最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

運転するのが怖い!初心者におすすめな自信を持って運転する方法

   

運転するのが怖い!初心者におすすめな自信を持って運転する方法

久しぶりに運転したり元々車の運転が苦手な人にとっては、運転するたびに怖いと思ってしまうことはよくあります。

特に初心者だと運転スキルも未熟ですし運転に慣れていないので、怖いと思いながら運転することも多々あります。

初心者が運転を怖いと思ってしまうと余計運転しなくなるので、自信を持って運転するための方法について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク



運転が怖い初心者はまずはルートを確認することから始める

初心者にとって運転が怖いと思う理由のひとつに、いつ何が起きるか分からないからです。

運転していると道の状況は刻一刻と変わっていくので、常に運転に集中して対応していかなければなりません。

しかし道の状況が変われば臨機応変に対応しなければいけませんが、初心者にとってとっさの判断をすることができないので、運転が怖いと思ってしまうのです。

運転に慣れるためにはまずは運転するルートを確認することから始めましょう。

目的地を決めていれば運転ルートは決まってくるので、決まった運転コースを走ることでだんだん運転に自信を持つことができます。

どんなに運転に慣れている人でも、初めて通り道は不安になりますし、いつなのが起きるか分からないのは慣れている人でも同じ気持ちです。

同じルートを走ることで何があるか先に察知できるため、臨機応変に対応しやすくなることから、まずはルートを決めて走ることをおすすめします。

運転が怖いのは初心者ほど助手席側の感覚がないため

運転が怖いと思う人の多くは、車幅感覚に慣れていないことが挙げられます。

初心者にとって車の助手席側の車幅感覚が分からないので、ぶつけてしまわないか不安になるでしょう。

運転している時には車の右側は自分が直接見ることができるので、どれくらいの感覚があるか分かります。

しかし助手席側に関しては車幅感覚が分からないので、不安に思いながら運転することになるでしょう。

車幅感覚が分からないのを練習するには、まずはいつも同じ姿勢で運転することが大切です。

そして自分が好きな場所に自分なりのポイントを決めて、自分がいつも運転する姿勢で見える視点とポイントを重ね合わせます。

どれくらい左側の車幅が空いているか確認することで、運転中でも常に左側がどれくらい感覚が空いているか、直接見なくても自分なりのポイントを作ることで感覚で覚えることができます。

車の助手席側の感覚は運転しながら覚えるしかないので、初心者は怖いと思うかもしれませんが、慣れるまで練習することが大切です。

初心者は運転が怖いと思ったら少しずつ慣れるために休憩をする

初心者にとって運転が怖いと思うと、精神的に疲れてしまいます。

運転すること自体が常に高い集中力が必要なので、怖いと思いながら運転していれば余計に疲労感を感じることになります。

運転することに慣れていない初心者にとって、いきなり長距離を運転するのは非常に精神的に疲れるので、休憩を取りながら運転することをおすすめします。

目的地に着くまでにはいくつかの休憩ポイントを作ることで、精神的に落ち着いてから運転を再開することができます。

人間に集中力は長時間は持たないので、初心者は特に運転に慣れていないため疲れやすくなります。

慣れている道だと精神的にも楽になりますが、慣れていない道ではかなりの神経を使うものです。

そのため運転をする時には少しずつ休憩を取り入れることで、落ち着いてから運転をすることができるのでおすすめです。

運転技術を磨くために駐車を練習する

初心者にとって難関ともいえるのが駐車ですが、運転スキルがないから運転するのが怖いと思ってしまいます。

スキルアップのためにも駐車をスムーズにできるように練習すれば、運転することも怖くないと思えるようになります。

運転技術がアップすることで対応力が身に着くためん、自信を持って運転することができるでしょう。

初心者がスキルアップをするためには駐車をスムーズにできようになることが大切なので、近くの駐車場で練習してみましょう。

特にバックになると途端に運転が苦手になる人も多く、見えにくいからこそしっかりとコツを掴むことが大切です。

運転技術を磨くには練習するしかありませんが、運転技術を磨くには駐車の練習がおすすめです。

駐車がスムーズにできるようになればどこに行っても怖くないので、自信を持ってドライブすることもできるようになるでしょう。

自分が信頼できる人に同乗してもらってアドバイスを受ける

初心者にとって運転する時には誰も助けてくれないという気持ちがあるので、予期せぬことがあるとパニックになってしまうこともあります。

そのため自分一人で運転するのは怖いと思ってしまうので、初心者が運転する時には熟練者に同乗してもらうと良いでしょう。

教習所では常に教官が隣の席に座っているので、アドバイスを受けることができます。

免許を取得した瞬間から自分一人で運転しなければいけませんが、いきなり公道に出て運転するのは怖いと感じるのは当然でしょう。

そのため慣れていない時にはできるだけ熟練者に同乗してもらって、アドバイスを受けることをおすすめします。

万が一の時にもアドバイスをしてもらうことができれば、適切に対応することができるはずです。

一歩間違えれば加害者にも被害者にもなるのが車の運転なので、安全を考えるのであれば、初めは熟練者に同乗してアドバイスを受けることで、少しずつ自信を持つことができるようになります。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ