話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

手取り15万の一人暮らしで車を持つことのリスクを解説

2017.10.26

手取り15万円の一人暮らしは贅沢な生活ができるとはいえませんが、車を持つことはかなりのリスクが伴うといってもいいでしょう。

車が欲しいと思う憧れは分かりますが、車を維持するには毎月お金が掛かるので、余裕がなければ車は持たないべきです。

そこで手取り15万の一人暮らしで車を持つことのリスクについて紹介します。


手取り15万の一人暮らしでは車を持つことはリスクしかない

手取り15万の一人暮らしで車を持つことは、大きなリスクを抱えることになります。

生活としては固定費として家賃や水道光熱費などが掛かりますが、さらにそこから食費や通信費などのお金も掛かります。

一般的に手取り15万の一人暮らしでは、毎月10万円から13万円は確実に消費されてしまうでしょう。

そして残ったお金を貯金するかお小遣いとして使いますが、それほど多くは残りません。

そんな状況で車を持つことは貯金ができない状況に陥ってしまいます。

車を維持するための駐車場代やガソリン代の他にも、年間で保険料や車両費などが掛かるので、車を維持するだけでもお金が必要です。

ドライブするのが趣味といっても、ガソリン代が掛かってしまいますし、少しすればメンテナンスもしなければなりません。

車を維持するにはお金が必要不可欠なので、余裕がない状況ではリスクしなないといえます。

一人暮らしでも車がなければ手取り15万でも生活はできる

手取り15万の一人暮らしの生活は、一見厳しいようですが車さえなければ生活するには十分です。

固定費である家賃を抑えることができれば、後は節約意識をもって生活することで、10万円以内の金額で生活することは可能です。

そのため毎月3万円は貯金することができますが、これは一般的な人の貯金額に比べても引けを取ることはありません。

お金を節約することは大切ですが、やはり収入が少なければ貯金するのも大変になります。

そのため車を維持しようとすれば、よりお金が掛かってしまうので、一気に生活が苦しくなってしまうでしょう。

生活のために車がどうしても必要な地域や環境もありますが、できれば交通機関を利用した方が節約することはできます。

手取り15万の一人暮らしではお金にそれほど余裕はできませんが、車がなければ生活する分には十分です。

手取り15万の一人暮らしで車を持つなら貯金はまったくできない

生活をしていく上で貯金がない状態では、何かあった時に困ってしまいます。

貯金がないと将来も不安になりますが、手取り15万では一人暮らしでもなかなか貯金することは難しいでしょう。

節約して貯金ができる体質になることは好ましいですが、手取り15万で車を持つことはかなり無謀といえます。

車を維持するための駐車場代やガソリン代を毎月節約できれば、それだけ貯金することができると考えましょう。

車は思っているよりもお金が掛かりますし、事故やメンテナンスいはかなりのお金も必要です。

正直手取り15万ではお金に余裕がないといえるので、車を持つことはかなりのリスクとなるので注意しましょう。

車を持つよりもまずはある程度貯金をすることが大切なので、お金に余裕が出てから車を持つなど、計画的に生活のことを考えてから車を持つようにしましょう。

車を持つなら手取りが増えてから考える

車を維持するには意外とお金が掛かるので、お金に余裕が出てから車を購入することをおすすめします。

手取り15万ではそれほど余裕のある暮らしはできませんが、一人暮らしの時でしか貯金をすることもできません。

手取り15万である程度余裕がある暮らしができたとしても、今しか貯金する時がないと思えば、車を持つよりも貯金しておいた方がいいでしょう。

車を持つならある程度お金に余裕がなければ維持できないので、手取りが増えてから余裕ができた時に車を購入することをおすすめします。

車を持つことが憧れであっても、実際に維持するにはかなり大変なことだと気づきます。

自分が思っているよりもお金が掛かってしまうことで生活が苦しくなるのであれば、少し余裕が出てから車を購入した方が生活にも余裕が生まれます。

せっかく車を購入するなら好きな車に乗りたいので、生活に余裕が出てから車を購入することをおすすめします。

手取り15万の現実を考えれば車は必要ない

車を購入することが自分の夢であっても、手取り15万の一人暮らしではかなりのリスクを伴うことになります。

生活費や車の維持費を考えると、毎月ギリギリの生活になるので、生活費を切り詰めてまで車を購入することには意味がありません。

ガソリン代を節約するために乗るのを我慢するような状態では、何のために車を購入したのか分からないでしょう。

手取り15万の一人暮らしでは普通に生活して貯金を少しするのがギリギリなので、現実を考えれば車を持つことは無謀といえます。

堅実な生活をしてある程度余裕のある生活が送れるようになってから、車をを購入することをおすすめするので、手取り15万では車の維持は難しいといえます。

無理をして車を購入してもリスクが高いので、まずは貯金をして手取りを増やしてから、余裕が出たら車を買うことを夢見て頑張りましょう。

 - 生活・ライフハック