定期券として発売します。

この場合、JR西日本では取り扱いません。

このように、PiTaPaといち早く相互利用をはじめたJR西日本の通勤・通学者にとっては利便性が増しています。

他の関西エリアの鉄道やバス事業者が参入すれば、もっと利便性が増してくることになるでしょう。

交通系ICカードとPiTaPaのチャージが相互利用できない理由

一番大きな理由は、他の交通系ICカードは前払い式のプリペイドカード、一方のPiTaPaはあとから銀行口座から引き落とされる小額決済カードという違いにあります。

そのため、両者は適用される法律が違ってきます。

相互利用するとなると、あらたに事務作業が発生します。

また、システムや端末の改修費が膨大になるという問題もあります。

このように相互理由が進まないのは、企画段階での「ボタンの掛け違い」という面が大きいようです。

まとめ

これまで見てきたように、非接触型ICカード技術を使ったクレジットカードであるPiTaPaは他の交通系ICカードとは仕組みが違います。

そのため、買い物で相互利用ができないというデメリットがありました。

しかし、交通で利用するのならそうではありません。

事前にチャージするという手間はかかりますが、JR各社で相互利用が可能になっています。

つまり、PiTaPaをすでに持っている人は他のJR各社のプリペイドカードは購入しなくて済むということです。

無駄な出費をしないようにしたいものですね。

Twitterでの関連したつぶやき

 - 生活・ライフハック