最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

   

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と家賃がどれだけ支給されるかが不安に思います。

実際に生活保護が支給されても家賃代で消えてしまえっては、生活することが難しいので、どのくらい補助を受けられるかが生活するのに重要です。

そこで生活保護を受けた時の家賃の仕組みと、家賃がオーバーした時の対応について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク



生活保護で家賃がオーバーすれば当然自腹となる

生活保護を受けることになった時に、総支給額の中から生活に必要なお金と、家賃に対するお金の割合は決まっています。

家賃に関しては住宅扶助という項目で、月々の生活費とは別に家賃代が支給されます。

そのため生活に必要な衣食住のうち、食と住は確実に支給してもらえるので、生活に困ることはありません。

しかしだからといって家賃はいくらでも出してもらえる訳ではなく、一定の金額までと決まっています。

東京であれば約53000円までと決まっているので、その範囲内で部屋を探すことになります。

もし家賃がオーバーしてしまえば残りの生活費からの自腹となるので、自分の生活を考えれば安い部屋を借りる方がいいでしょう。

生活保護を受ける身になってもいい部屋に住みたい気持ちは分かりますが、頑張って生活している人の見になれば十分すぎる家賃補助でもあります。

生活保護で家賃はオーバーしなくても共栄費や火災保険は自腹

生活保護で家賃がオーバーしないように安い部屋に住むのはいいですが、支給されるのは家賃だけなので注意しなければなりません。

部屋を借りる時には共益費が掛かることも多いですが、これは住宅扶助からは支給されません。

自分で支払わなければいけない項目なので、できるだけ共益費が掛からない部屋を探した方が生活も楽になります。

また生活扶助は水道光熱費を自分で支払うことになるので、部屋探す時にも注意が必要となります。

電気代やガス代は毎月掛かるものですが、特にガス代に関しては都市ガスとプロパンガスでは値段が大きく変わってきます。

水道光熱費をできるだけ抑えるなら都市ガスの方がおすすめで、せっかく共益費を抑えてもプロパンガスだと、ガス代の方が高くついてしまうこともあります。

節約して生活することは当たり前ですが、自分で支払う分があるのでしっかりと考えておく必要があります。

生活保護で家賃オーバーの部屋には住めるが指導が入る可能性あり

生活保護を受けていながらどうしてもいい部屋に住みたいと思えば、基本的には住むことはできます。

家賃オーバーした分は自分の生活扶助から支払えば問題ないので、自分がどこに住んでも原則的にはいいとされています。

そのため住宅扶助が5万円だとすれば、5万円を生活扶助から出して、10万円の家賃の部屋に住むことも可能です。

自分がもらえる生活保護費をどう使ってもいいですが、実際にこの状態であれば生活保護費を減らされる可能性が高いです。

一般的な社会通念と照らし合わせても、生活保護を受けている人が自分よりも家賃が高い部屋に住んでいれば、納得することはできないでしょう。

また家賃が5万円の部屋に住まわせて、生活扶助も5万円減らしても生活できると分れば、生活保護費を下げることもできます。

生活保護を受けている身ということを自覚すれば、常識的に考えてダメなことは分かるはずです。

転居は認められにくいので最初にしっかりと物件を選ぼう

生活保護を受けることになってから部屋を探す時には、今後は転居が認められにくいので初めにしっかりと物件を選ぶようにしましょう。

引っ越しをすれば当然転居費が掛かりますが、転居費も生活保護から出ますが何度も出してもらえる訳ではありません。

自治体によっては相当な理由がなければ転居を認めないケースもあるので、初めにしっかりと選んでおいた方がいいでしょう。

家賃をオーバーしないように気をつければ、家賃代も掛からないので生活するには十分過ぎます。

普通に節約生活をしている人よりも楽な生活ができることもありますが、あくまでも生活保護は一時的な措置でもあります。

前向きに自立をしなければなりませんし、働けない体であればこのまま生活保護を受けて暮らすので、少しでも節約をしなければなりません。

引っ越しをしたくなった時に自腹で支払うことになれば生活が苦しくなるので、住めば都となるこをを期待して初めにしっかりと選びましょう。

地域の住宅事情に合わせて家賃分だけが支給される

生活保護を受けている時に家賃がオーバーすれば自腹となってしまいますが、どうしても家賃が高い部屋でなければいけない場合もあります。

単身での生活保護であれば安いアパートでもいいですが、家族がいる場合にはそれなりの部屋が必要となります。

また病気や障害があるため、病院に通うのに近い場所の方がいいので、家賃が高くても通いやすい場所の方がいいという場合もあります。

住宅扶助は基本的には地域ごとによって金額が変わりますが、これはそれぞれの物価に合わせて金額が変わっています。

そしてそれぞれによって事情が異なるので、相当な理由があれば特別基準額として増額した住宅扶助を受けることができます。

東京であれば約7万円となるので、2万円弱の金額を上乗せして支払ってくれることになります。

家賃分だけを支払ってくれる制度なので、担当者に事情をしっかり説明すれば、少し楽な生活をすることができるかもしれません。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ